2018.10.31(水)

AIアナウンサードローンってなに?今注目のドローンの活用方法とは

AIアナウンサードローンってなに?今注目のドローンの活用方法とは

みなさんは、AIアナウンサードローンという言葉を聞いたことはあるでしょうか。はじめてAIアナウンサードローンという言葉を聞いた方は、「AI アナウンサードローンって一体どのようなドローンのことだろう」と考えたかもしれません。AI アナウンサードローンは、近年開発されたドローンです。通常のドローンに加えて、スピーカーを搭載しており音声でアナウンスをすることができます。そんなAIアナウンサードローンは今後さまざまな分野で活用が期待されているようです。

今回の記事ではAI アナウンサードローンの特徴と、機能について記述していきます。災害時に役立つ機能もあるので、ご参考ください。

ここがスゴイ!AI アナウンサードローンの性能

AIアナウンサードローンとは、20カ国語以上の翻訳とクリアな音声を出力することができるドローンです。上空約150メートルから直下の300メートルほどの範囲にクリアな音声を届けることができます。AIの判断でドローンから情報を届けたい場所や人に、ピンポイントで音声を届けることが可能です。

このドローンは、音声をクリアに届けることができる「圧電スピーカー」という装置を搭載しています。運動会などの際に用いられることもある拡声器の音を聞いたことがある人も多いでしょう。そのようなタイプのスピーカーでは音割れが起き、音声が不明瞭になり聞き取りづらいという現象が起きてしまいます。しかし圧電スピーカーであれば、音声が不明瞭になることなくはっきりと音を伝えることができます。

上記の理由から、AIアナウンサードローンは、防災スピーカーとして使用されていた従来のスピーカーにとって代わるものとして注目を集めているようです。圧電スピーカーを使用することによって、従来のスピーカーとは違った音領域を使用することになるため、ドローンが飛行中に発するプロペラ音に邪魔されることなくクリアな音声を届けることができます。

ここがスゴイ!AI アナウンサードローンの性能

AI アナウンサードローンの活躍が期待される現場

日本ではさまざまな災害が起こることもあり、そのような現場でドローンの活躍が期待されています。災害も含め、現在AIアナウンサードローンの技術の活用が期待されている分野は主に5つあります。

・人命救助

・観客の誘導

・害獣の駆逐作業

・施設や海上などの警備ならびに監視

・地震の際の避難警告


ドローンは人命救助において、すでに活用されているようです。まず倒壊した建物など、人間が立ち入ることが困難な場所にドローンを投入します。ドローンを操作し、ドローンに搭載されている赤外線カメラで人間の体温を感知することによって被災者の居場所を特定することができるのです。ドローンで被災者がどこにいるかを特定することによって、救出につなげることができます。

観客の誘導は、上空からクリアな音声が役立ちます。野外などの音声が不明瞭になりやすい場所でも、観客を適切な場所に誘導することが可能です。害獣の駆逐作業については、害獣の嫌がる音声を出すことによって、害獣に忌避効果をもたらす装置として期待されています。

施設、海上などの警備についてはAI アナウンサードローンのもつ撮影機能を利用し、密漁や違法侵入があった際に警告を出すことができます。さらに、AI アナウンサードローンに搭載されている画像認識の機能を使えば、違法侵入者の国籍を認識し、その国の言語での警告を発することが可能です。

また地震の際には、地震の計測器が余震を感知した時点でAI アナウンサードローンが自動で離陸し、避難警告を発信するなどの活用が検討されているようです。そのほかにも、山岳救助への活用や高齢者の徘徊の防止への活用も期待されています。

AI アナウンサードローンの活躍が期待される現場

活用にはドローンに関する資格や知識、技術が必要

AIアナウンサードローンの機能をみて、「実際に自分もAI アナウンサードローンを使用してみたい」と思った方もいるかもしれません。しかしAI アナウンサードローンを使用し、活用するには資格や知識が必要になります。

AI アナウンサードローンの操作に必要な資格は、一般的なドローンの操作に必要な資格と同じです。ドローン操作に必要な資格は、操縦するドローンの機種やドローンを飛ばす際の通信方法などによって異なります。一例として、5GHz帯のドローンを使用する際にはアマチュア無線4級の資格が必要になります。

ドローン操作に関する資格や知識の習得、操縦技術を身につけるためには、ドローンスクールに通うのが一番です。ドローンの世界は日々進歩を遂げています。新しい機能をもったドローンも次々と登場しているのです。日々進化するドローン操作や知識を身につけるためには、ドローンスクールに通うことをおすすめします。

まとめ

AI アナウンサードローンは飛行だけでなくさまざまな機能を備えています。翻訳もでき、クリアな音で音声を届けることができるというのは、AIアナウンサードローンの魅力です。災害時のアナウンスだけでなく監視やイベント会場の誘導など、幅広くAIアナウンサードローンを活用できるでしょう。

そんなAIアナウンサードローンを、実際にビジネスの分野で用いたいと思った方もいらっしゃるのではないでしょうか。ビジネスの分野で活用するには、ドローンについての深い知識が不可欠です。お困りの際はドローンスクールでドローンについての知識と技術を身につけることをおすすめします。

SNSダミー

関連記事

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト