2018.11.12(月)

脱サラ農業はどうして人気?!ドローンを活用して成功させよう

脱サラ農業はどうして人気?!ドローンを活用して成功させよう

農家と聞くと、高齢者が多いイメージがあるかもしれません。しかし、近年では20代~30代の若い世代が農業をはじめる「脱サラ農業」が増えてきています。

若い世代が農業をはじめることによって、従来の農業界の課題であった「生産性」が上がっているそうです。このコラムでは、なぜ今若い世代に農業が人気なのか、そして近年話題の「スマート農業」について解説します。

なぜ人気?脱サラ農業の魅力とは

近年では、20代~30代の会社員が会社を辞めて、新しく農業をはじめる「脱サラ農業」をしている方が増えています。脱サラ農業の魅力は人によってさまざまですが、新たに支給されることとなった「青年就農給付金」を利用してはじめる方が増えているようです。

農業をはじめる方のなかには、土いじりが好きな方や、草抜きがストレス解消になるから好きという方も多くいます。現代社会のストレスや圧迫感から解放されるとともに、農業をすることで達成感が得られることが、おおきな魅力のようです。

なぜ人気?脱サラ農業の魅力とは

脱サラ農業に向いている人・失敗する人の特徴

脱サラ農業で重要なのが社交性です。農地を借りる場合や種などを譲ってもらうときに、社交性が大きくかかわってきます。さらに農業で収入を得る場合には販路が必要です。この販路を教えてもらう場合に、社交性が求められます。

脱サラ農業を成功させるためには、社交性だけでなく行動力も必要です。思ったことをすぐ行動に移せる人が成功しやすいといわれています。そして、なにより一番大事なのが「農業が好き」という気持ちです。

脱サラ農業に必要な準備と資金

脱サラ農業をはじめるのに必要な資金は、約700万円~800万円だといわれています。これはハウス栽培などすこし大き目の規模を想定した金額ですが、場合によっては数十万円ではじめる方もいるそうです。

近隣の農家から農機を借りることや種や肥料などを譲ってもらうなどの工夫することで新たに農業をはじめる必要な資金を抑えることができるといわれています。

脱サラ農業を成功させるには?補助金制度も活用しよう

脱サラ農業が人気になりはじめたのは、2012年に開始された「青年就農給付金」がきっかけだといわれています。従来では、農業をはじめるには高額な費用が必要なため、若い世代では準備できる金額ではありませんでした。

青年就農給付金は若い世代の就農と生活の安定を目的に開始されました。その内容は、就農前の研修期間と経営が不安定になりやすい就農直後に、給付金が支給されるというものです。

45歳未満であれば、最長2年間の研修期間は年間150万円支給されます。研修期間終了後、経営が不安定なため安定するまでの最長5年間最大150万円支給されます。

規約などもあり、最低でも1年以内に農業に就農することや最低でも5年間は農業を続けることなどがあります。農業をはじめたい若い世代からするとこの給付金がおおきなきっかけといわれています。

しかし青年就農給付金を活用するだけでは農業は成功しません。農業を成功させるコツはしっかりとした研修をうけることです。飛び込み本番で農業を開始し、コミュニケーションや人脈を駆使して成功する方はほとんどいません。

農業は、経験やテクニックと知識がかなり必要だといわれています。その知識などは実際に農業をされている方から学ぶのが一番です。

そのため、青年就農給付金を利用ししっかりと研修をうけ知識と技術を身につけておくことが、重要なコツだといわれています。

脱サラ農業に必要な準備と資金

話題のスマート農業って?ドローンを活用して効率アップ

近年では若い世代が新しく脱サラ農業をはじめるのが増えてきていますが、それにともない新たな技術が農業に導入されつつあります。現在、農作業へドローンを使う「スマート農業」が一部でおこなわれています。

スマート農業では、ドローンを使い種まきや農薬散布などをおこない作業を効率化させます。これにより、農作業における課題の労働力不足を補うことができます。そのためスマート農業では、今まで以上の生産性と省力化を図っています。

農業用ドローンを紹介!使用に必要な準備とは

脱サラ農業でドローンを農業に導入するにはいくつかの準備が必要です。現在ドローンには「改正航空法」という法律と規制によっていくつかの飛行が禁止されています。

さらに、ドローンで農薬を散布する場合には農林水産省から発行される「農薬を散布する小型無人飛行機操作の認定」が必要です。改正航空法と規制で定められている飛行に、ドローンからの物資投下禁止とドローンでの危険物輸送禁止があります。

ドローンからの物資投下禁止とドローンでの危険物輸送を国土交通省へ申請し許可を得ることでこれらの飛行が可能となります。

また、現在ではさまざまな形でドローンが導入されつつあり需要が高まっています。そのためドローンスクールでは、短期間でドローンの操縦に必要な知識と技術を習得することができます。さらに、ドローンスクールでは操縦技能証明証といった民間資格が発行されます。

この資格を持っていることで、改正航空法や規制の飛行許可申請の審査を通りやすくなります。農業で使うために開発されているドローンは3種類です。


・AGRASMG-1

MG-1は約10リットルの農薬や肥料を載せることができ、最高時速が約20㎞まで出すことができます。これにより、1回のドローン飛行で、約1ヘクタールの面積を効率よく散布できます。


・AC1500

AC1500は約9リットルの農薬や肥料を搭載できます。さらに、非常にパワフルで容量の大きいバッテリーを搭載しているため、広範囲を効率的に散布できる仕組みになっています。


・X-F1

X-F1は10リットルの農薬や肥料を搭載できます。1回のドローン飛行で、約1ヘクタールの面積を効率よく散布できます。非常に安定した飛行が可能なため丁寧な散布をおこなうことが可能です。

農業用ドローンを紹介!使用に必要な準備とは

まとめ

近年では、20代~30代が働いている会社を辞め「脱サラ農業」をはじめる方が増えています。その背景には、青年就農給付金の支給が開始されたことがおおきな理由だといわれています。

現在の農業界では、スマート農業といわれるIT技術などを用いた方法が導入されつつあります。スマート農業には、ドローンが用いられており作業の効率化などで活躍しているのです。

ドローンを農業で使用するには、ドローンスクールで取得できる資格と農林水産省から取得できる農薬を散布する小型無人飛行機操作の認定が必要です。

これから農業をはじめる際には、一度最寄りのドローンスクールをのぞいてみてはいかがでしょうか。

SNSダミー

関連記事

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト