2018.10.26(金)

虫のように小さい「ナノドローン」とは!?魅力とオススメ機種4つ

虫のように小さい「ナノドローン」とは!?魅力とオススメ機種4つ

近年の技術発展は目覚ましく、新たな技術がビジネスシーンで活用されています。その活用され始めた技術の1つにドローンがあります。ドローンはインフラ点検や建築など、さまざまなビジネスで活用されています。国としても、2020年の東京オリンピックなどでも活用できるようにと、プロジェクトが進められています。

そんなドローンも技術が日々進歩しています。“ナノドローン”という言葉を聞いたことがあるでしょうか。ナノドローンは簡単にいえば、非常に小さなドローンのことをいいます。ここでは、そんな小さなナノドローンとは、小さな機体でなにができるのかについてお話していきます。少しでもナノドローンに興味がある方は参考にしてください。

まるで虫?!ナノドローンとは

ドローンは、無人航行を目的に作られたロボットの一種です。プロポと呼ばれる操作器とドローン本体を、無線でやりとりし、操縦します。ちなみにドローンという名称の由来は、ハチの羽音とドローンのプロペラ音が似ているから、といわれています。

現在ではビジネスで活躍する、比較的に大きな産業用ドローンから、プライベートで楽しむトイドローンと呼ばれるものまで、さまざまなドローンが開発されています。産業用ドローンより、トイドローンの方が小さくなっており、トイドローンは重量が200g以下の小さなドローンを一般的に示します。

そのトイドローンよりも、小さなドローンが近年開発されています。それがナノドローンです。ナノドローンとして、どれだけ小さい機体、重量が軽い機体という明確な定義は、現状ではありません。機体によっては、全幅(プロペラの大きさも含めて)が指3本程度の大きさしかありません。

ドローンの由来であるハチのような大きさ、虫くらいしかない大きさのものが、比較的にナノドローンと呼ばれています。明確な定義がないため、もっと大きなものでもナノドローンと呼ばれることもあります。

まるで虫?!ナノドローンとは

なにができる?ナノドローンの魅力

ナノドローンの大きさは虫程度で、とても小さいです。「そんな小さなもので、なにができるの?」と不思議に思いませんか?ここではナノドローンができること、他にもナノドローンの魅力について、お話していきます。

ナノドローンだからといって、他のドローンに見劣りしなくなっているのが今の時代です。他のドローン同様に、空撮できるようにカメラを搭載しているものもあります。機体によっては、4Kに対応、画質も1000万画素以上のカメラを搭載しているナノドローンもあります。

また、GPS機能や赤外線センサーなどの機能を搭載している機体もあります。赤外線センサーがあれば障害物を感知してくれますので、衝突を避けることができます。飛行時間も従来のドローンに見劣りせずに、約15分という長時間飛行できる機体もあります。

これだけの機能を備えており、魅力的なナノドローンですが、気になるのは値段ではないでしょうか。ものを小さくするということで、最新技術を活用しているから、値段も高くなるのでは?と考えるかたも多いと思います。しかし、相場も約5,000円~と、従来のドローンと同等の価格幅と考えてよいかと思います。

オススメのナノドローン4機種

ここまでナノドローンについてお話してきました。小さな機体なのに、高性能を備えているナノドローンの魅力を知って、欲しいと思ったかたも多いでしょう。しかし、「ナノドローンってどんなものがあるの?」、「簡単に機体の特徴を知ることはできないの?」と疑問に思いませんでしたか。

そのような方々のために、オススメのナノドローン4機種をご紹介します。


【ナノドローンカメラ】
オススメのナノドローン4機種

Photo by Amazon

全幅が約4.4cmの大きさのナノドローンです。画質が30万画素のカメラを小さな機体に搭載しています。ナノドローンカメラは飛行速度を3段階から選べるので、初心者の方でも操作しやすい機体です。


【クアトロックス】
オススメのナノドローン4機種

Photo by Amazon

最大10機まで同時に操作することができるナノドローンです。ボタンを押すだけで、縦回転や横回転ができます。また衝突してもプロペラなどを守れるようにローターガードがついています。


【プロトX】
オススメのナノドローン4機種

Photo by Amazon

用途に合わせて3種類用意されているナノドローンです。通常のプロトXの外に、プロトX SLTは通常のプロトXよりも細かな操作、プロトX FPVはカメラを搭載しており撮影できます。


【KUDRONE】
オススメのナノドローン4機種

Photo by Amazon

他の機体に比べて大きなナノドローンです。最大の特徴は高性能カメラを搭載しており、4Kに対応しています。他にもGPSなどの高性能機能を搭載しています。

まとめ

今回のコラムでナノドローンとは、どのようなものか知ることができたのではないでしょうか。技術の進歩によって生まれたナノドローンは、大きさが手のひらより小さな機体もあります。小さくても、4K対応カメラやGPS、同時に複数を操作できるなど、従来のドローンにも見劣りすることはありません。

ナノドローンは小さいので、室内でもドローンを飛ばせるようになりました。そのため、ビジネスやプライベートなどあらゆる場面で、活用できるのではないでしょうか。

今まで、「危ないからドローンは外でしか飛ばせない」、「大きいからやめておこう」とドローンをあきらめていた方々にも、オススメできる“ナノドローン”をぜひ利用してみてください。

SNSダミー

関連記事

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト