2018.11.16(金)

広島のドローン空撮スポット5選!場所の探し方やスクールをご紹介

広島のドローン空撮スポット5選!場所の探し方やスクールをご紹介

広島県には世界遺産も多く、魅力的な撮影スポットが数多くあります。撮影時にはドローンによる空撮で撮影したくて、「世界遺産などがある広島県でドローンを飛ばせる場所を探している」、「空撮スポットが知りたい」、という方もいるのではないでしょうか。

今回のコラムでは、広島県でドローンの飛行させる場所の探し方や空撮のオススメスポットをご紹介します。ぜひご一読ください。

広島でドローンを飛ばそう!航空法と飛行可能場所の探し方

ドローンを広島県で飛行させる前に、ドローンに関係する航空法についてご紹介します。

ドローンの重さが200g以上である場合は、航空法という法律の規制対象になります。航空法は航空機(有人・無人のどちらも)の安全性と、航空機での輸送や飛行を安全におこなうために定められた法律です。200g以上のドローンは、無人航空機に分類されるため航空法が適応されます。200g未満のドローンであっても、一部の規制については対象になるので注意してください。

航空法のなかで、ドローンの飛行についての場所や飛行方法を制限しています。飛行禁止空域というドローンを飛ばしてはいけない場所が定められており、「空港周辺」「人口集中地区」「150m以上の上空」が禁止空域です。これらの場所は絶対的に飛行を禁止しているわけではなく、申請をして許可を得ることでドローンを飛ばすことができます。

飛行禁止空域や制限のある飛行法についてはこちらの「改正航空法ってなに?ドローンに関する正しい知識を覚えよう!」に詳しくご紹介してますので、合わせて読んでみてください。

広島県の人口集中地区は広島湾周辺が該当しています。しかし広島湾周辺以外にも人口集中地区はありますので、国土地理院の「地理院地図」で飛行させる場所が該当していないか確認するようにしましょう。

人口集中地区以外にも広島空港周辺は飛行禁止空域になりますので、基本的にはドローンを飛ばすことができません。また公園などはドローン墜落時の危険性があるため飛行禁止だけでなく、持ち込みも禁止している公園もあります。公園でドローンを飛ばす場合には、管轄する団体に事前に確認するとよいのではないでしょうか。

オススメなのは河川敷です。河川敷は広い場所が確保されており、障害物も少ないためドローンの飛行には向いているといわれています。そのためドローンを飛行させるにはオススメとなりますが、飛行前には必ず人口集中地区でないことは確認しましょう。

広島でドローンを飛ばそう!航空法と飛行可能場所の探し方

広島のドローン空撮スポットまとめ!

広島県にあるドローン空撮オススメのスポットをご紹介します。ただし場所や飛行させる方法(建造物などから30m未満の距離での飛行方法など)によっては許可申請が必要な場合もありますので、事前に確認してください。

厳島神社の大鳥居

世界遺産としても有名な宮島・厳島神社の大鳥居はぜひ撮影してはいかがでしょうか。海面からそびえたっている大鳥居は朝日や夕暮れと一緒に撮影することで幻想的な映像を撮影できます。

しまなみ海道

本州から広島県の島々を結んだ海道一帯は、上空から撮影することで瀬戸内海の美しい映像が撮影できます。また、マリンスポーツなどの体験ができるため、空撮以外も楽しめます。

神龍湖

神龍湖と神龍橋を一緒に空撮すると色合いが美しい映像を楽しめます。神龍橋はもともと紅葉橋という名前でした。名前からわかるように秋になると橋周辺の木々が色づいてきれいな紅葉の撮影もオススメです。

雄橋(おんばし)

帝釈狭にある石灰岩でできた天然の橋です。石灰岩でできた天然の橋は日本だけでなく、世界でもあまりないそうです。この橋をかけたのは神様や鬼などの神秘的な逸話があり、橋もどこか神秘的なたたずまいをしています。

千光寺公園

千光寺山のなかほどにある公園は、日本の桜名所100選に選ばれており、春の撮影がとくにオススメです。また展望から瀬戸内海の美しい景色も楽しめます。

繰り返しになりますが、場所によっては許可申請が必要な場合があります。また上空からの撮影に夢中になるあまり、ドローンの高度をあげすぎて150m以上の上空まで飛ばさないようにしてください。

ルールを守ったうえで、ドローンの空撮を楽しみましょう。

広島のドローン空撮スポットまとめ!

広島にはドローンスクールもたくさんある!

ドローンを楽しむためには法律などの知識や操縦技術が必要です。知識や技術を身につける方法にドローンスクールに通うことがあります。

スクールに通うことでドローンに関する知識や航空法などの法律、操縦技術を正しく学べるのです。スクールの講習内容は初心者向けの一日コースや、仕事で使う人など本格的な複数日コースなどがあるので、自身の用途に合った講習を選べます。

また、スクールの講習内容で飛行場所や飛行方法によって、必要な許可申請についても教えてくれます。許可申請を知っておくことで、ドローンの楽しみ方・活用方法を広げることが可能です。またスクールによっては、許可申請の際に役立つ民間資格が習得可能なスクールもあります。操縦技術や知識と一緒に資格も同時に取得できるのも、ドローンスクールのメリットです。

広島県にあるドローンスクールを3校ご紹介しますので、広島県に住む方や近くのスクールが知りたい人は参考にしてください。

JUAVACドローンエキスパートアカデミー広島校

国土交通省が公認している団体のJUAVACが認定しているドローンスクールです。大学と共同で開発したカリキュラムを学ぶことができます。気象学も気象予報会社・予報士も監修したレベルの高い気象知識は他にはあまりない特徴といえるでしょう。

株式会社 ハニービーワークス(HONEY BEE WORKS)

広島県で初めてドローン団体であるJUIDAが認定したドローンスクールです。講習を受講後にはJUIDAが発行している資格が習得可能となります。広島県の空撮による観光PRにも携わった講師から空撮の基本を学ぶことがでます。

HIROSHIMAドローンファーム

こちらもJUIDAが認定しているドローンスクールになるので、講習を受講後には資格が取得可能となります。またこちらのスクールの特徴は、オプションで農薬散布のための講習や火災現場などで役立つ赤外線カメラを活用した講習も受講できるので、空撮以外の仕事にも対応できます。

広島にはドローンスクールもたくさんある!

まとめ

瀬戸内海が面している広島県は、ドローンの空撮でも美しい映像を撮影できます。瀬戸内海でなくとも神龍湖や雄橋なども魅力あるスポットもあるので、ドローンの空撮を楽しめるでしょう。ただし飛行させる場所によっては許可申請が必要になるので、必ず確認するようにしてください。

広島県や周辺に住む方で、これからドローンデビューを考えている人は練習場所にも注意しましょう。人口集中地区ではドローンを飛ばしてはいけません。河川敷であっても、人口集中地区に当てはまっているかもしれませんので、飛行前には確認が必要です。

練習場所に困った方はドローンスクールに通ってみてもいいでしょう。スクールでは確かな操縦技術や正しい知識だけでなく、許可申請でも役立つ資格の取得もできます。スクールを有効に活用して、ドローンを広島県で飛ばしてみませんか。

SNSダミー

関連記事

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト