2018.10.30(火)

もう一度考えよう!ドローンの安全な飛行のために知っておくこと

もう一度考えよう!ドローンの安全な飛行のために知っておくこと

ドローンを安全に飛行させるためのルールは、近年急速に整備されています。以前ドローンが首相官邸に墜落した事件がありましたが、覚えているでしょうか。この事件は原発に反対する人が、首相官邸の屋上にドローンを落下させた事件です。事件以降、法律の整備が急速に進みました。これは「安全」を確保するためです。しかし未だにドローンの事故は起きています。

ここでは、ドローンの安全性能や安全な飛行をするために必要な知識やドローンの事故事例についてご紹介します。ドローンの安全性が気になる方や、ドローン初心者だけでなく、すべてのドローン操縦者の方、もう一度ドローンと安全について考えてみませんか。

ドローンの安全性は向上している…が絶対ではない!

ドローンは飛行させる機体なので、墜落などの危険が考えられます。そのため、ドローンを安全に飛行させることが重要となります。最近では法整備も進み、安全に関する対策は格段に向上しています。

ドローンは産業用から民間用に趣味で楽しむものまで、幅広い種類が展開されています。また、民間向けのドローンにも多くの安全のための機能が搭載されるようになりました。

例えば、操縦器であるプロポとドローン本体で電波のやり取りができない状況で、その場をホバリングし続けるようなフュールセーフ機能があります。ほかにも障害物の前で自動停止する機能や、ボタンひとつで離着陸ができる機能などが多くのドローンに搭載されています。

ドローンの安全性は、格段に向上しています。しかしフュールセーフ機能などの安全機能が搭載されても、絶対的な安全が保障されるものではありません。ドローンは、基本的に人が操縦する機体です。操縦ミスによる墜落のおそれもあります。また飛行場所も屋外であることが多く、突風にあおられ墜落することも考えられます。安全機能がついているからと過信しないことが必要です。

ドローンの安全性は向上している…が絶対ではない!

ドローンを安全に飛行するためのガイドライン

ドローンを安全に利用できるのは、機能だけはありません。安全にドローンを活用できるように、法整備もされています。ここでは「無人航空機(ドローン、ラジコン機等)の安全な飛行のためのガイドライン」についてお話します。

安全な飛行のためのガイドラインは、ドローンの普及にともなって国土交通省が作成しているものです。内容としては、航空法の対象になるドローンや飛行が禁止されている空域、ドローンの飛行ルールなどについて書かれています。飛行ルールは、例えば「日中に飛行させること」や「目視範囲内で、ドローンを常に監視して飛行させること」などです。ドローン操縦者はガイドラインを読んで、ドローンを安全に飛行させましょう。

ドローンを安全に飛ばすために知っておくべきこと

ドローンを安全に飛行させるために、航空法をはじめ多くの法律やルールによって制限を受けます。ドローンは航空法以外にも、電波法による制限も受けるのです。

ドローンによっては強力な電波の周波数を利用するため、アマチュア無線の資格が必要になることもあります。ドローンはプロポとやり取りして操縦します。鉄塔や電波塔の近くでは周波数が乱れることもあり、操縦に影響がでるおそれもあるのです。

安全な飛行には、法律などのルールを守ることは当然ですが、飛行させる場所などの安全確保も重要です。さきほどの電波塔付近のほかに雨天や風が強い日などは、ドローンのバランスが崩れやすいです。墜落の危険性も考えて飛行をしない判断をすることも、操縦者には必要ではないでしょうか。

ドローンを安全に飛ばすために知っておくべきこと

ドローンの事故例を知って安全性について考えよう

ドローンを安全に活用するために、ルールを守ることは操縦者として当たり前のことです。だれもが、安全に配慮した飛行を心がけても、事故は起こりうるのです。みなさんにも、起こりやすそうな事故事例をご紹介します。もう一度、ドローンの安全な飛行について考えてみましょう。

●墜落事故

2017年に大阪で起きたドローンの墜落事故です。操縦者は空撮の仕事で、ドローンを操縦していました。しかし操作ミスにより、ドローンが電線に接触して墜落してしまったのです。人的被害はありませんでしたが、近くを走行中の自動車に激突し損傷させました。飛行時には小雨が降っていたため、操縦ミス以外にも雨によってドローンに不具合が生じた可能性も考えられます。

●紛失事故

2018年に神奈川県で、個人が操縦していたドローンを紛失させた事故です。紛失時に、人への被害はでていません。操縦者は突然反応しなくなり、操縦不能となったと説明しています。操縦者の話からの原因分析では、モニターつきのプロポをしようしていたこともありモニターに気をとられたためではないかと考えられています。その際に、ドローンが障害物と激突し操縦不能・墜落したのではないかと思われます。

この2件の事故からわかるように、操縦者のちょっとした気の緩みが事故の原因になりかねません。紹介した事故事例では人への被害はありませんでした。しかし人的被害を引き起こしてしまうおそれがあることは、ドローン操縦者として忘れてはいけません。

安全性能の高いドローンを紹介!

ドローンを安全、安心して操縦できるように、ドローンの安全性能の有無が重要です。操縦者の技術も必要ですが、少しでも機体の性能がよいものがいいですよね。そこで、安全性能が高いドローンを3つご紹介します。ぜひ購入時の参考にしてください。


【Holy Stone  HS700】
安全性能の高いドローンを紹介!

Photo by Amazon

GPS機能を搭載しているドローンです。GPS機能により離着地点を把握し、ドローンとプロポのやり取りができなくなった場合に自動で離着地点に戻る機能が搭載されています。


【DJI  Mavic Air】
安全性能の高いドローンを紹介!

Photo by Amazon

障害物を検知する機能を搭載しているドローンです。また操縦支援システムが搭載されており、障害物を把握するだけでなく自動で回避してくれます。ドローンは折りたたむことができるので、携帯するのに便利です。


【DBPOWER  U818A】
安全性能の高いドローンを紹介!

Photo by Amazon

気圧センサーが搭載されており、ホバリングがしやすいような設計になっています。そのため、安定性が優れたドローンです。またバッテリー残量が少なくなったときに、アラームがなるようになっています。そのためバッテリーが切れる前に充電できるので、安心です。

まとめ

ドローンの安全性能はGPS機能などの高性能機能が搭載されはじめて、格段に向上しています。それでも、操縦するのはあくまで人間なので、事故は起こりうるのです。

ドローンがいくら安全機能を搭載しても、操縦者が適正な取り扱いをしなければ、重大な事故になりかねません。そのために、航空法などの規制、ガイドラインがあります。操縦者は、ドローンの安全に飛行させるために、技術だけでなく、知識も必要です。技術・知識に不安なかたは、ドローンスクールも検討してみてはいかがでしょうか。スクールでは、確かな技術、正しい知識を身につけることができます。

適正な取り扱いのもとで、ドローンを安全に飛行させることが、操縦者には求められているのです。

SNSダミー

関連記事

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト