2018.11.12(月)

ドローンの「RTK-GPS」は普通のGPSとどう違う?メリットと導入方法

ドローンの「RTK-GPS」は普通のGPSとどう違う?メリットと導入方法

ドローンを使って仕事をする際に、重要となってくるのがドローンを正確に飛行させることです。とくに測量や空撮などでは、誤差数㎝も許されない場合もあるかもしれません。ドローンにはGPSを搭載することができるため、ある程度までは誤差を修正できます。

しかしGPSにも限界があるため万能とはいえません。そこで、いまGPSよりもパワーアップしたRTK-GPSというシステムが開発されています。今回はドローンとRTKの関係についてご紹介します。

普通のGPSとは違う?ドローンのRTK-GPSとは

ドローンとRTKの関係の前に、そもそもRTKとは何かということをご紹介します。RTK-GPSはリアルタイム・キネマティックのことです。GPSはカーナビやスマートフォンに搭載されているもので、宇宙にある衛星からの電波をキャッチして、現在地が地球上のどこにあたるかを示してくれます。

RTKでは従来のGPSとは違い、衛星からの電波をキャッチするだけでなく、地上にある基地局からの電波をカーナビやスマートフォンに送受信して、現在地を補足する衛星システムです。つまり、衛星からの情報に加えて、スマートフォンやカーナビが衛星とつながっている地上の基地局からも情報を合わせて解析し、現在地を補足することができます。

従来のGPSでは、現在地とスマートフォン上の情報では2m前後の誤差が発生するといわれていました。しかし、このRTK-GPSであれば、そのような誤差を改善することができます。ドローンを正確に飛行させるためには、大変便利な機能です。

普通のGPSとは違う?ドローンのRTK-GPSとは

RTK-GPSは測量に必須!ドローン測量について

RTK-GPS がドローンに搭載されると、どのようなことができるのでしょうか。たとえば、正確な位置情報を利用することで、荷物を待っている人のところにピンポイントで物資を運搬できます。ドローンと建物との間を正確に計測できるため、ドローンを使った点検作業などのときに、建物に衝突する事故も減少するでしょう。

なかでも、有効なのはドローンによる測量です。ドローンは測量において、便利なツールとされています。しかし測量の際には標定点と呼ばれる、測量する際の目印となる地上点を設定しなければなりませんでした。この標定点は最大40個まで設置が必要な場合があり、設置だけに多くの時間がかかります。

しかしドローンにRTK-GPS を搭載すると、測量に必要な標定点を最小限におさえることができるのです。またGPSよりも位置情報の誤差が生じにくいことから、より正確な測量をおこなえるようになります。その結果、GPSを使った測量に比べて、時間を削減することが可能で、また正確な測量をおこなうことができるのです。

ドローン測量を手軽に導入したいなら「Phantom4 RTK」

RTKは便利な機能ではありますが、すべてのドローンがRTKを搭載しているわけではありません。RTKに対応したドローンを購入する必要があるのです。RTK対応のドローンでおすすめなのが「Phantom4 RTK」です。

このPhantom4 RTK には、測量機能を最大限に活用するためにTimeSyncシステムが導入されています。このシステムにより、ドローンが撮影した写真に正確な情報を加え、測量データをカメラのレンズの中央に自動調整してくれます。つまり、測量中に生じたゆがみを自動で調整してくれるのです。空撮による測量方式のひとつである、写真測量方式の結果を最適化してくれる便利な機能といえます。

また専用のプロポ(コントローラー)には、従来の測量モードに加えて、GS RTKアプリが標準装備されているので、より簡単に測量をおこなうことができます。飛行計画や飛行速度などを設定しておけば、同じ飛行ルートを何度も飛行させることができます。

ドローン測量を手軽に導入したいなら「Phantom4 RTK」

ドローンに搭載できる「D-RTK GNSS」とは

GPSは、もともとアメリカが航空機や船舶などの航行を支援するものとして開発したものです。じつは、位置情報を送受信する衛星システムにはGPS以外にも、ロシアの開発したGLONASSやEUの開発したGalileo などがあります。これらの位置情報を送る衛星システムの総称がGNSSです。

このGNSSを利用したRTKがD-RTK GNSSです。これはドローンを販売しているDIJ社のA3シリーズというフライトコントローラーの機能として採用されています。このGNSSを利用したRTKは従来のRTKよりも大きなメリットがあります。

従来のRTKがGPSだけを使用していたのに対して、このD-RTK GNSSはGPSを含むGNSSを使用しているため、GPSの届かない場所でもRTK機能を使用できます。場所によっては、GPSよりも他の衛星システムの情報のほうが取得しやすい場所もあるため、GPSの受信状況に応じて場所を変える必要はなくなります。

またGPSまたGPSと他の衛星システムは一緒に使用することができるため、より位置情報の精度があがります。複数の衛星システムを使用して、現在地の情報を取得しているためです。

つまり、ドローンにD-RTK GNSSを搭載すれば、GPSの届かない場所でもより正確な位置情報を得ることができるのです。㎝単位の精度で位置情報を取得するため、飛行中に周りのものや人に衝突する事故も防ぐことができるでしょう。またより正確な測量や空撮にも役立ちます。

ドローンに搭載できる「D-RTK GNSS」とは

まとめ

ドローンを商業や工業用に使用するときに、ドローンを正確に飛行させてなければならない場合があります。とくに、測量の現場では数㎝単位の誤差もできるだけなくさなければなりません。

このような現場において、RTKはドローンを正確に飛行させるために大変便利な機能です。従来のGPSだけでは、限界だったレベルの誤差まで修正できるようになります。GNSSを導入すれば、さらに精度の高い飛行も実現できるでしょう。

ドローン測量を考えている方には、測量を助けてくれるTimeSyncシステムがおすすめです。ドローンにRTKを導入する際にはPhantom4 RTKを検討してみてはいかがでしょうか。

SNSダミー

関連記事

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト