2018.11.12(月)

ドローン操縦士の年収はどれくらい?安定して稼げる職種を紹介

ドローン操縦士の年収はどれくらい?安定して稼げる職種を紹介

ドローンを仕事で活用していることを耳にすることが増えてきました。空撮や測量でドローン操縦士は活躍しています。そこでドローン操縦士の年収が実際はどうなのか気になる人もいると思います。

今回はドローン操縦士の年収と実情や安定している職種はあるのかなどをご紹介しますので、ドローン操縦士を目指している人、操縦士の年収が気になる人は参考にしてみてください。

ドローン操縦士の平均年収はどれくらい?

ドローン操縦士の平均年収は300万円~500万円くらいといわれています。サラリーマンの平均年収が20代で350万円~40代550万程度といわれているため、大きな差はありません。

ただし、ドローン操縦士でもトップに近い位置にいる人の年収は年収1000万円を超える人もいるそうです。ドローン操縦士としてだけで稼ぐ人よりも、仕事の一環でドローンを扱う人の割合が多く、操縦士としてのみで活躍している人の割合は少ないです。

日本ではドローンを活用するためのプロジェクトを進めており、操縦士の需要は伸びていくことが予測されているので、今後は操縦士だけで稼ぐ人も増えていくかもしれません。

物流業界でもドローンを活用しようと検証が次々にはじまっており、実際には事業がはじまれば、ドローン操縦士の需要も増えていくでしょう。ドローン操縦士の需要が増えれば年収も増加するので、操縦士だけでの年収も大きく変わってくるのではないでしょうか。

ドローン操縦士の平均年収はどれくらい?

空撮業界の操縦士は飽和状態?年収はピンキリ

ドローンを活用した仕事でイメージしやすいのはテレビなどでもよく見かける空撮だと思います。これからドローンを仕事しようと考えている人の中には、空撮業界に参入しようと思っている人もいるのではないでしょうか。

しかし、空撮業界での操縦士の需要は現状低いです。ドローンが普及しはじめた当初に空撮を仕事にする人が多かったため、新たに新規参入しても仕事を受注するのも大変といえるでしょう。

空撮を依頼する場合に比較されるのが空撮の技量です。ドローンの空撮を依頼する場合に多いのが「○○さんに空撮をお願いしたい」というケースです。技量がある人を指名した業務形態が多いので、新規参入者にはとくに需要が低いといえるのではないでしょうか。

技量によって仕事の受注状況が変わるため、撮影料金も数万円の業者もあれば技量が高いフリーで活躍する人は数十万円ほどを稼ぎます。このことからもわかるように、空撮業界ではとくにドローン操縦士の年収幅がとても大きいため、新規参入するには難しい分野かもしれません。

空撮業界の操縦士は飽和状態?年収はピンキリ

ドローン操縦士で収入が安定している職種

ドローンで仕事をしたい考える人の中でも、安定性を求めている人もいるのではないでしょうか。ドローン操縦士の年収だけでなく、仕事の一環でドローンを活用する職種の方が年収は安定します。安定した年収を求める人に参考になる2つの職種をご紹介します。

測量士

ドローンの仕事の中でも安定している代表として測量士があります。測量の仕事の受注先が公的機関であることが多いため、年収も安定して確保できるといえるのではないでしょうか。また、測量現場によっては人が立ち入るのが困難な地形などもあるため、ドローンの需要も高いです。

ドローンを活用するメリットは短時間で作業ができることもひとつです。従来では人が測量したものをもとにデータ管理するため、時間がかかっていました。ドローンであれば一度に広範囲の空撮をおこない、データ化して3D図面を作成するまでの一連の業務を短時間でおこなえます。

インフラ点検

インフラ点検の業務も測量士同様に操縦士の需要が高く、受注先も公的機関になるため安定しているといえるでしょう。従来のインフラ点検では人の目視による確認などが行われていました。ドローンであれば空撮をもとに広範囲を確認できるため、時間短縮ができます。

また点検の都度に足場を建築してからの調査になるため、足場建築の費用がかかっていました。ドローンを活用することで足場の建築費用を削減することもメリットとなるため、ドローンの需要が高まっています。

手っ取り早くドローン操縦士になるためには

早く操縦士になりたいという人はドローンスクールに通うとよいでしょう。ドローンスクールでは操縦士に必要な飛行技術や飛行させるうえで守らなければならない法律などを学ぶことができます。

操縦士として仕事をするのであれば確かな技術が必要です。スクールでは基本的な飛行技術から実際の測量現場などに近い状況下での飛行練習や空撮練習をできます。実践に近い状況下で練習ができることがスクールの強みといえるでしょう。

ドローンを仕事で活用する場合にはさまざまな法律の規制対象となることもあるため、法律などについても正しい知識を身につけることが重要です。スクールではドローンに関する法律だけでなく、飛行させる場所によって必要な許可申請についても学ぶことができます。

また受講後には資格を取得することもできます。資格を持っていることが仕事で役立ち、ドローン操縦士として年収を確保するひとつの手段にもなるかもしれません。スクールに通うことも検討してみてもよいのではないでしょうか。

手っ取り早くドローン操縦士になるためには

まとめ

ドローン操縦士の平均年収300万円~500万円程度といわれています。ドローンビジネスは日々増えているため、ドローン操縦士の需要は現在よりも今後の方が増えていくと思われます。

それは物流業界をはじめとしたさまざまな分野での活用が検討されていることや、政府も力を入れているプロジェクトがあるからこそ期待されています。

ドローン操縦士を目指す人はドローンスクールに通うのもひとつの手段です。スクールで操縦士に必要な飛行技術や法律などの知識を習得できます。

また資格を取得することもできるので操縦士としての強みになると思います。スクールを有効活用して、夢のドローン操縦士を目指してみはどうですか。

SNSダミー

関連記事

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト