2018.11.09(金)

Bebop 2 Powerで空撮をしよう!最大限楽しむための機能とは

Bebop 2 Powerでスマートな空撮をしよう!最大限楽しむための機能とは

今回この記事で紹介するのは、Parrot社の新作ドローンBebop 2 Powerについてです。この機種は、リアルな飛行体験を味わえるFPV機能を利用可能なドローンです。すでにご存知の方も多いと思いますが、FPVとは一人称視点のことです。

ドローン本体に搭載されているカメラからの映像をもとに操縦することができるので、自分が上空を飛んでいるような感覚を味わうことができます。今回は、FPV機能が利用可能なBebop 2 Powerについて、前作のドローンと比較しながら紹介していきます。

Bebop 2 Powerってどんなドローン?

Bebop 2 Powerの飛行時間は、バッテリー1つあたり約30分です。バッテリーは2つ搭載することが可能なため、合計で約60分の飛行が可能です。前作のBebop 2 では1つのバッテリーでの飛行時間が約25分でした。前作に比べ、飛行可能時間が改善されています。

飛行可能範囲はコントローラから約2キロまでとなっています。またBebop 2 Powerはスポーツモードを搭載しており、飛行速度はその機能を使うと時速65キロほど出すことができます。向かい風の状況でも時速60キロくらいまで出すことが可能なようです。

ほかにも、Bebop 2 Powerにはインテリジェントフライトモードが搭載されています。その機能を使うことによって、ワンクリックで360度のパノラマ映像の撮影が可能です。また、撮影画像の画質も向上しました。ゆがみも補正が可能なので、鮮明な画像の撮影をおこなうことができます。

Bebop 2 Powerは耐久性も優れています。ドローン本体の素材にはカーボンファイバーとグリラミドの混合素材が用いられています。この素材は高い耐久性が求められる自動車にも採用されているものです。この素材を採用することによって、高い耐久性と軽量化を実現しています。

また飛行中にドローンの位置が分からなくなってしまった場合などに、自動的に離陸地点に戻ってくる機能を搭載しています。飛行の際にフライト距離が制限できる機能も搭載されており、見失う危険性も低いです。

Bebop 2 Powerの機能とできること

Bebop 2 Powerに搭載された機能についてさらに詳しく説明していきます。最初にご紹介するのは、follow Me機能についてです。この機能は画像認識技術とスマートフォンのGPSデータ追跡技術を使用します。

操縦者がランニング、カヌーなどをおこなっている際など、自分で操縦するのが難しい場合に自動的に追従して撮影する機能です。手元にドローンと接続されたスマートフォンがあれば、ドローンが自動的に操縦者を追跡します。ドローン操縦によって手がふさがることがないので、安全ともいえます。

また、ドローンに搭載されているPERFECT SIDEモードを利用すれば、ドローンにどの方向から自分を撮ってほしいのかを決めて設定することができます。認識できるのは、操縦者の横顔です。左右どちらかの横顔を認識させ、ドローンに登録することによってこの機能の利用が可能になります。

登山をしている自分の撮影をしたい場合は、CLIMBモードを使用すれば縦方向を移動も追跡することが可能です。この技術はBebop 2 Powerを販売しているParrot社の特許技術だそうです。

ほかにもTOUCH&FLY機能があります。ドローンに接続されたスマートフォンの専用アプリ上で、ドローンを移動させたい場所を地図から選び、タップするだけでその地点にドローンを移動させる機能です。直感的に操作ができるのはうれしいですね。

Bebop 2 Powerの機能とできること

FPVセットで使い道はさらに広がる!

Bebop 2 Powerを使用してFPV飛行をおこなう際の注意点を取り上げていきます。Bebop 2 Powerには、FPV飛行を可能にするためのヘッドマウントディスプレイが標準でついています。ヘッドマウントディスプレイは、ゴーグルのようなものです。

着用するとドローンに搭載されているカメラからの映像を見ることができるようになり、自分が飛んでいるような感覚で操縦をおこなうことができます。ドローンを目視で確認したい場合、ダイレクトビューモードに切り替えます。ダイレクトビューモードでは、送信機に接続されたスマホの視点からドローンを確認できるようになっています。

そのため、ドローンの位置を確認したい場合にいちいちヘッドマウントディスプレイを外す手間がなくなります。飛行中に直接撮影している映像を見ることができるため、いい映像を撮ろうと考えている方にとってFPV飛行は必須の飛行方法といえるでしょう。

しかしFPV飛行は、操縦にあたっていくつか注意点があります。最初の注意点は、FPV飛行をおこなうには資格が必要となるということです。Bebop 2 Powerを購入して、ドローンについて何の知識もないまま飛行させることはできません。

FPV飛行の際には、映像の送受信のために5GHz帯の電波を使用します。その電波を使用するためには、アマチュア無線4級以上の資格が必要です。そのため、無資格のまま飛行させることは違法行為となり、刑罰の対象となりますので注意しましょう。

また、ドローンを飛ばす場所によっては使用許可の申請が必要になる場所もあります。一例として空港の周辺や、重要文化財の周辺で飛ばす場合は許可申請が必要です。また地域によっては、条例で公園や河川敷での飛行を禁止しているところもあるので確認が必要です。

FPVセットで使い道はさらに広がる!

もしもに備えてドローン保険に加入しよう

Bebop 2 Powerはリターンホーム機能やジオバリア機能など安全対策のための機能を多数搭載していますが、突発的な事故や故障をすべて避けることは難しいでしょう。

とくに野外でドローンを飛ばす場合、突然突風が吹くなど天候が変わることも想定されます。ドローンが故障、誤動作して事故を起こしてしまったり、墜落して使えなくなってしまったりすることが起きないとも限りません。そのような不測の事態の備えとしてドローン保険に加入することをおすすめします。

ドローン保険には主に、2種類のタイプがあります。1つは賠償保険、もう1つは機体保険です。賠償保険では、ドローンの使用にあたり、人、所有物などにけが、損傷、損害などを与えてしまった場合にその費用をカバーするためのものです。

操作ミスによって通行人にけがを負わせた場合に賠償金を補てんする対人賠償保険、機体の落下等により他人の持ち物を損傷させた場合に備える対物賠償保険などがあります。

もう1つの機体保険は機体にかける保険です。機体が損傷を受けた場合の修理代や、行方不明になった場合の機体の捜索、回収費用などをカバーするためのものです。ドローンを操縦する際に事故が起こらないとは限りません。万が一事故が起こってしまった場合のことを考えて、賠償保険、機体保険双方ともに加入することをおすすめします。

まとめ

Bebop 2 Powerは飛行性能が向上し、FPV機能も搭載されているドローンです。follow Me機能やPERFECT SIDEモードなど、便利な機能を搭載しているので空撮だけでも楽しむことができます。Bebop 2 Powerを最大限活用し楽しんでいくためにも、ドローン保険の加入を検討していただき、安全安心なドローンライフの一歩としていただくことをおすすめします。

また、Bebop 2 Powerを操縦するには、高度な操縦技術とドローンに関する知識が求められます。ドローン関連の知識や技能を独学で身につけるのは大変です。ぜひドローンについての専門知識を学ぶことができるドローンスクールに通い、操縦技術と知識を取り入れることをおすすめします。

SNSダミー

関連記事

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト