2018.10.26(金)

ドローンで屋根点検!?ドローンを使った仕事と新しいビジネス事例

ドローンで屋根点検!?ドローンを使った仕事と新しいビジネス事例

ドローンはさまざまな仕事でも使われるようになってきたことをご存知でしょうか?最近では映画やCMでもドローンを使用して撮影されることがあるようです。また、測量や農薬の散布にもすでにドローンの導入がはじまっています。

将来的には配送の分野でもドローンの活躍が期待され、最近ではネット通販の商品をドローンで配送する実験がすでにさまざまな企業ではじまっています。

最近ではドローンで屋根の点検をおこなうことも注目されています。ドローンの使い道はさまざまなところで増えています。この記事では、どのような場面でドローンが使用されているのかご紹介します。

どこで活躍している?ドローンを使った仕事

ドローンは個人で撮影を楽しむために使うこともできますが、最近ではドローンを使った仕事もさまざまなものがあります。

空撮

映画やCM撮影などのクリエイティブな分野において、ドローンが使われるようになってきました。最近ではブライダル関連の空撮もあります。また、災害や事故の現場において、危険な場所の状況をドローンで調べることもできます。

測量

広範囲での撮影が可能になり、データを作成するときにドローンが役に立ちます。また、より短時間で測量がおこなえるようになりました。

農薬の散布

人出不足の問題や農薬の散布農業の効率をあげるのに役立っています。広大な土地に農薬を散布するには、必要になる農薬の量も多くなります。農薬散布用のドローンは約10kgの液体を運ぶための、耐重性もあるようです。また、ドローンに搭載したカメラで育成状況を確認する際にも使用できます。

どこで活躍している?ドローンを使った仕事

将来的なドローンビジネスの事例

現在では実用化されていないものの、将来的にはドローンを使用した運用が期待されている活用方法もあります。ドローンの活躍が増えるとそれだけ生活も便利になるかもしれません。ここでは、将来性のあるドローンビジネスの事例についてご紹介します。

配送

最近、「ドローンによる配送が物流の増加に伴う配達員不足や交通渋滞の問題を解消できるかもしれない」と期待されています。スマホやパソコンで商品を注文し、自宅に届くということが可能になるのは夢のような話ではないでしょうか。すでに、ネット通販で買った商品をドローンによって配送する実験がさまざまな企業でされています。

警備

家の敷地などに侵入した不審者をドローンが撮影するシステムがあります。侵入した車や人を撮影し、情報をセキュリティー会社に送信することも可能です。

実際には2014年のソチオリンピックでは警備にドローンが活用され、ほかにも日本ではマラソン大会の監視にドローンが設置されました。住宅の監視システムだけでなく、イベントの警備などにもドローンの活躍が期待されています。

汚染調査

人が立ち入りにくい原子力発電所の汚染検査にも実際にドローンが活用されています。線量調査をドローンでおこなうこともあるようです。また屋内でドローンを活用する際には、GPSによって位置を特定することが難しく目視で操縦することができない場合もあります。そのため、あらかじめプログラミングしたとおりに飛行させる「自律飛行」によって、調査に活用することが多いようです。

上記で紹介したほかには、ドローンを使って探しものや行方不明者を探すといった使い方もあります。実際に、アメリカの国立公園では行方不明になった人をドローンで捜索のために使われた例があり、捜索目的でもドローンは活用されているのです。

このようにドローンが活躍できる分野はさまざまなものがあります。今のところ、仕事でドローンを使う分野は一部に限られています。しかし、これからはドローンを使う新しいビジネスが生まれてくるかもしれません。

将来的なドローンビジネスの事例

ドローン屋根点検が注目を集めている

最近では、屋根の上を調べたいときにドローンを使って点検することが注目されています。ドローンで空撮した画像を調べることによって、目では見えないところの劣化や破損を発見することができます。

ドローンで屋根点検をメリットとして、短時間でおこなえることや安全に点検できることがあげられます。屋根点検は高所でおこなうものであり、危険が伴います。ドローンを使えば、屋根の上に登らなくても点検をおこなうことができるので安全です。またはしごを準備する手間を省くことができるので、短時間で作業を済ませることも可能となっています。

ほかにもドローンの屋根点検は、調査に必要な人件費用をおさえることができます。屋根の破損などは放置しておくと屋根が崩れるおそれがあるほか、雨漏りすることもあるので定期的に点検をすることをおすすめします。点検をおこなう際にはドローンを使用すると便利かもしれません。

ドローンをビジネスで活用するために知っておくべきこと

ドローンを使った仕事で、実際に飛ばすときにはルールを守る必要があります。ドローンを飛行させるときには、航空法という法律が関わってきます。ドローンを飛ばすときには、記載されている内容を守る必要があるのです。航空法では、以下の場所で飛行させるときに許可をとる必要があります。


・空港等周辺の上空の空域

・人口集中地区の上空(人口集中地区の範囲については国土交通省のホームページを参照してください)

・地表または水面から150m以上の高さの空域


またドローンの飛行方法も規制されており、夜間の飛行などは国土交通省の許可が必要です。国土交通省の許可を申請しやすくするためにおすすめなのが、ドローンスクールに通うことです。最近は全国でドローンスクールが開校されています。

スクールには、ドローンの民間資格を取ることができるコースがあります。スクールによって取得できる資格が異なりますのでホームページを見てみましょう。無料体験をしているスクールもあるので、とりたい資格などを調べて自分にあったスクールを選びましょう。

ドローンをビジネスで活用するために知っておくべきこと

まとめ

ドローンは現在さまざまな分野で活躍しています。空撮や測量や農薬の散布などで使われるようになりました。また、配送の分野でもドローンの活躍が期待されています。配送をドローンでおこなえるようになれば、配達員の不足や交通渋滞の問題など解消することができるかもしれません。

ほかにもドローンを使ったビジネスの事例があります。最近注目されているのがドローンを使った屋根点検です。屋根点検は高所での作業ですが、ドローンを活用することによって比較的安全に作業をおこなうことができます。また人が立ち入りにくい場所の状況を確認するなど、これからさまざまな分野でドローンが活躍することが期待されています。

将来的に仕事でドローンが使うことが必要になってくる人もいるかもしれません。ドローンに関する知識や技術をより深く学びたい人は、スクールに通うことがおすすめです。

SNSダミー

関連記事

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト