2018.11.07(水)

コマツ認定スクール「Future Dimension」でドローン操縦士になろう!

コマツ認定スクール「Future Dimension」でドローン操縦士になろう!

ビジネスにおいて、ドローンは着実に活用の場を増やしています。例えば「建設」の高所作業の現場、「農業」での農薬散布、ダムの壁面調査の「インフラ点検」など、さまざまなビジネスシーンで活用されています。

一方、「ドローンの操縦に不安がある」、「規制はどのようなものがあるのか」といった疑問や不安があって、ドローン導入をためらっているというかたもいるようです。

ドローン導入についてためらっている、ドローンの操縦に慣れたいというかたに向けて、国内初のドローン測量講習をはじめたドローンスクール『Future Dimension Drone Academy』をご紹介していきます。

Future Dimension Drone Academyは岡山のドローンスクール

Future Dimensionは、岡山県和気郡和気町にある、国内で初めてドローン測量の講習をはじめた企業です。会社でドローンを操縦するための教育施設を有しています。

事業内容はスクールの他にも、ドローンに関するイベント事業や、経営コンサルティング業務などさまざまなことをおこなっています。その事業のスクール部門のため、Future Dimension Drone Academyは設立しています。スクールではさまざまなコースを準備しているため、必要な知識・技術に応じた内容を選択できるようになっています。

操縦だけでなく、国内初の測量実習ができるFuture Dimension Drone Academyで受講しようと思ったり、気になったりするかたもいると思います。そのような方々が気になる「アクセス」や「団体受講」の情報をご紹介します。

【アクセス】

自動車で通う方は、講習場に駐車場があります。利用料金は無料となっています。遠方からの講習の方は事前に連絡をすれば、和気駅、もしくは岡山空港への送迎が無料で利用できます。

【団体受講】

団体受講も可能となっており、合宿コースという宿泊も含まれるコースがあります。新たなビジネスチャンスを考え、社員への研修に悩んでいる方は相談してみるといいかもしれません。

Future Dimension Drone Academyは岡山のドローンスクール

Future Dimension Drone Academyの施設

ここでは、国内最大規模を誇るスクールでもある「Future Dimension Drone Academy」の施設をご紹介していきます。

【実技練習場】

実技練習は座学などを学ぶ施設からすぐの岡山和気ドームで行われます。ドーム内の広い環境で、基本動作を中心に操縦を学ぶことができます。またドーム内に風を入れることができるので、屋内でも実用状況に近い環境で練習ができます。

【屋外練習場】

屋外練習は国内最大級の広さを有した河川敷で行われます。広さは約サッカーコートの3面相当の大きさを有しています。屋外ということで、突然の強風などが発生し、事故などの不安もあるのではないでしょうか。しかし、周囲に大きな建造物などがないため、衝突の心配もなく、より実務に近い環境での練習が可能です。

Future Dimension Drone Academyの施設

コマツ認定!Future Dimension Drone Academyの魅力

Future Dimension Drone Academyの最大の魅力として、コースの参加時にドローンやヘルメットなどを準備する必要がないことです。そのため、これからドローンをはじめたいという方も気軽に受講することができます。もちろんすでにドローンを持っていて持参したい方も、事前連絡をすれば対応してくれます。

また、Future Dimension Drone Academyでは「操縦技能証明証」「安全運航管理者証明証」の取得もできます。自身のドローンの技量や経験をしめすことができるだけでなく、資格も取得できるのでFuture Dimension Drone Academyを受講すれば、ドローンビジネスにおいて大きな武器のひとつを手に入れることができます。

多彩なカリキュラムから目的にあわせたコースを選ぼう

ここでは、Future Dimension Drone Academyではどのようなコースがあるのかを紹介します。

・体験コース

他のコースは複数日ですが、体験コースは5時間でドローンの飛行を体験できるコースです。まだまだ操縦に不安、これからドローンを利用しようかと考えている人など、ドローン初心者に向いている内容です。

・測量入門コース

ドローンでの測量を考えている人、また身につけたいという方に向いているコースです。コースではドローンの実技研修の他に、空撮の実習から空撮データの解析技法を学ぶことができます。

・コマツ認定ドローン測量実践コース

国内屈指の重機メーカーのコマツが、今まで培ってきた測量のノウハウを学べるコースです。国は、建設現場の生産力を向上させるための取り組みであるi-Constructionを進めています。そのため、官民ともに3Dでの測量が増加していきます。3D測量を検討している方に向け、ドローン測量一連の流れを学ぶことができます。

・コマツ認定ドローン測量実践コース+安全運航管理者コース

コマツ認定ドローン測量実践コースは河川敷以外の堤防や道路など、より実践に近い環境で、実習することができます。安全運航管理コースでは、指導者として必要な「無人航空機安全運航管理者証明証」も取得可能です。この2コースを組み合わせることで、より多くのビジネスチャンスにいかせます。

多彩なカリキュラムから目的にあわせたコースを選ぼう

まとめ

ドローンは、大きさによっては資格も必要なく、だれでも操縦ができます。ドローンスクールで実務研修を学び、各種証明証を取得すれば、ビジネスにおいても武器になります。またドローンの需要が増加すれば、それだけ法整備などの環境面も変化していきます。

技術だけでなく、最新の法律もスクールに通うことで、身につけられるはずです。ビジネスチャンスを広げるためにも、Future Dimension Drone Academyでスキルアップを図ってみてはいかがでしょうか。

SNSダミー

関連記事

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト