2018.12.03(月)

結局どれを取ればいい?ドローンの資格種類と特徴をわかりやすく解説

結局どれを取ればいい?ドローンの資格種類と特徴をわかりやすく解説

ドローンはビジネスに活用されることが、増えてきているそうです。特に建設業界では、測量・点検・施工管理の使われていて、作業を効率的でより安全におこなうことができるようになりました。

また将来的にはドローンを使った配送やタクシーなど、新たなビジネスが増えていくことも予想されています。これほどビジネスにおいて、可能性を秘めているドローンを実際に購入しようと思われてる方もいると思います。

しかし「仕事に導入したいけど特別な資格がいるのでは」といった疑問を持たれている人が多いでしょう。この記事ではそんな不安を解消するためにドローンの資格の種類と特徴について解説していきます。

ドローンの民間資格を取得するメリット

ドローンの操縦には基本的に資格は必要ありません。しかしドローンを飛行させるには、航空法の規制について知っている必要があります。たとえば、200g以上のドローンは航空法で空港周辺の飛行・人口集中地区の飛行・150m以上の空域での飛行が禁止されています。

ほかにもドローンには、電波法などの専門的な知識が必要です。ドローンの飛行には電波が使われていて、機体によっては「5.7 〜5.8GHz 」という特殊な周波帯が使用されています。この電波の利用には「アマチュア無線技士免許」「陸上特殊無線技士」の資格が必要です。資格無しでの飛行は電波法で規制されています。

このようにドローン飛行に資格は必要ないですが、規制についての知識が必要です。また規制状況下でドローンを飛ばしたい場合には国土交通省へ許可申請を出すことで、飛行が許可される場合があります。

この申請の際に資格を所持していると手続きが簡略化されるメリットがあります。ほかにも資格をもっていると知識・技術の証明になり、仕事をする上で有利に働くことがあります。

このようにドローンの資格はメリットがたくさんあります。このドローンの資格ですが、実は色んな団体が発行していて、たくさんの種類があります。次の章ではドローンの資格の種類と特徴について解説していきます。

ドローンの資格にも種類がある!主な認定団体と取り方

JUIDAの資格種類と特徴

ドローンの資格はいろいろな団体がおこなっています。団体によってドローンの資格のメリットや特徴も様々です。この章では一般社団法人ドローン操縦士協会、通称「JUIDA」が実施している資格について解説していきます。

無人航空機操縦技能

この資格をもっていると、ドローンの飛行を安全におこなえる知識と技術の証明になります。また取得過程のドローン操縦士養成コースで、講師の方から専門的な知識・技術を学ぶことができるメリットがあります。

無人航空機安全運航管理者

無人航空機安全運航管理者は、無人航空機を安全に管理する知識と技術の証明になる資格です。ドローンの飛行には気候・点検整備・リスク管理・法律など安全に関わる知識が必要になります。JUIDAが認定している取得コースを受けることで、こういった知識を学ぶことができます。

DPAの資格種類と特徴

「DPA」はほかのドローンの資格の種類に比べて、専門的な技術を学ぶことができる資格です。この章では「DPA」の特徴について、解説していきます。

ドローン操縦士回転翼3級

ドローン操縦士回転翼3級は「DPA」がおこなっている操縦士回転翼3級認定試験を受けることで取得することができます。この資格の特徴は、実技の講座が充実していることです。取得過程で難易度の高い操縦技術を学べるので、この資格は高い技術を有している証明になります。

ドローン操縦士回転翼3級インストラクター

ドローン操縦士回転翼3級インストラクターは「DPA」がおこなっている認定試験を受けることで取得できます。ドローンに関する講習をおこなうことができる資格です。ドローンの知識を教える仕事がしたい方におすすめの資格になります。

ドローンの資格取得メリット②ベテランパイロットから確かな操縦技術を学べる

DJI JAPANの資格種類と特徴

世界的な大手なドローンメーカー「DJI」社も資格認定をおこなっています。ドローンの資格の種類の中でも、知名度・信頼度が高い資格になっています。この章では「DJI」社の資格の特徴とメリットについて解説していきます。

DJIスペシャリスト

DJIスペシャリストは10時間以上の飛行経験がある操縦者が「DJI」社がおこなう講習コース「DJI CAMP」を受講して取得できる資格です。実技訓練をおこなう際には「DJI」社の製品を使って飛行をします。ドローンの知識や技術だけではなく、「DJI」社の製品の知識を深めることができます。

DJIインストラクター

DJIインストラクターは「DJI」社が認定するDJIマスターの指導の下で、講習コース「DJI CAMP」で知識と技術を学びます。DJIスペシャリストに指導をおこなえる資格なので、より深く知識を深めることができます。また、そのほかの操縦者を指導できる資格でもあるので、ドローン講師を仕事にしたい方におすすめの資格になります。

DJIマスター

DJIマスターは「DJI」社から直接認定される資格です。電波法や航空法などのドローンに関係する、専門的な知識や豊富な飛行経験・指導経験・安全管理の知識といった高度な知識を持っていることの証明になります。

DJIインストラクターを指導することができる資格なのでよりレベルの高い講師を目指している方は目標とすべき資格と言えるでしょう。

知識の証明にはドローン検定もおすすめ

資格の中には、ドローン検定というものがあります。ほかの資格に比べると低予算で取得できるので、敷居が低くなっています。スクールに通う必要もないので、それほど予算や時間をかけられない人におすすめの資格です。

検定の内容としては、筆記試験のみの知識に特化した試験になるので、基本的には操縦技術を求められることはありません。ドローン検定が公式でテキストを発売しているので、参考にして試験にのぞみましょう。

これまではドローンの資格の種類について解説してきましたが、ドローンの資格以外にも必要になる資格が存在します。次の章では必要になる資格の種類と内容について解説していきます。

結局どれを取ればいい?ドローンの資格種類と特徴をわかりやすく解説

そのほかドローンの操縦で必要になる資格

特定のドローンには、資格が必要なものがあります。資格をもっていない状態での飛行は法律違反になる恐れがあります。この章では必要になる資格について解説していきます。

アマチュア無線技士免許

ドローンの電波は大きく分けて2種類あります。「2.4GHz 帯」「5.7〜5.8GHz 帯」の2種類があります。「2.4GHz 帯」はスマートフォン・Wi-Fi・ワイヤレス電話などの電子機器で広く使われています。

しかしこの「2.4GHz 帯」は使われる機器が多いため、電波干渉による混信をおこす危険性が高いです。FPV(一人称視点)ドローンなど、安定したデータ通信が必要な場合には「5.7〜5.8GHz 帯」の周波帯を使う必要があります。通信距離は短いですが、膨大な量のデータ通信を安定しておこなうことができます。

しかしこの「5.7〜5.8GHz 帯」ですが使用するには、アマチュア無線技士免許が必要になります。資格無しでの使用は電波法で違反になってしまいます。アマチュア無線技士免許は国家試験を受験することで取得できます。過去問などを参考にして、試験にのぞみましょう。

陸上特殊無線技士免許

陸上特殊無線技士免許はアマチュア無線技士免許と同様に強い周波数を使用するのに必要になります。アマチュア無線技士免許との大きな違いはこちらの資格は業務で使うための資格になります。

3級・2級・1級と内容が分けられています。級が上がるごとに使える電波の周波帯が上がっていきますが、ドローン操作には3級の取得で十分です。

産業用マルチローターオペレーター技能認定

産業用マルチローターオペレーター技能認定はドローンを使って農薬散布をする際に必要になります。この資格を取得するには、農林水産航空協会指定のスクールで講習を受けたのちに検定を受けることで取得することができます。

しかし、この資格だけでは農薬散布をすることはできません。実際に作業をおこなうには国土交通省に農薬散布の許可申請を提出する必要があるので、注意が必要です。

この記事ではドローンの資格の種類と特徴について解説してきました。ドローンの資格取得は知識や技術を深めるには重要なものです。資格を取る過程でドローンスクールで学ぶことは安全な飛行につながります。ドローンを仕事に活用したい方は、通ってみてはいかかでしょうか。

まとめ

ドローンに資格は必要ありません。しかし、ドローンには航空法でたくさんの規制がかけられています。こういった規制下でドローンを飛行させるには国土交通省への許可申請が必要になります。

この許可申請の際に、資格を持っていると有利に働きます。またドローンを仕事につなげたい場合に資格を持っていると技術と知識の証明になります。ほかにも資格を取る際にはドローンスクールに通う必要はあります。

スクールに通うことが時間・予算的な問題で難しい方にはドローン検定を受けることをおすすめします。筆記試験を受けるだけなのでスクールに通う必要がありません。その分お金と時間を節約できるので、独学で学ぶことができる方にはおすすめです。

本格的に知識を身につけたい方は、実際にスクールに通うことがおすすめです。ドローンの飛行には航空法をはじめとした、法律の専門的な知識が必要になります。こういった知識を講師の方から教わることができるので、安全に飛行をおこなうためにも、ドローンスクールに通ってみてはいかかでしょうか。

SNSダミー

関連記事

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト