2018.12.03(月)

ドローン点検を導入しよう!メリットと導入するために必要なこと

ドローン点検を導入しよう!メリットと導入するために必要なこと

ドローンは農業や漁業、スポーツ業界など、さまざまな分野で活躍しています。そんなドローンは、「点検」という分野にも活躍の場を広げています。ドローンによる点検は多くのメリットがあります。しかしドローンで点検をおこなう場合には、使用に規制や許可が必要になるので注意が必要です。

このコラムでは「ドローン点検」によるメリット、規制や許可についてご紹介します。「ドローン点検に興味がある」「これから取り入れようと思っていた」という方も、導入するために必要なことをご紹介しておりますのでぜひ、ご一読ください。

ドローン点検が導入されている分野

ドローンによる点検はさまざまな分野で実施されつつあります。どういった場所でドローンが導入されているのか紹介します。

インフラ

インフラ点検では、ダムや橋などが老朽化などの問題がないか調べます。以前までのインフラ点検は、人の目を使っておこなう目視確認や、壁をたたいて確認する打音確認などで確かめられていました。しかし、ドローンを活用することで、点検にかかる費用削減や作業内容の効率化などがはかれるようになったのです。

インフラ設備の多くは、高度経済成長期(1950年代~1970年代)に建てられました。私たちの生活は、ダムによる発電や橋が架かったことによる利便性など、多くのインフラ設備に支えられています。インフラ設備は古いものだとすでに70年近く経っているため、老朽化しているかどうかの確認は重要です。

屋根・外壁

住居を立てたことがある方はイメージがしやすいでしょう。屋根や外壁というのは、時間が経つと劣化していきます。しかし、劣化状態を確認するのは自分の視界に入る下方部しか確認できません。双眼鏡などを使えば上方も確認できますが、とても大変です。

とくに台風などの災害後には、家が壊れているかどうかの状況を正確に確認したいのではないでしょうか。自然災害が起きたときには、多くの方が点検サービスを利用しています。作業にスピードが求められるときの点検サービスにドローンを使うことで、作業の効率化や安全に配慮することができるのです。

ソーラーパネル

太陽光発電は、多くの方が知っているのではないでしょうか。中には自宅の屋根にソーラーパネルを付けている方もいるかもしれません。

ソーラーパネルは、長期的な発電を維持するために定期的な点検が重要とされています。また、パネルが割れていないかどうかなどの安全面の観点からも、定期点検が重要といえるでしょう。大量のソーラーパネルが設置している場合は、ドローンを活用することで一度に多くのソーラーパネルの状態が確認できます。

ドローン点検が導入されている分野

ドローン点検を導入するメリット

インフラ、屋根・外壁、ソーラーパネルをドローンで点検することが増えつつあります。多くの点検場面でドローンが活用されるのは、「安全面」「費用削減」の2つのメリットがあるからです。

安全面

屋根やソーラーパネルの点検を人の手でおこなうと、高所作業による落下やひび割れている屋根やソーラーパネルを踏んだときの損傷が起きることも考えられます。

これらの危険は、ドローンを使うことで未然に防げます。高所作業を得意とするドローンは、遠隔操作で操縦することが可能です。そのため、点検者は高所に行く必要がなくなり、安全に点検作業をおこなえるのです。

また目視の確認とは異なり、ドローンのカメラによる確認では映像として点検記録が残ります。一度確認の撮影をおこなってしまえば、確認漏れがあったときでも何度でも見返すことができるのです。

ほかにも、屋根・外壁点検は依頼者が屋根の状態などを確認するのがむずかしかったでしょう。そんなときもドローンを使えば依頼者も映像で確認することが可能なので、安心にもつながるのではないでしょうか。

費用削減

点検作業によっては、現場ごとに足場を組み立ててから作業していました。現場ごとに足場を建設していては、費用がかさみます。

ドローンを活用することで足場建設の費用を削減することができます。また、インフラ点検などでは多くの人員が必要でしたが、ドローン点検に切り替えることで最小限の人員で済ますことができるでしょう。

ドローン点検を導入するメリット

ドローン点検に関する法律と許可申請

ドローン点検には安全面、費用削減のメリットがあります。屋根・外壁の点検を仕事にしている方がドローンを活用すれば、目新しさによる新規顧客への宣伝にもなるかもしれません。

しかし、ドローンを点検作業に活用するのであれば、ドローンに関する法律や許可申請について学ぶ必要があります。

ドローンによる点検作業では、産業用の大きなドローンを使うことが多いでしょう。大きなドローンは、航空法という法律によって規制を受けます。たとえばドローンを飛行させてはいけない空域というのが決められているのです。

飛行禁止空域は「空港周辺」や「人口集中地区」、「上空150m以上」です。これらの場所では原則としてドローンを飛ばすことはできません。もし点検現場が飛行禁止空域に該当するのであれば、許可申請が必要です。

ほかにも点検作業によっては、ドローンが自分の視界にない状態での操縦、建造物への距離が30m未満での飛行をすることもあるでしょう。これらの場合でも許可申請が必要なので、現場の状況に合わせてしっかりと許可申請を取る準備をしておきましょう。

点検作業には許可申請は必要不可欠といえるかもしれません。許可申請を得ずにドローンを飛ばした場合は、罰金が課されることもあります。許可申請が必要な場所や飛ばし方については、こちらの「ドローンの操縦に免許は必要?ドローンの許可に関する法律を解説」で詳しく解説していますので、あわせてお読みください。

ドローン点検を導入するためには

ドローン点検を導入するためには、ドローンを操縦するための技術が必要になります。ほかにも「ドローンに関する知識」は必要不可欠です。また、安全にドローンを使用することを考えると、「ドローン資格」を取得しておくとよりスムーズに点検にドローンを活用していけます。

ドローン資格は許可申請の際に、自分の技量を示すことができます。許可申請がスムーズに進むことにもつながるので、取得しておいて損はないでしょう。もし、独学で「技術や知識を身に付けるのがむずかしそう」「ドローンを飛ばすのが不安だな」と思うのであれば、ドローンスクールに通うのもひとつの手段です。

講師に操縦技術や正しい知識を教えてもらえるので、現場でも安心してドローンを飛行させることができるでしょう。ドローン点検に必要なものを、ドローンスクールでまとめて取得してみるのもいいのではないでしょうか。

ドローン点検を導入するためには

まとめ

ドローン点検はインフラ、屋根・外壁、ソーラーパネルなど多く現場でおこなわれています。ドローンを活用することは安全面、費用削減などのメリットがあるからです。

ただ、導入する場合にはドローンの操縦技術や知識が必要不可欠です。とくに法律や許可申請などの知識は、ドローンを安全に飛ばすためにも重要です。もし独学での習得が不安なのであれば、ドローンスクールに通ってみるのもひとつでしょう。

スクールでは技術や知識だけでなく、ドローン資格も取得できる場合があります。ぜひ有効に活用して、点検作業を改善してみてください。

SNSダミー

関連記事

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト