2018.11.14(水)

ドローンを仕事に!初めてでもわかる「ドローン×仕事」の関係

ドローンを仕事に!初めてでもわかる「ドローン×仕事」の関係

農業などのさまざまな場面でドローンは活用されはじめ、ドローンがビジネスチャンスをつかむきっかけになる時代です。これからドローンを仕事に活用しようと考えている人もいるのではないでしょうか。

しかし「今さらドローンについて聞けない」、「ドローンを仕事にしたいけど、よくわからない・・・・・・」という人も中にはいませんか。今回はドローンが仕事で活用されている事例やドローンによるメリットなどについてご紹介します。

ドローンを仕事に活用するメリットを知ろう

ドローンを仕事で活用するメリットはいくつかありますが、最大の特徴は操縦者を選ばないことかもしれません。

ドローンの操縦は、原則として特別な資格がなくてもできます。このことから仕事でも活用されることが増えているのではないでしょうか。また機体が小さなものを示すことが多いドローンはヘリコプターなどよりも利便性や自由な稼働範囲を持っていることもメリットです。

またドローンを導入することでヘリコプターよりも費用を大幅に削減できることもメリットです。また仕事によっては人の目視で確認していた作業を、ドローンによる空撮では広範囲を一度に確認することができるため効率化をはかることもできます。

シンガポールでは飲食店の配膳をドローンがおこなうサービスがあり、新たなサービスの形としても期待できるのではないでしょうか。

ドローンを仕事に活用するメリットを知ろう

ドローンの仕事にはどんな分野がある?

実際にドローンが活用されている分野をご紹介しますので、これからドローンを仕事にいかしたいかたは参考にしてみてください。

・測量

測量現場でもドローンは活躍しています。従来の人による測量法では調査後にデータ化するため時間がかかっていました。ドローンによる測量では空撮調査するだけで、データ化し分析するまで工程も簡単にできるので効率化することができます。

・インフラ点検

インフラの点検は高所作業の危険性や点検用の足場を建築する費用などの問題解決にドローンが活用されています。ドローンによる点検は足場を建築する必要がなくなるため費用削減ができ、高所作業による危険も回避できるのです。

・農業

農業では農薬散布などでドローンは活用されています。従来はヘリコプターによる方法でおこなわれていたため費用が高額になっていましたが、ドローンに切り替えることで費用を削減できるのです。ほかにもヘリコプターよりも農作物の近くで散布できるため、農薬の効果向上にも期待されています。

・空撮

テレビなどのメディア関連でもドローンは活躍しています。テレビ番組でもドローンによる上空からの映像を見かける機会も多くなりました。テレビだけでなくアーティストのMVの撮影にもドローンは活用されています。どちらの活用方法でも今までとは異なるアングルからの映像は新鮮さを感じます。

・災害救助

ドローンは災害救助などの現場でも活用されつつあります。災害発生時には地盤の緩みなどの危険があるため、調査が難しい状況がありました。しかし無人で飛行させることができるドローンは災害害発生時にも迅速な調査をおこなうことができます。このほかにも山岳の救助活動でもドローンによる捜索方法が検討されています。

ドローンの仕事にはどんな分野がある?

ドローンの仕事はこれからも増えていく

ドローンの仕事はこれまでに紹介した分野以外でも活用できるように実証実験がすすめられているのです。たとえば過疎地域などの配送が困難な地域への配達や災害発生時の物資の配送ができるため、配送分野でもドローンの活用が期待されています。

大手企業ではゴルフ場でドローンの自動飛行機能による配送サービスの実証実験をおこないました。ほかにも静岡県では個人宅へ日用品の配送サービスの検証がおこなわれるなどしています。空の法整備や配達物の落下時の安全を確保するなどの課題がありますが、これらの課題が解決されれば本格的に配送分野でも活用されることでしょう。

ほかにも警備方法にもドローンの活用が期待されています。自動飛行機能を利用して、施設内を巡回警備する方法や施設内のセンサーと連動して、反応した地点にドローンがかけつけて現場を撮影する方法などがあります。警備では人件費の削減や上空からの撮影による死角が少ないことなどがメリットになるようです。

ドローンの自動飛行機能や空撮などを利用すれば、多くの分野で活躍できるでしょう。シンガポールの飲食店での活用などからわかるように、仕事でのドローン活用方法はアイデア次第でますます広がるのではないでしょうか。

ドローンを仕事にするためには?ドローン入門

ドローンを仕事にするために必要なことをご紹介します。

・ドローンの種類と選び方

仕事でドローンを利用するならカメラ付きのドローンを選ぶことをおすすめします。カメラ付を選ぶことで空撮などの映像も利用できるなどの活用方法を広げることができます。また初心者はトイドローンで練習するとよいのではないでしょうか。

トイドローンとはプライベートでも楽しむような200g未満の小さなドローンのことをいいます。トイドローンは比較的に値段も安く済み、規制を受けることも少ないため練習するには便利なドローンです。

・操縦技術を磨く

ドローンには墜落などのおそれもあるため操縦技術を磨く必要があります。独学による練習方法をいくつかご紹介しますので、参考にしてみてはいかがでしょうか。

離着時の練習方法では離陸させたら腰くらいの高さまで上昇させ、ゆっくり着陸させる方法があります。ほかにもホバリングの練習では目線くらいまでの高さまで上昇させたあとに数分ホバリングさせて、斜めに下降させる練習方法があります。練習時には操縦器であるプロポの操作をゆっくりおこなうことがコツです。

・撮影技術を磨く

ドローンの魅力である空撮の技術も磨くことも重要になります。ドローンを飛行させた状態で撮影するので、空撮は思った以上に難しいでしょう。ですから操縦技術を向上させたうえで、空撮できるときれいな映像を撮影することができるのではないでしょうか。

空撮になれてきたら構図も意識してみましょう。撮影した映像を均等に分割して考える三分割方法や対角構図方法などを撮影に取り入れることで、プロのような映像に仕上げることができます。

・ドローンを仕事にするために最低限しておくべき法律

ドローンにはいくつかの規制があり、代表的な法律規制として「航空法」があります。航空法の対象になるのは200g以上のドローンが規制です。航空法では人口密度地区などを飛行禁止空域と定めており、これらの空域を許可なしで飛行させた場合は処罰が科されます。

「小型無人機等飛行禁止法」では国会議事堂や国の重要な施設、外国公館などの周辺ではドローンの飛行が禁止されています。施設を中心に約300mの範囲が対象地域となり、違反飛行をした場合は罰金が科せられます。

ほかにも「電波法」という法律にドローンが当てはまることがあるのです。強力な電波はテレビなどでも用いられるため、同じような電波を使う場合には障害が起こりうるので正しい知識が必要になります。仕事でドローンを活用する場合で周波数(電波)が5GHz以上であれば第三級陸上特殊無線技士の資格が必要です。

これらの法律を遵守したうえで、ドローンを安全に飛行させることが操縦士には求められているのです。

ドローンを仕事にするためには?ドローン入門

本格的に学ぶならドローンスクールがオススメ

さきほどご紹介した「操縦技術を磨く」、「撮影技術を磨く」、「ドローンに関する法律」を本格的に学びたい人にはドローンスクールに通うことをオススメします。

ドローンスクールでは基本的な技術から実際の仕事を想定したような飛行練習を通して確かな技術を学ぶことができます。講師が近くにいることで疑問もすぐに解消できることがメリットです。また雨が降った場合でも屋内の練習施設があるスクールも多いため、確実に飛行練習ができるでしょう。

ドローンを安全に飛行させるために必要な法律やドローンについての知識を身につけることができます。また航空法で定めている飛行禁止空域でドローンを飛行させる場合に必要な許可申請についても学べます。またドローンの民間資格も習得することができるので、仕事においての強みにできるでしょう。

スクールで確かな技術と正しい知識を学ぶことで、ドローンを仕事に活用するときにも安心できるのではないでしょうか。

まとめ

ドローンは経費削減や人手不足の解消などのメリットから、測量や農業をはじめとした多くの分野で活躍しています。また配送分野などの分野からも実証試験がはじまったように、ますます活躍の場を広げていくでしょう。

ドローンを仕事に活用する場合はドローンスクールに通うのもひとつの手段です。スクールで確かな技術や知識を身につけることで、仕事でドローンを活用する場合にも安心できます。ドローンを仕事に活用して、ビジネスチャンスを広げてみませんか。

SNSダミー

関連記事

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト