2018.10.26(金)

ドローン入門なら「DOBBY」がオススメ!気になる性能と魅力を解説

ドローン入門なら「DOBBY」がオススメ!気になる性能と魅力を解説

ドローン初心者にとって、最初にどんなドローンを買うかは悩みどころですよね。「操作が簡単で、きれいに写真が撮れるものがいい!」という方も多いと思います。そんなドローン初心者の方におススメするのが「DOBBY」です。

DOBBYは小型ながら、空からの写真撮影に便利な機能がたくさん備わっています。操作もスマートフォンから簡単にできるので、初めてドローンを使う方にピッタリです。今回は、そんなドローンDOBBY(ドビー)についてご紹介します。

重さ199g!小型ドローン「DOBBY」とは

小型ドローンDOBBY(ドビー)は中国のZEROTECH社が発売したドローンです。海外で人気に火がつき、日本でも発売されるようになりました。多くの人をひきつけるDOBBYの魅力とはなんでしょうか。まずはドビーの基本的な情報からみていきましょう。

〇重量

ドビーはドローンとしてはかなり軽量で、たったの199gしかありません。一般的なドローンの重量は200g以上です。実は、この200g未満かそうでないかでは大きな違いがあります。

日本の航空法によるドローンの規制では、200gを超えるドローンは航空法の対象となります。飛行させる場所によっては国土交通省からの許可が必要です。そのため、199gのDOBBYは飛行許可を得ることなく、飛行させることができます。飛行許可の要らないことがドビーの大きな魅力の一つでしょう。

〇サイズ

いままでのドローンの多くが大型だったのに対し、ドビーはかなり小型です。ドビーの羽は折りたたんでドビーの本体に収納することができます。折りたたんだ大きさは、手のひらに収まるサイズで、ポケットに入ってしまうほどです。旅行先にも楽々持ち運べるでしょう。

〇充電機器

ドビーが継続して飛行できる時間は約9分となっています。実際に使ってみると、短く感じるかもしれません。しかし、ドビーの充電はコンセントではなく、直接USBケーブルに差し込んでおこなうことができます。そのため、旅先や街中で充電したい時も予備バッテリーを使用して、その場で充電が可能となっているのです。

重さ199g!小型ドローン「DOBBY」とは

小型なのに4K画質!自撮りにもオススメ

DOBBYはドローンとしては小型ですが、その機能は充実しています。今回はそのうちの3つをご紹介しましょう。

〇画質

ドビーの静止画(写真)の画質は約1200万画素と言われています。これは一眼レフカメラやスマートフォンのカメラと同じくらい高画質と考えてください。また動画撮影は、4K画質で録画することができます。

現在、テレビの画素数として広く普及しているのがフルハイビジョン(フルHD)です。4KはこのフルHDの画素数の約4倍なので、かなりの高画質であるといえるでしょう。

〇自動追尾

スマートフォンなどで自撮りすると、手がふさがってしまって思うように撮影できないこともありますよね。ドビーには、写真の被写体を自動で追尾してくれる機能が備わっています。手がふさがっていても、自動で追いかけて撮影してくれるので、撮影を気にせずに旅行などを楽しめるでしょう。

〇顔認識機能

さらに、ドビーのカメラには人の顔に自動でピントを合わせてくれる顔認識機能がついています。先ほどの自動追尾機能と合わせれば、自動で顔にピントを合わせながら追尾してくれるわけです。サイクリングや移動中の撮影も簡単にできるでしょう。

小型なのに4K画質!自撮りにもオススメ

DOBBYで撮影した動画をみてみよう

では、実際にDOBBYで撮影した動画をみてみましょう。先ほど紹介した、ドビーのサイズや便利な機能をより実感できるのではないでしょうか。


まず、手からドビーを飛行させた映像です。大型のドローンの場合、大きいうえに重いため、地面から飛行させるしかありません。しかしドビーであれば小型のため、手のうえに乗せてから飛行させることもできます。女性や子どもでも簡単にドローンを飛行させることができるでしょう。


次に、自動追尾機能です。手元のスマートフォンの画面で、ターゲットとなる被写体を選び、追跡スタートボタンをおすだけでおこなえます。スマートフォンをずっとみながら、ドビーを操作する必要はありません。周りの景色などを楽しみながら、上空からの撮影ができます。


最後に、ドビーのプロモーションビデオをご覧ください。今回、ご紹介しきれなかったスマートフォンでの映像のシェアや連続撮影機能などドビーの便利な機能について、紹介しています。ご覧になれば、より具体的なドビーの使い方をイメージできるかもしれません。

ドローン飛行には危険も…ルールを守って楽しもう!

DOBBYは、小さく軽量で多機能なドローンであることをご紹介しました。しかし、ドビーを含めドローンの飛行にはいくつかのルールがあります。ドローンの落下事故がこれまでにもいくつか発生しているからです。

ドローンは操縦者が飛行技術や知識をしっかりもっていないと事故につながるおそれがあります。過去には、ドローンが人のうえに落下し、ケガ人が発生した事故もありました。ドローンスクールに通うなど、ドローンの技術と知識をしっかりもつようにしておくことが大切です。

また国土交通省では、ドローン操縦に関するガイドラインを設けています。規制の対象となっている空域は以下の通りです。


・空港等の周辺空域

・地表または水面から150m以上の高さの空域

・人口密集地の上空


これらの空域でドローンを飛行する場合には、国土交通省からの許可が必要となります。いずれもドローンを飛行させると、人や飛行機などに衝突し大きな事故になりかねない空域です。必ず許可を取るようにしましょう。

まとめ

年々ドローンの市場は大きくなっています。趣味や娯楽に使い始めている人もいるのではないでしょうか。

DOBBYはドローンとしては、かなり軽量で使いやすいドローンです。今までカメラやスマートフォンでは、撮れなかった上空からの高画質の映像を簡単な操作で撮影できます。旅行先やイベントのときに、DOBBYを使って思い出に残る写真や動画を撮影してみてはいかがでしょうか。

ただ、ドローン飛行にはルールもあります。今後もドローンに関するルールはどんどん改定されていくでしょう。こまめにドローンに関する知識や技術を吸収して、安全にドローン撮影を楽しんでください。

SNSダミー

関連記事

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト