2018.11.14(水)

ドローンで空撮を楽しもう!オススメの機種や撮影テクニックを紹介

ドローンで空撮を楽しもう!オススメの機種は撮影テクニックを紹介

テレビやSNSなどを通してドローンによる空撮映像を見かけることが多くなり、ドローンの空撮に興味がわいてきた方もいると思います。しかし、「ドローンってどれを選べばいいのかわからない」「上手に空撮するためのポイントは?」と疑問もありませんか。

今回はドローンの空撮をこれから始めたいと考えている方に向けて、「空撮にオススメの機体」「購入時のチェックするべきマーク」「上手に撮影するためのコツ」をご紹介します。ぜひご一読ください。

ドローンで空撮にチャレンジ!室内向けの空撮ドローン3つ

ドローンで空撮をしたいと考えている人のなかには、室内で写真を撮影することがメインの人もいるのではないでしょうか。そのような方々にオススメのドローンを3種類ご紹介します。


・Ryze Tell o
ドローンで空撮にチャレンジ!室内向けの空撮ドローン3つ

Photo by Amazon

自分で組み上げたプログラムで自動飛行を楽しめるドローンです。手のひらに乗せたドローンを軽く上に投げるだけで、その場でホバリングしてくれる機能も搭載されています。


・Holy Stone HS160
ドローンで空撮にチャレンジ!室内向けの空撮ドローン3つ

Photo by Amazon

ボタンによる操作で離着陸が簡単にできるドローンです。折りたたみができ、厚みも3.5cm程度しかないため、ポケットに入れて持ち運ぶことができます。


・DBPOWER U818A
ドローンで空撮にチャレンジ!室内向けの空撮ドローン3つ

Photo by Amazon

バッテリーが少なくなった場合に、警告音で危険を知らせてくれる機能が搭載されているドローンです。ドローンの向きに関係なく、プロポ(操縦器)を動かした方向に移動するため、操作も簡単なのではないでしょうか。

本格的に空撮したいならコレ!オススメ機種3つ

前章ではドローンを気軽に室内で楽しめる機種をご紹介しました。ここからはドローンによる空撮を本格的に楽しみたい人に向けても、3種類をご紹介していきます。


・DJI Mavic 2 Pro・Zoom
本格的に空撮したいならコレ!オススメ機種3つ

Photo by Amazon

ProとZoomの性能が異なる2種類のカメラを付け替えることできるドローンです。中心を決めることで、中心を基準に自動飛行で旋回しながらの撮影を楽しむことができます。


・DJI Phantom4 Pro
本格的に空撮したいならコレ!オススメ機種3つ

Photo by Amazon

障害物を自動で回避しながら飛行するドローンです。プロポに取りつけたモニターに飛行させたいルートを描くことで、自動飛行させるなどの自動飛行機能が優れています。


・Parrot ANAFI
本格的に空撮したいならコレ!オススメ機種3つ

Photo by Amazon

ドローンから下を撮影するだけでなく、180度のカメラアングルを活用してさまざまなアングルで空撮ができるドローンです。ズーム撮影において画質を荒くすることなくできるロスレスズーム機能も搭載されています。

ドローンを選ぶ際は技適マークの有無をチェック

ドローンはプロポとのやり取りで無線電波を利用するため、電波法の対象となります。電波法は携帯電話などでも使われる、数多くの電波を効率的に使うための法律です。

電波法では、無線などを利用するために必要な条件を満たしていることを証明するマークがあります。これを技適マークと言います。もし技適マークがついていないドローンを飛行させた場合は、処罰が課せられてしまうのです。技適マークがついているドローンでも、自身で改造した場合には電波法の違反になることがあるので、注意してください。

ほかにも注意するべきことがあります。ドローンは国内製品だけでなく海外製品も多く販売されており、海外の輸入製品には技適マークがついていない製品も存在します。ドローンを購入する前に、ドローンに技適マークがついているか確認するようにしましょう。

屋外でドローン空撮をする場合は法律に注意!

屋外でドローンによる空撮を楽しむ場合には、技適マーク以外に法律にも注意しなければいけません。電波法だけなく、ドローンに関する法律はいくつもあります。

まずは航空法です。航空法では、ドローンを人口密集地区などで飛行させてはいけないと定めています。航空法ではほかにも空港周辺や150m以上の上空などが飛行禁止空域と決められており、これらの場所で飛行させた場合には航空法で罰せられてしまいます。

飛行禁止空域以外であっても、私有地の上空でドローンを飛ばしてはいけません。これは民法で、所有権は土地や建物だけでなく上空も適用されると決められているからです。自身の私有地であったとしても、周囲に他人がいる場合にはプライバシーの権利や肖像権などが関係しますので、飛行前に必ず周囲の状況とドローン関連の法律を確認するようにしてください。

ドローンの空撮でよくある事故と危険性

今まではなかなかできなかった上空からの撮影を、ドローン空撮では楽しむことができます。しかしドローンは楽しいだけでなく、危険もあるのです。

ドローンでよくある事故のひとつに、バッテリー切れによる墜落事故があります。バッテリー切れ以外にも、鉄塔にぶつかってしまったり、ドローンが遠くに行き過ぎて操作不能になってしまったりといった事故も、数多く国土交通省に報告されています。バッテリー不足や接続距離の範囲を忘れて、空撮に夢中になるあまり事故をおこしてしまうことが多いのです。

ほかにも、屋外でドローンを飛行させているときに突風などで操作不能になり、飛ばされて墜落や紛失をするケースもあります。これらの事故は墜落でドローンを傷つけたり紛失するだけでなく、もしかしたら人やものを損傷させるおそれがあります。ドローンを飛行させる場合には、機体整備や当日の天候にも注意が必要です。

ドローンの空撮でよくある事故と危険性

上手に空撮するためには「構図」を意識しよう

ドローンでの空撮を上手におこなうには撮影技術が重要です。撮影技術が向上すれば、プロ顔負けの映像が撮れるかもしれません。今回は撮影技術のひとつである「構図」をいくつかご紹介します。

三分割法

撮影する映像を縦横3つ、合計9つに分割して撮影する方法です。全体を考えて撮影できるため、バランスがよい映像を作れます。また、 分割したポイントに対象物を重ねて撮影することで、味のある映像も撮影できます。

シンメトリー構図

左右対称に撮影する構図です。バランスが崩れやすいドローンでは難しい撮影方法ですが、うまくいけば迫力ある映像が撮影できるでしょう。

ドローンの空撮は撮影技術だけでなく、操縦技術も必要です。安定した操縦をすれば機体のバランスを保てるので、空撮時のブレなどをおさえることもできます。操縦技術は独学の練習以外にも、ドローンスクールで学ぶ方法もあります。

ドローンスクールでは講師が近くにいるのでアドバイスもらったり、相談をしたりすることができ、操縦技術もメキメキと上達するでしょう。またスクールでは空撮練習以外にも、空撮に特化したイベントを開催しているスクールもあります。ドローン仲間と相談しながら練習できるので、空撮技術もより向上させることができるのではないでしょうか。

まとめ

ドローンによる空撮を楽しみたい方に向けて、屋内、屋外それぞれでオススメの機体をご紹介しました。ドローンをこれから購入するという方は参考になると思います。

ドローン購入時には、技適マークがあることを確認してください。技適マークがないドローンを飛行させてしまうと、違反となります。ほかにも航空法やプライバシーの権利などにも注意して飛行させましょう。

ドローンでの空撮は、構図を意識することでプロ顔負けの仕上がりにすることができます。また、構図だけでなく操縦技術も重要ですので、操縦が不安な方は、ドローンスクールで操縦技術や空撮技術を身につけるのもよいでしょう。今回のコラムを参考に、ドローンによる空撮を楽しんでみてはいかがでしょうか。

SNSダミー

関連記事

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト