2018.10.26(金)

ドローンの資格は必要ない?!取得するメリットや重要性について

ドローンの資格は必要ない?!取得するメリットや重要性について

ドローンを個人で、所有している人が増えてきています。個人的な空撮やドローンレースなど、ドローンの遊びの可能性がどんどん広まってきています。また測量・点検・運送・映像制作などの産業の分野にも、ドローンは活躍の手を広げています。そんな中で、ドローンに興味を持つ人も多いと思います。

しかし「ドローンを使いたいけど資格がいるのでは……」と不安に思われる方もいると思います。この記事ではドローンに資格が必要か解説していきます。ドローンを趣味や仕事につなげたい方は参考にしてみてください。

ドローンは基本的に資格取得の義務はない

基本的にドローンに資格は必要にありません。しかし、だからといってむやみやたらに飛ばしていいわけでもありません。ドローンは航空法で規制されていて、飛行が禁止されている場所があります。空港周辺・人口密集地・イベント上空・都立公園などの場所が飛行禁止場所になります。

ほかにも夜間時の飛行は視界が悪く、事故につながりやすいので規制されています。ドローンを操縦者の視界の範囲外で飛行させる、目視外の飛行も禁止されています。これらの規制に違反した場合には、罰金50万円以下が科せられてしまうかもしれないので、飛行の際には知識をしっかりと学ぶことが必要です。

ただ、ドローンの操縦に対して資格は必要ないといっても、状況や使用する機体によっては免許が必要になることがあります。次章では、ドローンの飛行に免許が必要なケースについて解説します。

ドローンの操縦に資格や免許は必要ない

資格が必要となるドローン

ドローンはさまざまなケースで使用される上、状況によって使われる機体は違います。こうした機体を使用する際には、許可や免許が必要なことがあるのです。この章では、資格が必要になるドローンの機体について解説します。

5.8GHz帯を使用するドローン

この電波隊を使用するドローンはおもにFPVドローンです。FPVはFirst Person View(ファースト・パーソン・ビュー)の略称で一人称視点という意味です。FPVドローンの魅力は一人称視点を専用ゴーグルで味わえる臨場感あふれる映像です。ドローンのカメラの映像をリアルタイムで体験できるので自分が空を飛んでいるような飛行が楽しめます。

5.7GHz帯を使用するドローン

5.7GHz帯のドローンは主に産業用に使用されています。あまり使われることのない周波数なので、他の機器からの電波干渉を受けにくいため安定したデータ通信がおこなえるからです。

農薬散布ドローン

ドローンは農業でも導入され、おもに農薬散布用に使われています。この農薬散布用のドローンですが、普通のドローン同様に資格は必要ありません。しかし「一般社団法人農林水産航空協会」からの認定を受ける必要があります。

この検定試験ではドローンの安全飛行に関する知識と農薬散布の技術を求められます。この検定試験に合格して初めて農薬散布用ドローンを操縦することができます。

このように農業など産業の活用にはドローンの資格が必要になる場合があります。次の章でドローンの民間資格の必要性について解説していきます。

免許はないけど規制はある!知っておくべき法律

民間資格を取得する必要性

ドローンの資格を取ることで、得られるメリットもあります。ドローンには航空法や電波法だけではなく小型無人機等飛行禁止法・道路交通法・民法などの法律がかかわってきます。

法律についての知識がないままにドローンを飛行させると、知らずのうちに違反をしてしまう可能性があります。またドローンを飛ばすには、基本的な操作技術や電波に対する知識が必要になります。操作ミスによる墜落事故・電波干渉による通信混乱など、ドローンの飛行には事故のリスクが隠れています。

こういったトラブルをさけるためにも、ドローンについての知識と技術を学ぶ必要があります。民間の資格は取得過程で、知識と技術を学ぶことができるメリットがあります。また資格を取得していると、国土交通省への飛行許可申請が通りやすいので取得することをおすすめします。

ドローンの資格の必要性について解説してきましたが、次の章では実際にどんな資格の種類や用途があるのか解説していきます。

ドローン操縦士を目指す人におすすめの資格

ドローンの資格には種類があります。この章では、資格の特徴と得られるメリットについて解説していきます。

無人航空機操縦技能

無人航空機操縦技能は一般社団法人「JUIDA」が実施している資格です。講座内容は座学と操縦技術を学ぶ実技です。講師の方から実際に操作を教われるので、安定した操作技術を学ぶことができます。またこの資格は国土交通省認定の資格なので、飛行許可申請の手続きがスムーズになるメリットがあります。

無人航空機安全運行管理者

無人航空機安全運行管理者は一般社団法人「JUIDA」が実施している資格です。ドローンの操作技能の基礎的な知識と安全な飛行体制について学べます。こちらの資格も国土交通省への飛行許可申請を大幅に省略できるメリットがあります。

ドローン操縦士回転翼3級

ドローン操縦士回転翼3級は一般社団法人ドローン操縦士協会「DPA」が実施している資格です。ドローン操縦士回転翼3級は農薬散布・空撮・点検などのビジネスで活用できる実技講習が特徴です。

DJIスペシャリスト

DJIスペシャリストは「DJI社」が実施している資格です。世界的に大手のドローン会社がおこなっている資格なので、信頼度が高いです。また、座学講習では「DJI社」の製品に関する知識を深めることができます。

DJIインストラクター

DJIインストラクターは「DJI社」が実施する、講師を育てるプログラムです。この資格を取ることでドローンについての講習をおこなうことができます。ドローンを教えることを仕事にしたい方は必須な資格です。

DJIマスター

DJIマスターは航空法や電波法などの高度な知識と豊富な操縦経験・指導経験・安全管理の知識を有する人が与えられる資格です。この資格を取得できればビジネスをおこなう際に高い技術と知識の証明として武器になるでしょう。

またDJIインストラクターを指導できる資格なので、ドローン講師を仕事にしたい人は目指すべき資格といえるでしょう。

ドローン検定

ドローン検定は、ドローン検定協会で実施されている資格です。他の資格にくらべると基礎的な座学と実技になります。しかし他の資格よりも低予算で取得できるので、敷居はそこまで高くはないというメリットがあります。

このようにドローンの資格には様々な種類があります。操縦をするうえでドローンに資格は必要になりませんが、資格を取得する過程で知識や操縦技術を学ぶこともできます。さらに知識を深めるにはドローンスクールに通うこともおすすめします。次の章ではドローンスクールで学べることについて解説していきます。

取っておくと便利なドローンの資格

資格取得はドローンスクールへ!説明会に参加しよう

ドローンの資格を取るには、ドローンスクールに通うことが必要になります。資格取得コースに通うことで、確実に資格を取得できます。講習期間も2~5日程度なので時間のない方でも講習を受けやすいです。

ドローンスクールでは講師の方から航空法や電波法などの専門的な知識を学ぶことができます。こういった専門的な知識は独学で学ぶのは難しいです。ドローンスクールでは講師の方に質問をしながら理解を深めることができます。

またドローン操作には専門的な技術が必要になります。講師の方からしっかりとした指導を受けれるので、安定した技術習得につながります。

ドローン飛行には専門的な知識が出てくるので、個人で学ぶのは難しいです。しっかりとした知識を身に付けるためにも、ドローンの資格取得は必要だと言えるのではないでしょうか。

まとめ

ドローンの操縦には基本的に資格は必要ありません。しかしドローンは航空法などで規制されているので、むやみやたらに飛ばしていいわけではありません。ドローンの飛行には航空法と電波法かかわってきます。法律に関する知識を身に付けることが大事です。

FPVドローンや産業用ドローンは5.7GHz~5.8GHz帯の周波数が使われています。安定したデータ通信が必要なドローンには強力な電波が使われています。こういった電波を扱うには資格が必要になります。

ドローンに資格は必要ないですが、航空法や電波法などの高度な知識が必要になります。資格を取得する過程で学ぶことができるのでおすすめです。さらに理解を深めたい場合にはドローンスクールに通うことおすすめします。講師の方からしっかりと学ぶことができます。

SNSダミー

関連記事

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト