2018.11.08(木)

ドローンが建設現場を救う!ICT導入の知識とメリットについて

建設業界にドローンはかかせないものなる!?導入メリットを解説

肉体労働の多いイメージの建設業ですが、近年はITを取り入れる方向にむかっています。その中でも注目されているのが、ドローンを建設に活用することです。

ドローンを導入することによって、建設業界が抱える人員不足や作業の非効率などの様々な問題を解決できるといわれています。この記事では、ドローンを建設業に取り入れるうえでのメリットや大切な知識について解説していきます。

国交省が掲げるi-Constructionとは

i-ConstructionはICTを活用して、施工の生産効率を高める取り組みです。ICTとは測量・設計・施工・検査の作業を三次元データ化しておこなうなど、建設にテクノロジーを導入する動きです。現在、建設業界は低賃金化による人員不足で、生産性が上がらないという問題を抱えています。

そんななかで建設にICTを取り入れることで効率化を進めることが、i-Constructionの狙いになります。また建設業は他の業界に比べると、死傷事故が多い仕事です。そんななかで自動化により、いかにリスクを減らすことが注目されています。

今さら聞けない…「i-Construction」ってなに?

建設現場にドローンが欠かせない理由

i-Constructionによって、建設現場にドローンを活用する動きが注目されています。この章では実際の活用方法と、そのメリットについて解説していきます。

危険な場所の点検も安全にできる

点検にドローンを活用することで、たくさんのメリットがあります。ドローンに搭載されている空撮カメラを使って、高所から工事写真を撮影することができます。高所での作業は、転落事故の危険性が高いです。ドローンを活用することで、こういった事故の危険性を無くすことができます。

作業時間とコストを削減できる

以前までの測量は、人の足でおこなわれていました。ドローンのITカメラで測量をおこなえば、従来一週間かかっていた測量を半日~一日で終わらせることができます。短時間に測量を終わらせることで、コスト削減につながります。

工事の進捗状況を管理しやすい

ドローンは建設現場の状況把握にもつかえます。空撮を使って、建設現場を観察することで、作業員の様子や作業の進捗状況を確認することができます。作業員の動きや現場の状況を把握することで、現場の問題解決につなげることができます。

ドローンの導入に必要な知識と技術

導入することで、建設現場に様々なメリットを与えるドローンですが、実際に操作するにあたって、様々な知識が必要になります。この章ではドローンと建設に関する知識について、解説していきます。

航空法や安全管理の知識

ドローン飛行は条件によって、航空法の規制対象になる場合があります。特定の時間帯・高度・場所によって飛行を禁止されているので、航空法についてしっかり理解しましょう。もっと詳しく知りたい方はこちらのページに詳細が記載されているので、参考にしてみてください。【ドローン飛行のルールを総括!代表的なルールから細かなルールまで

またドローンは電波や風など、まわりの環境から影響を受けやすい機械です。安全の為に、ドローンの特性と弱点をしっかりと勉強することが大事になります。

操縦技術や飛行経路設定

ドローンの安全飛行には、操縦技術と知識が必要になります。建設業に使われるドローンは200g以上のものが、ほとんどです。上空から人にぶつかれば、大怪我につながります。建設現場はたくさんの作業員が行き交っています。

ひとつの操作ミスが人身事故につながるので、しっかりとした操縦技術を身につけましょう。他にも人身事故を避ける為に、作業現場内の飛行経路設定をおこなう技術が必要になります。

建設に関する知識

ドローンを導入するには建築に関する専門的な知識が必要になります。まずは測量の知識です。測量をおこなう際には国土交通省への許可申請をとる必要があります。許可申請には飛行日と飛行経路といった、飛行スケジュールを提出する必要があります。

安全で計画的な飛行スケジュールでないと許可申請はおりないので、安全に効率よく測量データを収集できる経路を設定できる知識が必要です。データを集めたら、次に空撮写真を3Dデータ化する作業をおこないます。その際に、3次元点群テータを図面化する知識が必要になります。

次に必要になる知識は点検についての知識です。実際の現場でドローンを使って、点検をおこなう際に打音点検と空撮映像による点検があります。操縦者自身の目や耳で、点検箇所の不具合を確認できる、知識が必要になります。

このようにドローンを建設に導入するにはたくさんの専門的な知識が必要になります。このような知識を学ぶにはドローンスクールに通うことをおすすめします。次の章ではドローンスクールについて解説していきます。

建設業界にドローンを導入するメリット5つ

ドローンスクールを受講するメリット

ドローンの飛行には航空法や電波法といった、専門的な知識が必要になります。こういった知識を独学で学ぶのは、簡単ではありません。知識を学ぶには、ドローンスクールに通うことをおすすめします。

講師の方から直接知識を学ぶことができるので、しっかりとした知識取得に繋がります。実技の講座もおこなっているので、操縦技術を学ぶことができます。またドローンスクールには資格を取得する為のコースがあります。

資格を取得すると、国土交通省への飛行許可申請がおりやすいメリットあります。またi-Constructionに関わる、測量・設計・施工計画・施工・検査についての技術を学べるドローンスクールもあるので、ドローンを建設にいかしたい方は是非通ってみてはいかがでしょうか。

建設向けドローンと導入に必要な準備

まとめ

i-ConstructionはICTを活用して、施工の生産効率を高める取り組みです。ICTとは建設にテクノロジーを取り入れることです。建設業界は、低賃金化による人員不足の問題を抱えています。ICTによりこういった問題の解決が期待されています。

そんな中で、ドローンを建設に活用されています。点検・測量・現場の条件管理の作業をドローンを使っておこなわれています。ドローン活用することで、安全により短時間で作業をおこなうことができるようになりました。

ドローンを実際に飛行されるには、様々な知識が必要になります。ドローンの飛行は航空法で厳しく規制されている為、しっかりと理解している必要があります。またドローンが周辺状況の影響を受けやすいので、安全管理についての知識を学ぶ必要があります。

こういった専門的な知識を独学で学ぶのは難しいです。知識を学ぶには、ドローンスクールに通うことをおすすめします。また実技の講座もおこなっているので、操縦技術を学ぶことができます。

(この記事は2019年5月14日に加筆・修正しています)
SNSダミー

関連記事

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト