2018.11.14(水)

ドローンが農業を救う!?日本の農業が抱える問題と新たな取り組み

ドローンが農業を救う!?日本の農業が抱える問題と新たな取り組み

日本の野菜やお米は、高品質でとてもおいしいですね。世界に誇る日本の食材たちを毎日作ってくれているのは、農業にたずさわる人たちです。農業があるおかげで、私たちはいつも新鮮な野菜やお米を食べることができています。

しかし農業界では現在、人手不足や後継者不足などの問題を抱えています。これは私たち日本人にとってとても深刻な問題です。このような問題を解決するひとつの手段として、農業にドローンが活用されはじめています。ドローンは、農業の革命といえるほどの大きな役割を果たすといわれているのです。

今回は、ドローンが農業でどのように活用されているのか、活用するために知っておくべきことをご紹介します。農業を新たに始めようと考えている人や、農業にドローンを導入しようか悩んでいる人は必見の内容となっています。ぜひ一度、読んでみてください。

日本の抱える深刻な農業問題とは

日本の農業界では、深刻な問題を抱えている状態です。どのような問題があるのかご紹介します。

・人手不足問題

日本では少子高齢化により、農業関連で働く人が減り続け、働く人も高齢者が多くなっている状況です。2016年の調査では、65%以上の人が65歳以上の高齢者という結果がでています。人手が足りなくなると生産性が低くなり、農作物の値段が高くなることで、家計の負担も大きくなります。

・後継者・引き継ぎ問題

少子化により農業関連で働く人が減るということは、若い人材も減少傾向にあるということです。若い人材がいないと、現在の農業ノウハウを次世代に引き継ぐことが難しくなります。日本の農業の質は非常に高いですが、後継者がいない現状では、質を維持することも難しいでしょう。

・新規参入しにくい現状

農業を新たに始める場合、農地の確保や農業用の機械の準備などで初期費用が高くなりやすいです。また農業のノウハウは長年の経験によるところが大きく、熟練者と経験が少ない人では農作物の質が大きく変わってしまうこともあるそうです。高額費用と経験を積む時間の長さが、新しく農業を始めることへのハードルを上げている要因のひとつではないでしょうか。

人手不足などの問題を解決しなければ、日本のおいしい野菜やお米を食べられなくなるかもしれません。こうした問題解決のため、農業にドローンを導入し、費用の削減をおこなう方法が実施されています。

日本の抱える深刻な農業問題とは

農業における主なドローンの活用方法

農業界ではドローンが活用され始めています。ドローンを使うことで、費用を大幅に削減することができるのです。ドローンが活用されている場面を3つご紹介します。

・農薬散布

今までは、無人のヘリコプターを借りて農薬散布する方法が多く、費用が高いというデメリットがありました。これを小型のドローンによる農薬散布に切り替えることで、費用を削減することが可能です。また今までよりも農作物の近くから散布することができるため、農薬の効果が向上することもあるでしょう。

・種まき

従来は機械を人が動かして種まきがおこなわれていました。しかし高齢者などが増加してきたこともあり、種まきにもドローンが活用され始めています。ドローンには自動飛行できるものがあり、事前に飛行ルートを登録することで操縦をしなくても種まきをおこなうことができます。

・害虫対策

佐賀県でドローンを利用した害虫駆除が試されました。農薬を使用せずにドローンに光源をつるして、よってきた虫を高圧電流によって駆除する方法です。農薬では駆除しきれない害虫もいるので、対策として有効でしょう。

農業における主なドローンの活用方法

農業革命!ドローンで農業を自動化する時代に

農業にドローンを活用すると農作物の管理も効率的おこなうことができます。ドローンで空撮をした映像を見て、雑草が生えているかどうかや農作物の成長具合を確認することができるのです。

ほかにもドローンに熱感知センサーを取りつけることで、農地の乾燥状況を把握できます。近赤外線を取りつければ、数値化した情報で成長具合を確認することも可能です。従来の経験で収穫時期などを判断するのではなく、数値化した情報で収穫時期を見極めることができます。

実際にドローンを利用して作られた、ドローン米と呼ばれるものも販売されているのです。新たに農業関連で仕事をしたいと考えている人も、安心できるのではないでしょうか。

農業にドローンを活用するために必要な準備

ドローンを農業へ導入しよう考えている人は、どんな準備が必要なのか気になっているでしょう。ドローンは使い方を誤れば、車と同じように事故が起きてしまう可能性があります。事故を起こさないためにはドローンを安全に飛行させる操縦技術や、法律の知識が必要になってくるのです。

たとえば都心部などは飛行禁止地域にあてはまります。もし農地が都心部付近にある場合は、地方航空局に飛行の許可をとらなければなりません。飛行禁止地域で申請せずに飛行させた場合、罰金などの処罰が科せられますので注意してください。

ドローンの知識や技術に不安がある人は、ドローンスクールに通ってみてはいかがでしょうか。操縦練習や正しい知識の習得だけでなく、操縦技能証明証を取得することができるスクールもあります。操縦技能証明証は、知識や操縦の技量を証明するひとつ手段になるので、取得しておくと許可申請時に役立つかもしれません。

農業にドローンを活用するために必要な準備

まとめ

ドローンは、農業が抱えている問題を解決するひとつの手段となっています。農薬散布や種まきなどは、ドローンを活用することで費用を大幅に削減できるというメリットがあります。ドローンは害虫対策や農作物の管理にも役立つので、農業にドローンを導入してみてはいかがでしょうか。

ドローンの操縦に不安がある人は、ドローンスクールに通ってみてください。操縦技術や飛行方法、法律の正しい知識、飛行場所によって必要な許可申請の方法などを学ぶことができます。許可申請で役立つ資格の取得もできますので、一度通うかどうか検討してみましょう。

SNSダミー

関連記事

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト