2018.11.07(水)

今話題のドローン米ってなに?農業に革命をもたらすプロジェクト!

今話題のドローン米ってなに?農業に革命をもたらすプロジェクト!

今やさまざまな場面で活用されるドローンですが、そのドローンが農業の分野でも活躍していると聞いたことがある方もいるのではないでしょうか。そのドローンを活用した農作物「ドローン米」をご存知ですか?

今回はドローン米を中心に、ドローンを農業で使うとどのようなメリットがあるのか、また農業以外での活用場面をご紹介します。農業の費用削減がうまくいかない方や人手不足に悩んでいる方、新たに農業をはじめたいけどノウハウがないからと不安に思う方は必見の内容になります。

ビジネスにドローンを導入しようかと考えている方の参考にもなりますので、ご一読ください。

農業革命!ドローン米プロジェクトとは

ドローン米プロジェクトは、農業者とドローン企業が共同ではじめました。最新技術であるドローンを活用してお米を育てるプロジェクトです。ドローン米は安心して食べてもらえるよう、無農薬にこだわって作られています。

ドローンにカメラやセンサーを取り付け上空から撮影することで、お米の成長具合を田んぼ全体で確認できます。成長具合を全体的に確認することでやや成長が遅い部分など育成の状況を把握し、必要なところに肥料を追加することができるのです。

成長具合を把握することは品質管理だけでなく成長のばらつきをなくすこともできるので、収穫量も安定します。ドローンを活用することによって、お米の成長から収穫までデジタルで管理することが可能です。デジタル管理では、お米の状態や害虫の発生状況なども知ることができます。

農業革命!ドローン米プロジェクトとは

ここがすごい!ドローンを活用するメリット

ドローン米だけでなく、農業の分野ではドローンが活躍しています。農薬の散布にヘリコプターを使用しているところもありますが、ヘリコプターの利用には多くの費用がかかるのです。そのため農業用ヘリコプターは有人から遠隔操作する無人ヘリコプターへ変わりつつあります。

それに加え、現在ではより面積の小さい農地にも適したドローンを使用することも増えました。またヘリコプターからドローンに切り替えることで費用をおさえることができます。

このほかにもドローンを活用することで、人手不足や高齢化の問題も解消に向けて進んでいくでしょう。たとえば、種まきでは農家の方々の高齢化によって、体力的に長時間の連続した作業がむずかしい現状があります。そこで種まきにドローンを使うことで連続した長時間の作業を可能にし、農家の方々の体力的な負担も減らすことができるのです。

また農業のノウハウを次世代に引き継ぐときにもドローンが活用されます。農業のノウハウは長い経験のなかで身につけるものであるため、引き継ぎのむずかしさのひとつでした。ドローンでの生産管理や品質管理がデータ化したことにより経験が少ない農家もデータの可視化によって、ノウハウを理解し受け継ぐことができるようになったのです。

ドローン米だけじゃない!目覚ましいドローンの活躍

ドローン米などの農業で活躍しているドローンですが、農業以外の場面でも見事な仕事ぶりをみせています。

●災害対策

自然災害の発生直後に状況を確認するのはむずかしいことです。河川の氾濫や高い建物の損傷など、人間では近づくのも困難な場所の確認が急がれることもあります。そんな災害発生時にもドローンを利用すれば、迅速・安全に状況確認をすることができるのです。人が遭難した場合も上空から撮影しながら捜索することで、発見する確率が高くなります。こういった場面でのドローンの活躍はますます広がるでしょう。

●警備

ドローンの自動飛行機能と上空からの撮影を組み合わせた方法で、施設の警備にも活用されています。ほかにも施設のセンサーが人を感知すると、連動したドローンが現場を撮影する警備方法もあります。ドローンでの上空からの撮影は、死角が少ないというメリットに加えて人件費の削減が可能です。

●測量

従来では非常に時間がかかっていた測量も、ドローンによる測量に変更することで効率化を図ることができます。また上空からの映像をもとに3Dデータを作成し、解析までの一連の流れの時間を短縮することができます。災害時と同じように、人間では立ち入るのが困難な場所での測量ができることも利点のひとつです。

ドローン米だけじゃない!目覚ましいドローンの活躍

ビジネスにドローンを活用するためには

今後、ドローンをお米の栽培、測量や警備などのビジネスで活用しようと考えている人は増えるのではないでしょうか。ドローンの機能を最大限に活用するためには、ドローンに関しての法律規制を知り、正確な操作技術を身につける必要があります。

ドローンをビジネスで活用する場合は、200g以上のドローンが使われることが多いでしょう。200g以上のドローンは、航空法という法律の規制対象になりますので、適切に取り扱わなくてはいけません。たとえば空港周辺や人口が多い地区、自分の視界にない状態(目視外)でのドローンの飛行は禁止されています。飛行させるときは事前に航空局への許可申請をする必要があります。

ドローンを運用する場合は航空法などに従い、安全にドローンを使用しなければなりません。ドローンの操縦や航空法などの法律、許可申請がわからなくて不安がある人は、ドローンスクールに通うのもひとつの手でしょう。スクールでは操作技術や法律、ドローンについての知識を学ぶことができます。

まとめ

ドローン米をはじめ、さまざまな分野でドローンは活躍しています。ドローンの登場により、ビジネスのありかたも転換期を迎えているのかもしれません。人手不足の解消や費用削減など、時代のニーズにそっているドローンを活用してみてはどうでしょうか。ビジネスへのドローンの活用の実例もご紹介しましたので、参考にしてみてください。

ドローンを飛行させる場合は航空法などの規制がありますので注意してください。航空法やドローンの規制がわからない人、ドローンの練習場がなくて困っている人はドローンスクールに通うのもひとつの手段です。スクールで正しい知識や操作方法を学び、いろいろな場面でドローンを活躍させましょう。

SNSダミー

関連記事

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト