2018.12.06(木)

ドローンの自動操縦って?事例を知って操縦の負担を減らそう!

ドローンの自動操縦って?事例を知って操縦の負担を減らそう!

ドローンを「自動操縦」で飛行させたことはありますか。近頃は、多くのドローンに自動操縦ができる機能が搭載されています。

「自動操縦でなにが変わるの?」と疑問に思う方もいるでしょう。そのような方に向けて、ドローンを自動操縦について、メリットやデメリット、活用事例を踏まえて解説していきます。

ドローンの自動操縦の種類と特徴

近頃はドローンの多くに「自動操縦機能」というものがついています。ドローンの自動操縦機能は大きく「GPS」「トラッキング」という2種類に分けられるのです。それぞれの自動操縦についてご紹介します。

GPS

GPSはスマホやカーナビなどでも使われていたりするので、聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。ドローンでも、よく使われるのはGPSによる自動操縦です。

人工衛星からドローンが発する信号を解析して、ドローンの現在地を把握するのがGPS機能です。このGPSを使ってドローンの位置と目的地を把握し、目的地までを自動で飛行することができます。

トラッキング

トラッキングとは「追跡・追尾」いう意味です。ドローンの特徴で「追尾機能搭載」と書かれているものがありますが、これがトラッキング機能になります。

トラッキング機能があるドローンでは、障害物を自動で検知し、自動飛行で障害物を回避できるのです。また人物を認識し、移動している人を追いかけて飛ぶこともできます。

ドローンの自動操縦の種類と特徴

ドローンを自動操縦させるメリット

「自動操縦機能搭載!」と自動操縦を売りにしているドローンも多く見かけるのではないでしょうか。ドローンを自動操縦させるにはいくつかのメリットがあるからです。

ドローンが自動で飛行することで、操縦者の負担を軽減できます。ドローンの操縦は奥行きを考えたり、障害物をよけたりと思っている以上に疲れるのです。また墜落しないかと不安もあるでしょう。

また自動操縦機能を持つドローンの多くは、自動で飛び立ち、指定の場所に着陸させることができます。ドローンにトラッキング機能があれば、障害物を自動検知し回避するので、衝突や墜落の危険性も減ります。

初心者の操縦で難しいのは、離着陸です。初めてドローンを飛ばす際には、勢いよくドローンを操作しがちです。しかし、ドローンの自動操縦機能は離着陸をサポートしてくれるので、安心してドローンを飛ばすことができます。

ドローンの自動操縦にはデメリットもある

ドローンの自動操縦は、メリットだけでなくデメリットもあります。自動操縦させているとドローンから目を離してしまうかもしれません。航空法にあるドローンの飛行を許可するルールでは「ドローンは自分の視界内で飛行」とされています。このルールは航空法で決められており、違反すると罰金が課されるのです。

トラッキング機能がないドローンを自動操縦で飛行させていた場合には、自分で操縦していないので障害物に衝突するおそれもあるのです。そのため「自動飛行しているから、ほかっておいても問題ない」と思わずに、ドローンから目を離さないように注意する必要があります。

このようにドローンの自動操縦は、メリット、デメリットのどちらもあります。自動操縦の危険性を理解し、事故やルールに十分注意して飛行させてください。

ドローンの自動操縦にはデメリットもある

ドローンの自動操縦でなにができるのか

自動操縦は、ビジネスやプライベートなど場面を選ばず活用されています。では実際には、どのような場合で使われているのでしょうか。

●ビジネス


・農業

ドローンは、農薬散布や農作物の生育状況の把握で活用されています。農業では、農作物を順番に確認するなど、同じ工程を繰り返しおこなうことが多いのです。そこでドローンの自動操縦が役立ちます。飛行ルートを設定し、自動飛行させることで、一度に多くの農作物の状況を確認できます。


・測量

同じ工程を繰り返すことが多い測量の現場でも、自動操縦は役立つのです。測量は広大な土地でおこなうので、従来の測量では効率が悪く時間がかかっていました。ドローンの自動操縦による測量に切り替えることで、大幅に時間を短縮できるのです。


・撮影

たとえばMVなどでアーティストを中心にぐるぐる回っている映像があります。今までは映像撮影の設備を準備するため、費用が掛かっていました。トラッキング機能を使うことで、簡単に同じような映像が撮影できるでしょう。

●プライベート


・セルフィー

セルフィーによって、上空から見下ろしたアングルで、自撮り写真や動画を簡単に撮影できます。ドローンが自動で自分を追いかけてくるので、さまざまなシーンを映像に残せます。


・スポーツ

サーフィンやスノーボードなどでも、ドローンがサーファーやスノーボーダーを追尾してくれるので、迫力ある映像を撮影できるでしょう。ジャンプなどの技や無駄な動きがないかの確認にも使えます。

ドローンの自動操縦でなにができるのか

緊急時には手動操縦の技術も必要になる

ドローンは自動操縦によって、農薬散布や測量などのビジネスシーンやセルフィーなどのプライベートシーンで活用できます。しかし、ドローンの自動操縦は完璧ではありません。突風にあおられて飛ばされるなどのトラブルも起こることもあるため、緊急時は手動で操作しなければいけないのです。

ドローン操縦者は自動操縦に頼ってばかりではなく、自身の操縦技術を磨く必要があります。もし自動操縦させている最中に、異変が起きた場合には手動操縦に切り替えて、安全に着陸させる必要があるでしょう。

ドローンの操縦技術を磨くのであれば、ドローンスクールに通うことをおすすめします。スクールでは、講師から直接操縦技術を学ぶことができます。現場を経験したことがある講師から、操縦のノウハウを学ぶことで効率的に操縦技術を取得できるのです。

スクールでは、自動操縦と手動操縦のどちらも練習することができます。スクールを上手に活用して、緊急時の操縦技術を身につけたうえで、自動操縦飛行を体験してみてください。

まとめ

ドローンの自動操縦機能は、大きく「GPS」「トラッキング」の2種類のタイプに分けることができます。自動操縦によって、目的場所まで障害物を自動で回避しながら飛ぶことができます。

ドローンの自動操縦には、メリットだけでなくデメリットもあるので必ず確認しましょう。また自動操縦機能に頼り切らないよう、自身の操縦技術を磨くことも重要です。練習場所に悩んでいる方は、ドローンスクールで操縦の練習をすることを検討してみてはいかがでしょうか。

SNSダミー

関連記事

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト