2018.11.14(水)

噂のスマートコンストラクションって?建築現場に革命をもたらす!

うわさのスマートコンストラクションって?建築現場に革命をもたらす

建築業界は人材不足などさまざまな課題を抱えています。そのため、課題を解決するために、いろいろな施策をおこなっています。

そのうちの1つにスマートコンストラクションというものがあります。建設重機を扱っているKOMATSUが始めた画期的なサービスです。

このコラムでは、スマートコンストラクションとはどんなものか、また活用するメリットなどを解説しています。現在、さまざまな問題を抱えている方にとっての、問題解決の手がかりになれば幸いです。

スマートコンストラクションってなに?

スマートコンストラクションとは、建設現場のサポートサービスです。建設現場の抱える人手不足などの問題を解消するための、さまざまな支援を受けられます。また、問題解決だけでなく、生産性の向上においても期待されています。現場に導入すれば、より効率的に工事をおこなえるようになるでしょう。

このサポートサービスは、2015年にKOMASTUという会社が開始しました。KOMATSUは建設重機を取り扱っている会社で、昔から建設現場の環境改善のために動いていました。KOMATSUの歴史は古く、創立は1921年までさかのぼります。

スマートコンストラクションが生まれた背景には、国土交通省のすすめる「i-Construction」とよばれる、建設現場にICTの導入をすすめるという施策があります。ICTとは、Information Communication Technologyの頭文字で情報通信技術という意味です。

建設現場へのICTの導入がすすめば、生産性は大幅に上がるといわれています。スマートコンストラクションは、このi-Constructionに準拠した施策なのです。

スマートコンストラクションってなに?

スマートコンストラクションの仕組みと効果

これまで人の手で作成していた建設現場のデータは平面の図面でした。しかし、スマートコンストラクションでは、立体的な図面を自動で作成することができます。

①立体的な図面の作成

これまで人の手で作成していた建設現場のデータは平面の図面でした。しかし、スマートコンストラクションでは、立体的な図面を自動で作成することができます。

②施工全体をシミュレーション

建設をおこなうときに必要な、施工開始から施工終了までの工程をシミュレーションすることで、施工内容を把握もできます。施工内容をシミュレーションするときに、建設期間や施工コストなど優先したいものを選択することで、施工期間や必要建機を自動で作成してくれます。

③経験の浅い人でもさまざまな工事ができる

従来の施工現場では、施工に関する知識や技術をもった人材が必要になっていました。しかし、経験が浅い方でもスマートコンストラクションとICT建機を利用することで、高度な施工をおこなうことが可能なのです。

④KOMATSUのサポート

現場で施工内容に修正が必要になったときは、KOMATSUのサポートセンターで設計を修正してくれるのです。その修正された内容は、現場の建機や工程を管理している機器に即座に反映されます。

スマートコンストラクションの仕組みと効果

スマートコンストラクションの主な導入事例

スマートコンストラクションがおもに使われている事例としては、河川工事、造成工事、道路工事などがあります。各工事で、具体的にどんな使われ方をしているのか紹介していきます。

・河川工事

河川工事の場合、水中の地面を掘るという作業もでてきます。しかし、水中の地面を掘るとき、実際どの程度掘っているのかを把握するのはとてもむずかしいです。もしかすると、掘りすぎてしまうおそれもあります。スマートコンストラクションでは、立体的なデータで施工管理がおこなわれているため、水面下の状況を把握しやすくなるのです。水面下の状況がわかれば、正確に地面を掘ることも簡単になるでしょう。

・造成工事

造成工事とは、地面を整えて物件を建てられるようにするための工事です。地盤を作るための工事なので、それなりの技術が必要になります。スマートコンストラクションを導入することで、管理された施工データから適切な指示を受けられます。指示通りに建機を動かすだけで、経験がない方でもきれいに作業を終わらせることも可能になりました。

・道路工事

道路工事では、傾斜のある場所で建機を使用しなければならないことがあります。この作業は、熟練された技術がなければ、事故のリスクなどが上がってしまいます。しかし、ICT建機を使えば、坂道などの複雑な地面もしっかりとデータ可できるので、高精度な作業をおこなうことが可能になるのです。

スマートコンストラクションの主な導入事例

新サービス「エブリデイドローン」にも注目

施工現場で最初におこなうことは、現場の測量です。従来の測量には、長い時間が必要でした。現場の広さによっては、人がチェックできないところがあったりもします。そこで登場したのが、エブリデイドローンです。このドローンは、ドローンメーカーであるDJI社が開発した機体です。

エブリデイドローンは、ドローンを飛行させるときの飛行ルートなどをワンタッチで作成することができます。また、従来7日程度かかっていた測量が、準備から終了までおよそ20分で完了させることもできるのです。

さらに、エブリデイドローンが取得したデータは、飛行を終わらせたドローンが戻ってきた段階で、データとして確認できるのです。スマートコンストラクションを活用するときには一緒に利用することをおすすめします。

まとめ

建設業界は人手不足や作業員の高齢化など、さまざまな課題を抱えています。スマートコンストラクションはそんな問題を解決するための革新的なアプローチのうちのひとつです。スマートコンストラクションを導入することで、建設業界の抱えていた課題の多くが解決できるのではないかといわれています。

たとえば、ICT建機を使用することで、今までは高度な技術が必要だった作業を、経験の浅い作業員でもおこなえます。また、ドローンなどを活用することで、従来時間のかかっていた作業の大幅な短縮などできるようになると期待されています。

スマートコンストラクションでは、ドローンが使われることもよくあります。今後、さまざまなサービスが展開されていくなかで、ドローンが使えることは有利に働くかもしれません。スマートコンストラクションに興味を持った人は、ぜひドローンスクールの受講も検討してみてください。

SNSダミー

関連記事

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト