2018.11.07(水)

ドローンの資格は仕事に必要?取得するべきライセンスを職種別に紹介

ドローンの資格は仕事に必要?取得するべきライセンスを職種別に紹介

近年では趣味でドローンを活用する人も増えてきており、ドローンはより身近なものになりつつあります。そんなドローンですが、ビジネスでの活躍が期待されています。

そのため、今後を見据えてドローンの資格を取って仕事につなげたい方もいるかもしれません。この記事ではドローンの資格と仕事について解説していきます。ドローンを仕事で使おうと考えている方や、ドローンの資格や職種が気になるという方は、ぜひとも参考にしてみてください。

ドローンの仕事をするためには資格が必要?

ドローンには、免許制度や国家資格のようなものがありません。そのため、法律で定められたルールさえ守っていれば、資格がなくともドローンを飛ばすこと自体はできます。しかし、ドローンで仕事をするとなると資格が有利になってくるケースがでてきます。

ドローンで仕事をおこなう際、仕事の内容によっては飛行が規制されている場所でドローンを飛ばすことがあります。飛行規制がある場所での飛行は、事前に国土交通省への申請が必要です。仕事をするたびに許可申請をするのは、どうしても時間のロスになってしまいます。

そこで資格を所持していれば、ドローンの知識や操作技術の証明となり申請をいくつか省略でき、よりスムーズに仕事がおこなえるようになります。また、クライアントからの信頼感にもつながるため仕事を獲得しやすくなるのです。

資格を取るだけでは仕事は手に入らないのが現状

ドローンは、さまざまな業界の問題点を改善してくれるかもしれない存在として大きな注目を浴びてきています。しかし「ドローンの資格を取るだけで仕事ができるようになるか」というとそうでもないのが現状です。ドローンの資格を仕事につなげるには、ドローン以外の職の資格や知識も必要になってきます。

ドローンは、既存の仕事で人間がやっている作業をドローンに置き換えられるかもしれないという点で注目されています。つまりドローンは多くの場合、既存の仕事の延長線上として必要とされているのです。そのため、それらの仕事でドローンを使って活躍したいとなると、ドローンの資格だけでなくその仕事の知識や資格も必要になります。

ただ、ドローンを使って仕事をするというのであれば、ドローンの資格は決して無駄にはなりません。次の章では、ドローンの資格についてお話していきます。

ドローンを仕事にするならまずはこの資格を取ろう

ドローンには免許制度こそありませんが、いくつかの資格があります。ドローンの資格は仕事をするうえで大きな助けとなるでしょう。この章では、ドローンの資格についてご紹介します。ドローンを仕事で使いたいと考えている方はぜひとも参考にしてみてください。

・無人航空機操縦技能

無人航空機操縦技能とは、安全運航管理者養成スクール「JUIDA」で取得できる資格です。資格取得の過程でドローンの基礎的な知識と操縦技術を学ぶこともできます。

・無人航空機安全運行管理者

無人航空機安全運行管理者は「JUIDA」で取得できる法律についての資格です。この資格取得には電波法、航空法、道路交通法、などのドローンの飛行に関する法律に精通している必要があります。この資格があれば、仕事を探すときに企業にドローンを操作するのに必要な知識を持っていることを証明できます。

・無人航空機安全運行管理者

無人航空機安全運行管理者は「JUIDA」で取得できる法律についての資格です。この資格取得には電波法、航空法、道路交通法、などのドローンの飛行に関する法律に精通している必要があります。この資格があれば、仕事を探すときに企業にドローンを操作するのに必要な知識を持っていることを証明できます。

・ドローン操縦士回転翼3級

ドローン操縦士回転翼3級はドローン操縦士の操縦技術と知識の向上を目的とした協会「DPA」で取得できる資格です。現時点では3級までしかありませんが、順次新しい級が作られていく予定の資格です。

・DJIスペシャリスト

DJIスペシャリストは世界的大手のドローンメーカー企業の「DJI社」で取得できる資格です。取得には「DJI社」の操縦者育成プログラムを受ける必要があります。プログラム過程の座学では安全基準、禁止事項、ドローン飛行に関係する法律、電波に関する知識、「DJI社」の製品について学びます。仕事の際にDJI社のドローンをメインで扱う場合は、ぜひとも取っておきたい資格の1つです。

ドローンを仕事にするならまずはこの資格を取ろう

ドローンが活躍している職種と必要な資格

実際に、ドローンの仕事ってどんなものがあるのかと疑問に感じる方も多いのではないでしょうか。仕事の内容によっては、ドローン以外の資格も必要になることがあります。この章では、ドローンが活躍する職種と必要な資格について解説していきます。

・空撮

ドローンが活躍する仕事で代表的なものは空撮です。空撮とは、ドローンを使い上空から写真撮影をおこなう「空のカメラマン」ともいえる職種です。空撮をするだけであれば、基本的に資格は必要ありません。しかし、クライアントの依頼によっては飛行規制エリアでの空撮を求められるケースもあるので、資格があると許可申請の手間が省けます。

・測量

ドローン測量とは、ドローンの空撮映像から建築物や土地、危険エリアなどの測量をおこなう職種です。ドローンの操縦技術だけではなく、測量士としての資格・技術が求められます。

測量士の資格のほかにも、使用するドローンの周波数によっては第3級陸上特殊無線技士が必要です。第3級陸上特殊無線技士を取得していれば、周波数の高い大型産業用ドローンを扱えるようになります

・インフラ点検

高速道路、トンネル、ダムなどのインフラを点検する職種です。基本的には特別な資格は必要ありませんが、侵入の困難な狭い場所や崩落の危険がある場所で調査をおこなうため、正確な飛行技術が求められます。

また、ドローン測量士と同様に大型産業用ドローンを扱う場合もあるので、第3級陸上特殊無線技士が必要になることもあるようです。

・農業

ドローンを利用した農薬散布はかなりの時間短縮になるので農業で注目されています。しかし、ドローンで農薬散布をする場合には「産業用マルチローターオペレーター技能認定」が必要になります。

技能認定では、資格を取った機種のみで農薬散布ができるという扱いになります。そのためほかの機種で農薬散布をする場合は、その機種の技能認定を別途取得する必要があるので注意しましょう。また、取り扱う農薬によっては農薬管理指導士などの資格も必要です。

ドローンはさまざまな職種での活躍が期待されています。しかし、必ずしもドローンの資格が直接仕事につながるわけではありません。各職種の知識や資格がなければ、ドローンで仕事をするというのは難しいことです。

今後ドローンの活躍が期待される仕事とは

ドローンには、さまざまな可能性が期待されています。ドローンを導入することで作業の効率化と人件費コストの削減が期待されています。この章では今後ドローンの活躍が期待されている仕事について解説していきます。

・屋根や外壁の点検

ドローンで屋根を点検するのにはさまざまなメリットがあります。屋根に登らないことで落下事故の防止になります。また人が踏み入らないことで屋根を踏み抜いてしまう心配もなくなります。また、外装点検の際も足場を組む必要がなくなるため、コストと時間がカットできるメリットがあります。

・林業

林業においてドローンは、森林の資源調査や測量などで使われます。ドローンで空撮をすることで人の足では調査が難しいところでも調査ができます。土砂崩れ後の調査もドローンを使うことで安全におこなえるメリットがあります。

・物流

物流業界は深刻な人手不足を抱えています。トラックドライバーの不足と高齢化における労働力不足は物流業界全体の大きな問題です。その中で注目されているのは、ドローンによる荷物の運搬です。ドローンによる運搬が実用化されれば人手不足も改善されるうえに、交通渋滞時でもスムーズに配達できるようになるかもしれません。

・警備

ドローンの警備は日本の警備会社が既に導入しています。上空を飛ぶドローンは監視カメラよりも死角が少ないです。また施設内のセンサーに感知した侵入者を自動的に追尾し撮影する機能もあるので、より確実な警備が可能になります。

ドローンは今後、私たちの生活に大きな変化をもたらすかもしれません。さまざまな作業や仕事などが、ドローンに置き換わっていく可能性があります。いつか、ドローンの資格は仕事をするうえで必須となる日がくるかもしれませんね。

ドローンが活躍している職種と必要な資格

まとめ

ドローンには、いくつかの民間資格こそあります。国家資格や免許制度はないためドローンを飛ばすだけであれば資格は必要ありません。

しかし、ドローンの資格を取得すれば、規制エリアでの飛行許可申請がスムーズに進みますし、クライアントも獲得しやすくなります。こういったメリットからドローンの資格は仕事にするうえで必須となってきます。

ドローンを仕事で扱うためには、ドローンの知識や操縦の技術だけではなく、携わる業界の知識や資格も求められるので、それらも併せて会得しましょう。

(この記事は2019年5月14日に加筆・修正しています)

SNSダミー

関連記事

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト