2018.10.05(金)

ドローンは意外に安くすむ!?ドローンを導入した事例と補助金など

ドローンは意外に安くすむ!?ドローンを導入した事例と補助金など

現在、AIを導入して業務の効率化・費用削減などに取り組む企業の話を耳にするようになりました。技術革新により、新たな技術がビジネスで活用されつつあります。

そのなかでも早くから産業に活用されているドローンは、効率化や安全面などの観点からさまざまなビジネスに導入され始めています。

例えば、過去に建設した橋の「測量」で、災害が起きた時の「捜索」などで活用されています。

ここでは仕事に「ドローンを導入してみようかな?」と検討している方に向けて、ビジネスにドローンを導入した事例やかかる費用ついて、保険や補助金などの支援体制はどうなっているのかなど役立つ情報をご紹介いたします。

ビジネスにドローンを!主な活用事例

ビジネスにドローンを活用することには、安全面や効率化などの多くのメリットがあり、今後もドローンによるビジネスは増えていくことが予想されます。そこでメリットとともに、主なドローンを導入した事例を3つ紹介いたします。自分ならどんな業務に活かせるのか参考にしてみてください。

●測量

地形によっては人間による測量は、困難や危険をともないます。また測量自体に多くの時間がかかり、効率的行うことが難しいこともあります。

しかし、ドローンによる測量であれば人間では困難や危険な地形への測量を安全に実施でき、時間がかかることも短縮することでコストを抑えることができるかもしれません。

●インフラ点検

例えば橋の点検は足場を建築してから測量しなければならないため、多くの費用や時間がかかるだけなく、高所作業などでは危険も考えられます。

そこでドローンを活用すれば、足場を建築する必要がないので費用・時間を短縮できます。さらに高所作業などもする必要がなくなるので、危険を回避することで安心・安全に点検を実施することができます。

●災害・捜索

災害が発生したときには、安全が確認できてからでしか立ち入ることができません。またなにかを捜索する際には、人間が立ち入ることが困難な場所や見逃してしまうことがあるかもしれません。

ドローンを活用すれば人間が立ち入れない区域、災害発生時にも上空から調査し、あとからでも映像を確認できます。また赤外線カメラを搭載することで、多くの状況や場所に対応することもできます。

ビジネスにドローンを!主な活用事例

ドローン導入にかかる費用

ドローンがさまざまなビジネスに関わっています。実際に「ドローンを導入しよう」と思っても「費用はどのくらいかかるの?」「事故や故障などの心配が……」などの不安もあるのではないでしょうか。そこで費用の相場、事故や故障などの万が一に備えることができるドローンの保険をご紹介します。

●費用

ビジネス用ドローンの導入には用途によって費用は異なりますが、一般的には10万円~450万円ほどが相場といわれています。

高額かもしれませんが、専用機器の購入や買い替え、建設や点検にかかる足場の準備をするより、一度導入するだけのドローンの方が長い目で見たら安く済むかもしれません。しかし、人立ち入れない区域や危険な業務も安心・安全に行えることを踏まえると安いのかもしれません。

●保険

操作ミスや突風などドローンによる事故や故障は起こりうるものです。しかし、ドローンにも自動車と同じように万が一に備えられる保険があります。ここでは大きく分けて2種類の保険のお話をします。


・賠償責任保険

操作ミスによる落下などで対人・対物に対して損害をあたえてしまう可能性に備える保険です。また保険によって、撮影によるプライバシー侵害などにも対応してくれるものもあります。


・機体保険

突風などで落下した際にドローン本体や搭載カメラなどの損傷に備える保険です。機体の修理や盗難・紛失に対しても保証してくれます。

保険料はどちらの保険でも年間1.5万円~4万円くらいの料金が相場となっています。ドローンを導入した際には万が一に備えて、保険も加入してはいかがでしょうか。

ドローン導入にかかる費用

ものづくり・商業・サービス経営力向上支援補助金とは

費用や保険についてはわかったが、やっぱり高いなと思った方もいるのではないでしょうか。そのような方々には、ドローンの補助金や助成金がおすすめです。

まずご紹介するのが、「ものづくり・商業・サービス経営力向上支援補助金」についてです。聞いたことあるかたもいるのではないでしょうか。

ものづくり・商業・サービス経営力向上支援補助金とは、日本経済をさらに成長させるために政府が始めた補助金制度です。制度の対象は中小企業や小規模の事業主で、生産性を向上させることに関する設備投資などが目的の事業です。

応募期間に申し込み、審査を通過すれば最大1000万円まで受けることができます。さらに条件によっては補助金が増える事もあります。また申請先の事業所も47都道府県にあるので、応募もしやすくなっています。

このものづくり・商業・サービス経営力向上支援補助金がドローンの導入時にも適応されることがありますので、導入を検討している方は是非活用してみてはいかがでしょうか。

その他ドローン導入に役立つ補助金・助成金制度

ものづくり・商業・サービス経営力向上支援補助金のほかにも、ドローン導入に支援してくれる制度があります。補助金や制度を知って、ドローン導入に役立てることができるかもしれません。

●人材開発支援助成金

これは職業訓練を実施する事業主に対して、企業の人材育成を支援する制度です。訓練に関する費用の一部などを支援してくれます。また、助成金が受けられるコースのなかには、ドローンの飛行講習が受けられるようになっています。

●ロボット・ドローンが活躍する省エネルギー社会の実現プロジェクト

ロボットなどを用いて、物流業界などのさまざまな産業で、クリーンもしくは省エネルギーを目指すためルールなどを策定することを目的としたプロジェクトです。こちらもほかの制度と同様に条件を満たし、審査に通過すれば最大120万円の支援を受けることができます。

このようにドローンへの補助金や助成金の制度はいくつかあります。これらの制度を活用することでドローンの導入時の費用を削減することができるかもしれません。

その他ドローン導入に役立つ補助金・助成金制度

まとめ

ビジネスにおけるドローンの活用方法はさまざまです。またそれらにかかる費用だけでなく、ドローンの保険や補助金制度を活用するとより快適にドローンを楽しむことができるかもしれません。

これからドローンが活躍する場は、さまざまな業界で今後も増えていくことが予想されます。政府も2020年の東京オリンピックを見据えて、ドローンなどの新たな技術を活用しようと進めています。

すでに活用されているドローンを導入した事例を参考に、費用削減や安全面・効率面を新たに考えてみてはいかがでしょうか。あなたも主流となりうるドローンを活用したビジネスモデルを検討してみてはいかがでしょうか。

SNSダミー

関連記事

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト