2018.11.07(水)

ドローンの活用事例をまとめて紹介!現在の活用方法と将来の可能性

ドローンの活用事例をまとめて紹介!現在の活用方法と将来の可能性

ドローンは農業や警備、点検業務や災害現場など、ビジネスのさまざまな分野で活用されています。テレビ番組の映像でもドローンの空撮映像が利用されており、身近に感じるようになりました。

ドローンを身近に感じるようになったことで、「ドローンをビジネスに導入したい」、「ドローンがどのような分野で利用されているのか知りたい」と思う人もいるのではないでしょうか。今回はドローンの活用事例について、ご紹介します。

身近なところでも!ドローンの活用方法

ドローン活用の場は、空撮だけではありません。わたしたちの思っている以上に、身近なところで活躍しているのです。

農業

ドローンは農業でも活用されています。いままで、広範囲の農薬散布には、無人ヘリコプターでおこなわれていました。しかし、費用が高額になるため近年ではドローンによる農薬散布が注目されています。

ドローンによる農薬散布は費用を削減できるだけでなく、農作物の近くを飛行することで正確に薬剤を散布することができます。また、ドローンを活用したリモートセンシング技術により、農作物の健康状態や成長具合をデータ化して管理することができるのも魅力のひとつです。

警備

警備業界においてもドローンは活用されています。施設内をドローンが撮影しながら巡回する警備方法や、施設内の防犯センサーに反応があった場合にかけつけて撮影することができます。自動飛行機能を備えたドローンならではの活用方法といえるでしょう。

物流

コンビニの大手企業が、福島県でドローンによる配送と車での移動販売を組み合わせたサービスが試験的にはじめています。そのほかにも、静岡県ではドローンが個人の家に日用品を届けるサービスが検証されています。物流業界でのドローン活用は、今後に本格化していくことが予想されます。

身近なところでも!ドローンの活用方法

人間が立ち入れない場所でもドローンが活躍

ドローンの活用は農業などの身近なところ以外にも、人が立ち入ることがむずかしい場所の調査・点検にも役に立っています。

インフラ点検

ダムなどのインフラ点検で、ドローンは活用されています。従来の方法では、事前に足場を建築して人間による目視でおこなっていたため、膨大な費用や時間がかかっていました。インフラ点検にドローンを活用することで、足場設置費用の削減やカメラによる点検で作業時間を短縮することができます。

整備

屋根やソラーパネルなど、高所の点検・整備でもドローンは活躍しています。高所の作業を人間がおこなう場合、危険がともないます。高所作業にドローンを活用することで、事故のリスクをなくすことができるのです。

人間が立ち入れない場所でもドローンが活躍

災害時の救助や測量にもドローンの活躍が期待されている

災害発生時の救助や測量業務にもドローンが活用されはじめています。

救助

災害発生時には、迅速に救助をおこなうことが重要です。たとえば、火山の噴火や土砂崩れ発生時には、人が立ち入って調査することはむずかしいですが、ドローンであれば、安全に調査することができます。

また、ドローンにサーモグラフィカメラを搭載することで、人間の熱を検知して効率的に被災者を発見することができます。医薬品や食料などの支援物資を輸送することもできるため、今後の活躍が期待されます。

測量

災害時には人命救助のほかにも、現場の状態を素早く把握する必要があります。従来の測量方法では人による調査のあとにパソコンに落とし込むことや、場合によってはデータ化せずに管理することもありました。

そのため時間がかかってしまうだけでなく、場所によっては測量自体が困難なこともあります。ドローンによる測量は、空から撮影するため安全かつ迅速にデータを収集することができます。

これから期待されるドローンの活用方法と課題

ドローンの活用方法はどんどん広がっています。流業界では本格的な活用がはじまり、今後はさらに多くの分野で活用されていくでしょう。

たとえば、シンガポールでは飲食店で利用されています。料理を運ぶときに人ではなく、ドローンによる配膳がおこなわれています。人手不足に悩んでいる日本でも、近い将来ドローンによる配膳サービスが始まるかもしれません。

ほかにも、スポーツ分野ではドローンレースが普及しています。すでにプロチームが作られるほど、人気スポーツとなりました。韓国ではドローンサッカーなど、ドローンを活用した新たなスポーツも注目されています。

さまざまな分野で活躍しているドローンですが、課題もあります。たとえば、ドローンの墜落や輸送物の落下の危険性があげられます。また、ドローンの法整備もそのひとつです。ドローンの法律は少しずつ整えられていますが、活用方法が増えることで法律やルールの整備も必要になるでしょう。

これから期待されるドローンの活用方法と課題

まとめ

ドローンは費用の削減や人手不足を解消するひとつの手段として、農業やインフラ点検など、さまざまな分野で活用されています。今後は飲食業界やスポーツ界でも活躍の場を広げるかもしれません。

ビジネスにドローンを活用しようと思っても、どうしていいのかわからない人は、ドローンスクールでドローンについて詳しく学んでみてはいかがでしょうか。ドローンスクールでは、操縦技術はもちろん法律やビジネス活用についても学ぶことができるカリキュラムも存在します。

SNSダミー

関連記事

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト