2018.11.14(水)

入門機種から本格派機種まで!おすすめのドローンをまとめて紹介

入門機種から本格派機種まで!おすすめのドローンをまとめて紹介

ドローンを購入する際、さまざまなドローンの商品ページなどを見るかと思いますが、価格帯に幅があります。少しずつ調べていくうちに「安いドローンより高いドローンの方がいいのかな」と考える方も多いのではないでしょうか。

ドローンを選ぶとき、一番のポイントになるのは、「ドローンを使ってなにをするか」です。そのため、使用用途によっておすすめするドローンは変わっていきます。

このコラムでは、初心者から上級者までさまざまな用途にあったおすすめのドローンを紹介します。

ドローン入門におすすめ!「Tello」で遊ぼう

ドローンに興味を持ち「ドローンを飛ばしてみたい!」と思い立った方におすすめのドローンが「Tello」と呼ばれるトイドローンです。「Tello」は、価格帯が安価のためドローンの入門には最適といわれているのです。

【Tello】

ドローン入門におすすめ!「Tello」で遊ぼう

Photo by Amazon

ドローン入門に必要なのは、ドローンを飛ばす楽しさです。「Tello」はだれでも簡単に飛ばせるように設計されています。また、スマートフォンなどで直感的に操作できるほか、ジェスチャーなどでドローンを飛ばすことも可能です。

ドローン本体にカメラが搭載されているため、簡単な撮影や録画が可能です。しかし、ドローン本体が約80gと軽量なため、風のある屋外での飛行はおすすめできません。「Tello」を飛行させる場合は、風のない日の屋外もしくは室内でドローンを飛行させましょう。

ドローンをつくる?!「Air block 」はプログラミングも学べる

今はもう自分でドローンをつくる時代が来ていることをご存知でしょうか。ドローンをつくるというと少し大げさかもしれませんが、「Air block」というドローンはスマートフォンを使い操縦するだけでなく自分でプログラムすることで自動飛行が可能です。

【Air block 】

ドローン本体は、衝撃を吸収してくれるガードがついたプロペラ部分を組み立てることができます。各パーツが墜落時に外れるため、衝撃を逃すことができる仕組みになっています。

最大のポイントは、自身でプログラミングができることです。プログラム自体は難しいものではなく、ブロック状に分けられているプログラムをつなげていくことで、直感的にプログラムすることができるようにつくられています。

基礎知識がなくても、だれでも簡単にプログラミングに必要な基礎知識を楽しく学ぶことができます。ドローンを楽しみつつ、どのようなプログラムで飛んでいるのかを学びたい方にはおすすめです。

この性能で199g?!「Dobby 」の魅力

ドローンには重量があり、200g以上のドローンには「改正航空法 」という法律が適用されます。違反してしまうと罰金を科せられてしまうため、必ず確認しましょう。

【Dobby 】

Dobbyは、本体重量が199gの小さいコンパクトサイズで、ズボンのポケットに入るため持ち運びが簡単です。

搭載されているカメラは、静止画と動画を高画質に撮影できます。手振れ補正がついているため、なめらかな動画が撮影できます。Dobbyには自動で被写体を追跡する「フォローミーモード」が搭載されているのもポイントです。

操作はスマートフォンで操作できるほかに、ジャスチャーなどの手ぶりで離着陸を操作することが可能です。コンパクトで操作が簡単、そして「Dobby」ではさまざまなアングルからの高画質な撮影が可能です。

自撮りや集合写真を動画や静止画に残すことを目的としているため、女性やファミリー層にこのドローンは人気といわれています。

MAVIC PRO後継機種!「MAVIC 2 PRO」と「MAVIC 2 ZOOM」

MAVIC PROの完全後継機種として「MAVIC 2 PRO」と「MAVIC 2 ZOOM」が発売されました。このふたつには、それぞれに特徴があります。

【MAVIC 2 PRO 】

MAVIC PRO後継機種!「MAVIC 2 PRO」と「MAVIC 2 ZOOM」

Photo by Amazon

MAVIC 2 PROは、パワフルなセンサーを搭載することで、高品質かつ高画質な空撮が可能となり、色の細かな違いを映し出すことができます。MAVIC 2 PROは、フォーカス(絞り)を制御でき、自由自在に露出の調整をおこなうことができます。

「MAVIC 2 ZOOM」は、「MAVIC 2 PRO」の2倍ズームが可能とされており、安定した飛行をおこないつつダイナミックな空撮をおこなうことができます。

さらに「MAVIC 2 ZOOM」は、被写体と安全な距離を保ちつつ自動でズームを行い、被写体を追尾します。さらに、独自のズーム機能を使えば、独特の映像を撮影することが可能です。

「MAVIC 2 PRO」と「MAVIC 2 ZOOM」は、カメラの力を最大限いかせる風景などの自然を撮影する方におすすめのドローンです。

本格派ドローンがほしい人におすすめ!「Phantom 4 PRO」

「Phantom 4 PRO」はDJI社が販売する本格的ドローンのひとつです。

【Phantom 4 PRO 】

本格派ドローンがほしい人におすすめ!「Phantom 4 PRO」

Photo by Amazon

全方向の障害物を感知するセンサーにくわえ、2000万画素による4K対応動画の撮影と、静止画の連続撮影が可能とされています。

大きな機能のひとつに、「インテリジェントフライトモード」があり本格的な空撮をサポートする機能がたくさんあります。


・DRAW(ドロー)

ディスプレイ上にドローンの軌道を指で描くことにより、ドローンが高度を維持したまま自動で飛行します。これにより空撮に集中することが可能です。


・アクティブトラック

最新の認証システムを使うことで被写体を自動認識し、追尾します。被写体のスピードに合わせて自動的に調節されるため、なめらかな撮影ができます。


・タップフライ

ディスプレイをタッチすることで、自動的に障害物を避けながらドローンが飛行します。再度タッチするもしくはコントロールスティックを使うことで、ドローンの向きを変更することができます。


・ジェスチャーモード

送信機を使用せず、ジェスチャーなどの身振りで簡単に自撮りすることができます。

「Phantom 4 PRO」は、本格的な空撮に最適なドローンといわれています。空撮をする際の障害物認識はとても便利で、空撮に集中するためには必須の機能といえるでしょう。

プロ並みの空撮映像を撮影したい方にはおすすめのドローンです。

Parrot社の新ドローン「ANAFI」の実力とは

Parrot社から独自の新機能を備えたドローンが開発されました。

【ANAFI 】

Parrot社の新ドローン「ANAFI」の実力とは

Photo by Amazon

従来ではドローンの空撮は上空からの撮影しかできませんでした。しかしParrot社から発売された「ANAFI」は、4K対応動画を撮影でき、2100万画素の静止画が撮影できる180度回転するカメラを搭載しているのです。

180度回転可能なカメラを搭載しているため、従来では不可能だったローアングルの撮影が可能になり、新しい形の空撮の形が提供されています。ドローン本体は非常にコンパクトで、どこにでも持ち運ぶことができます。

従来のドローンとは違う新たな視点での撮影をおこないたい方には、このドローンがおすすめです。

おすすめできるドローンは人それぞれ!目的に合わせて選ぼう

さまざまなドローンを紹介しましたが、ドローンを選ぶポイントはその目的にあります。目的に合わせてドローンが搭載しているカメラの画質や機能を見比べ、選ぶことが重要です。

友達と楽しみながらドローンで撮影がしたい場合は、操作面などを重視し、スポーツや乗り物な、激しい動きを撮影する場合は、画質に合わせてAF(オートフォーカス)などがついているドローンがおすすめです。

まとめ

ドローンの進化は早く、さまざまな機能が備わっています。ドローンの進化によって、手軽に映画のような映像を撮影することができるようになりました。

しかし、ドローンの操縦は独特で慣れが必要といわれています。おすすめしたドローンの機体は価格がけっして安くはなく、せっかく購入したのに初日で墜落により故障させたくはないですよね。

いきなり高いものを購入するのではなく、まずは初心者用のドローンを操縦し慣れていくことをおすすめします。

また操縦を詳しく学びたいというかたは、ドローンスクールに通うのもおすすめです。ドローンスクールに通うとよりドローンを安全に楽しむことができるかもしれません。

SNSダミー

関連記事

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト