2018.10.31(水)

ドローンが就職・転職でも役立つ?ドローンの仕事や役立つ資格の情報

ドローンが就職・転職でも役立つ?ドローンの仕事や役立つ資格の情報

ドローンが仕事で利用されている話を、聞いたことはないでしょうか。ドローンは、テレビでの空撮映像をはじめ、さまざまな業界で活躍しています。

今回は、ドローンと仕事の関係についてお話をします。これから就職・転職を考えている人、ドローンで就職したいと考えている人もいるのではないでしょうか。そのような人に向けて、ドローンが活躍する業界、操縦士の現状や就職時に役立つ資格の話をご紹介します。

ドローンの就職・転職に悩める人、就職希望の業界にドローンが使われているか気になる人もご参考ください。

「空の産業革命」ドローン

ドローンとは、無人航空機の中でも比較的小さなものを示すことが多いです。プロポと呼ばれる操縦器と、ドローン本体を無線でやり取りして操縦します。ドローンは世界中でビジネスからプライベートまで、幅広く活用されています。日本でも、さまざまなビジネスシーンで活躍しています。どのようなシーンで活躍しているかは、のちほど詳しくご紹介します。

ドローンは、「上空からの撮影」や、「情報収集」などを行うことができます。ほかの特徴として、ドローンを飛行させるときの「自動飛行機能」があるということが挙げられます。あらかじめ飛行ルートを登録することでルートに沿って飛行したり、バッテリー残量が少なくなったときに、自動で離陸した位置に戻ってくるなどの機能があるのです。自動飛行や小型であるなどの利点から、ドローンはあらゆる場面で利用されています。普及したことで、ドローンの操縦技術やドローン資格が転職・就職によっては役立つことがあります。

「空の産業革命」ドローン

ドローンのプロはどんな仕事をしているのか

ドローンがさまざまな分野で活躍している理由のひとつに、誰でも操縦できるということが挙げられます。ドローンを操縦させるだけなら、特別な資格は必要ありません。そのため、空撮をはじめとして、多くの場面で活用されているのです。空撮も含めて具体的なビジネスでの活用シーンを3つご紹介します。ドローンを就職・転職で活用しようと考えている人は、参考になるのではないでしょうか。

【空撮関連】

テレビ番組を中心に、ドローンによる空撮の映像を見かけることが多くなってきました。ドローンは今までにない、上空からの撮影ができるため新鮮さを感じるかもしれません。また上空から全体を映し出すことができることも、活用される理由です。テレビなどのメディア関連だけでなく、ドローン写真家として美しい景色などの撮影を仕事にしている人もいます。

【建築・土木関連】

民間から行政まで、多くの建築・土木関連業者でも調査や点検業務でドローンが利用されています。従来では、点検用に足場を建設する費用や時間がかかるなど、多くの課題がありました。ドローンを利用することで足場を建設する費用を抑えることができるほか、時間も従来と比べ短時間で仕事ができるようになるため、建築分野でも活用されています。

【農業関連】

農薬散布は今までヘリコプターを使用していたため、膨大な費用がかかっていました。しかしドローンを利用することで、大幅に費用を削減できます。また、ヘリコプターよりも近くで農薬を散布できるため、効果も向上するといわれています。

ドローンのプロはどんな仕事をしているのか

ドローンのプロは厳しい世界なのか

ドローンで就職・転職を考えている人で、もっとも気になるのは「操縦士の現状」ではないでしょうか。

ドローン操縦士の需要は年々増えています。しかし、新規ドローン操縦士を求人しているよりも、現場や今いる環境でドローンを操縦できる人を育成するという仕事のほうが多いように思います。さきほどもお話したように、ドローンは誰でも操縦できます。そのため、ドローン操縦だけに特化した人を雇わず、すでにいる社員がドローンを操縦できるようにさせるほうが多いようです。ドローンだけで就職・転職を考えるよりも、ドローンの操縦ができることを強みにするほうが現状ではいいのかもしれません。

だからといって、求人は多少ではありますが、募集掲載がされている場合もあります。また、ドローンはこれから発展していくと考えられている分野です。日本では物流業界をはじめとして、多くの分野でドローンの活用が検討されています。政府も、ドローンを仕事に活用できるようにプロジェクトを進めているようです。だからこそ、これからもっと需要が増える分野と考えられています。

ドローンのプロになりたいなら資格は取ろう

ドローンの操縦士として、もしくはドローンの操縦を強みにしたい人はドローンの資格を取得するとよいのではないでしょうか。なんどもお伝えしたように、ドローンの操縦に特別な資格は基本的に必要ありません。だからこそ、資格を取得しておけば資格を持っていない人に比べて明確に技量を示すことができます。

具体的な資格に、JUIDAが発行している「無人航空機操縦技能証明証」があります。JUIDAは、日本の無人航空機の発展や産業への活用を目的としている団体です。機操縦技能証明証は、飛行させる技術やドローンに関しての正しい知識を有していることを証明できます。この資格は、ドローンスクールで講習を受けることで取得することができます。JUIDAが認定しているスクールで講習を受講後、試験に合格すると発行してもらえるようになります。資格を取得して、ドローン関連の就職・転職のときに役立ててみるのもよいのではないでしょうか。

ドローンのプロになりたいなら資格は取ろう

まとめ

ドローンで就職・転職を考えている人を中心に、ドローンについてのお話をしてきました。ドローンは、これからもっと需要が増えることが予想されている分野です。現在でも、農薬散布や空撮、ダムなどのインフラ点検などのさまざまな場面でドローンは活用されています。

建築や土木関連の就職・転職を考えている人は、ドローンを操縦できることが強みになるかもしれません。ほかの人よりも、一歩抜きにでることもできるのではないでしょうか。自身が進みたい業界が、ドローンを活用しているか調べてみましょう。ドローンが強みになるようであれば、資格を取得してもよいのではないでしょうか。資格もドローンスクールに通うことで取得することも可能です。資格を取って、自身の強みにすることで、憧れの業界への就職や憧れのドローンを仕事で活用してみませんか。

SNSダミー

関連記事

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト