2018.11.14(水)

農業の「3K」問題を解決するためには!IT活用で新しい3Kをつくろう

農業の「3K」問題を解決するためには!IT活用で新しい3Kをつくろう

現在、日本国内の農作物の生産は年々低下しており、輸入に頼っている現状は否定できません。日本の農業にはさまざまな問題と課題が山積みになっています。そのなかには、農業の3Kと呼ばれるマイナスイメージや後継者不足による農家の高齢化などがいわれています。

そこで日本では、農業に関する山積みとなった問題と課題を解決するべく動いています。このコラムでは、現在の農業者が取り組んでいる「スマート農業」について紹介するとともに、活躍している最新技術について紹介します。

農業の抱える「3K」問題とは?

農業における3Kの意味とはなんでしょうか。一般的に、「きつい」「きたない」「給与が低い」などといわれています。

「他の仕事にも同じことがいえるのでは?」と思うかもしれません。しかし、実際この3K問題により、就職の選択肢に農業が入っていないのが現状です。

日本の農業を明るくするためには、農業3Kを払拭しなければいけません、近年では、市区町村が少しずつ改善に取り掛かっていますが、農業には3K以外にも課題が多く残ります。

農業の抱える「3K」問題とは?

農業問題は3K以外にも…日本農業の課題

日本の農業には3K以外にも問題と課題が多くあります。いくつかをご紹介します。

・農業をする人口が減っている

現在日本では農業を営む方が減っています。平成22年では約260万人いた農業従事者も、平成30年現在では約175万人まで減少しているのです。この問題は新規参入者の減少だけではなく、3Kが原因でリタイヤしてしまう方がいることも原因です。

・農業をしている方の高齢化

近年少子高齢化が進んでいるといわれていますが、少子高齢化の波は農業にもダメージを与えています。現在、農業をしている方の約6割が65歳以上といわれており、40歳以下は約1割だといわれています。

・後継者不足

これは先ほどの項目でもあった3K問題が大きくかかわっています。マイナスのイメージはなかなか払拭できるものではありません。また、多用な職種のある現代では農業という道を選ぶ方も多くないでしょう。

・農業を始めるための敷居が高い

農業を始める際、「土地」と「初期費用」が必要になります。その金額は、およそ数百万~数千万といわれています。

さらに農業には経験と知識が必要なうえ、天候を相手に作物を育てなければなりません。なんの知識もなく始めるには、敷居が高い業界といえるでしょう。

農業問題は3K以外にも…日本農業の課題

ITを活用して新しい「3K」つくろう

農業3Kやその他の問題を解決するために、ITを活用しています。ITを活用することで、作業効率化を図ると同時に3Kのイメージを払拭する狙いがあります。

ITを利用した農業を「スマート農業」と呼び、現在日本では、スマート農業を推進しています。その一例として、ドローンを用いた種まきや農薬散布が導入されつつあります。スマート農業では新3Kとして「稼ぐ」「効率化」「簡略化」をテーマに日々開発と研究が進められています。

農業におけるドローンの主な活用事例

現在日本のスマート農業では、ドローンの導入が進んでいます。ドローンを農業へ活用することで、従来では時間がかかっていた農作業を大幅に効率化でき、コストを削減することもできます。近年、ドローンが農業で活躍している場面をご紹介します。

・農薬散布

農業用のドローンが開発されており、機体に農薬を積むことができます。従来は、人の手で時間をかけておこなうか、費用をかけて無人ヘリコプターを活用するしかありませんでした。

ドローンは比較的安価に導入することができ、広範囲の面積を効率的に農薬散布することができます。遠隔操作が可能なため、だれでも簡単におこなうことができます。

・生育管理

ドローンに搭載されたカメラを活用することで、農作物の生育状態を管理することができます。葉色の診断や病害虫の検知など、活用方法はさまざまです。これまで、手作業で確認しなければならなかった作業を、短時間で簡単におこなうことができます。

・鳥害獣対策

農業を営なむ人の多くが頭を抱えるのが鳥害獣被害です。ドローンを使った鳥害獣対策が注目を集めています。熱検知センサーを利用して鳥害獣を検知し、音や光を発することで鳥害獣を追い払うことができます。

深夜帯の監視などを自動でおこなえるため、重宝している農家も多いでしょう。このように、農業の生産性や農業の3Kなど山積みになっている課題を解決していくため、スマート農業の技術は進化し続けています。

農業におけるドローンの主な活用事例

まとめ

日本の農業にはさまざまな課題と問題が山積みとなっています。そのなかに、農業の3Kと呼ばれる「きつい」「きたない」「給与が低い」といったものがあります。

日本の農業の課題と問題を解決するため、現在ではスマート農業を呼ばれる取り組みがおこなわれています。スマート農業には新3K「稼ぐ」「効率化」「簡略化」をテーマにITを使った新しいサービスを展開しています。

スマート農業にはドローンが活躍しており、農作業の簡略化や生産性のアップに大きく活躍しています。「農業に問題を抱えている」「農業を始めようかと悩んでいる」という方は、ぜひスマート農業を始めてみてはいかがでしょうか。

SNSダミー

関連記事

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト