2018.11.08(木)

新技術!これまでの常識を覆すドローンでの鉄塔点検とは?

新技術!これまでの常識を覆すドローンでの鉄塔点検とは?

絶景の撮影はもちろん、建設現場や農薬散布、救命作業など幅広い分野で活躍しているドローン。そんなドローンが活躍できる新たな分野はたくさんあります。ドローン活用のひとつに鉄塔点検でドローンを使おうとする動きが広がっているようです。従来の鉄塔検査は手間がかかり、危険を伴う作業です。

その作業にとって代わるものとしてドローンの活用が期待されています。今回の記事では、ドローンで鉄塔を点検することの利点、欠点をご紹介します。また、実際にドローン送受するために必要な準備についても解説していきます。

鉄塔点検でドローンが活躍!点検方法と仕組み

鉄塔点検では人が鉄塔に登り、目視で必要箇所の点検をおこなうのが通常でした。現在もこの方法で点検をおこなっている場合がほとんどですが、目視点検には、墜落などの事故のリスクがあります。また作業員の人件費がかかるというデメリットもあります。目視では主に送電鉄塔に異常がないか、ガイシ(電線と絶縁部分をつなぐ器具)に異変はないかの確認をおこなっています。

ドローンでの鉄塔点検では、これまで人の目での作業にとって代わるものです。ドローンに搭載されたカメラで対象部位の撮影を行い、その映像を解析し点検をおこないます。目視作業では作業者によって技量に差が出ますが、ドローンによる点検では撮影映像を元に皆で点検項目を確認することが可能なため、作業者によるばらつきを防ぐことができます。

またドローン操縦技術にばらつきが出ることを防ぐため、ドローンを自動飛行させ自動的に撮影させる技術の導入もすすめられています。さらに、鉄塔のサビや腐食などの異常箇所を自動で検知し知らせることもできます。撮影したデータを解析する際に錆びや腐食、ボルトのゆるみなどを検知し自動で表示してくれるのです。

鉄塔点検でドローンが活躍!点検方法と仕組み

ドローンを鉄塔点検に導入するメリットとは

点検によるメリットは、上記で触れたように点検作業のばらつきを防ぐことができることです。従来の方法では作業者が直接目視で見て検査しています。その反面、ドローンによる鉄塔点検は撮影した写真データを元に検査がおこなえるため、見落としや見間違いなど作業者のケアレスミスを防ぐことが可能です。また、作業者が誤って転落してしまうなどの労災リスクを避けることもできます。

さらに、人が点検する方法では人件費がかかります。ドローンによる点検は人件費の削減に貢献できます。作業員を投入しての点検は点検作業に多くの手間がかかりますが、ドローンによる点検は容易に点検をおこなうことができるのです。そのため、メンテナンス作業をおこなうべきタイミングをスムーズに見極めることもできます。

ドローン点検ならではの問題点も多く残る

上記で説明したように、ドローン点検は従来の点検方法に比べて多くのメリットがあります。しかし、ドローンによる鉄塔点検にもデメリットがあります。そのひとつが天候に左右されることです。ドローンは自然環境の影響を多大に受けます。風が強い日や雨が降っている日などは点検に適しません。水滴が撮影カメラについてしまうと鮮明な映像を撮影できない可能性もあります。

ドローンを点検に使うには天候に大きく左右されるということを覚えておきましょう。また、ドローンによる点検のデメリットとしては、1回あたりの飛行時間が短いことがあげられます。ドローンは機体に搭載されたバッテリーを動力に飛行しています。当然、バッテリーが切れたら飛ばなくなります。ドローンのなかにはバッテリーが切れそうになる場合、自動で離陸地点に戻ってくる機種もあるため、そのような機種を選ぶのもよいでしょう。

バッテリーの持ち時間は1回あたり30分程度の機種が多いです。そのため、30分以上点検作業に時間がかかる場所には向きません。もちろん、バッテリーを複数持参してバッテリーが切れたら戻り、取り換えまた飛ばすという作業をおこなえば点検をおこなうことも可能です。ドローンを鉄塔点検に使用する際にはバッテリーの減りが早いということを頭に入れておきましょう。

ドローン点検ならではの問題点も多く残る

ドローンによる鉄塔点検に必要な準備

ドローンによる鉄塔点検にはドローンの操縦技術と知識が必要です。ドローンのなかには全自動で検査をおこなってくれるものもありますが、天候の影響で飛行に影響が出るなど、不足の事態に対応できるようにしておくことが必要でしょう。ドローンの操縦技術はなかなか独学では身につけることができません。

ドローンの操縦技術と取り扱うのに必要な知識を教えてくれる機関にドローンスクールがあります。ドローンスクールでは、操縦技術やドローン運用に必要な知識を学ぶことができます。基本的にドローンを操縦するのには免許は必要ありません。

しかしドローンを飛行させる場所によっては許可申請が必要なところがあります。ドローンスクールに通い、決められたカリキュラムを修了すると、使用許可を申請する際に使用できる資格を取得することができます。ドローンを鉄塔点検に使いたいと考えられている方は、とっておいて損はないでしょう。

まとめ

ドローンによる鉄塔点検の技術はかなり進歩してきています。従来の目視による点検に代わって、ドローンによる点検が多く使用されることも期待できます。ドローン操縦の自動化も進んでおり、人間が手を加えることなく点検か所の撮影をおこなえるドローンも登場しています。また、撮影したデータを自動で解析し、不良箇所を判断してくれるので作業者によるケアレスミスも防ぐことができるでしょう。

ドローンを仕事に導入するには知識と、操縦技術が求められます。ドローンの専門機関であるドローンスクールに通い、ドローンについての知識技能を身につけましょう。そうすることによって安全にドローンを仕事で運営することにつながります。

SNSダミー

関連記事

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト