2018.10.02(火)

土地家屋調査士の資格を取得しよう!合格の秘訣と将来を握るカギ

土地家屋調査士の資格を取得しよう!合格の秘訣と将来を握るカギ

土地の境界を調査する「土地家屋調査士」という方々をご存知でしょうか。土地家屋調査士の主な業務は、土地や建物がどこにどんな状況でそこにあるのかを調査し登記することです。

このコラムでは、土地家屋調査士の資格や仕事内容について、また資格合格のためのポイントや土地家屋調査士の新しい試みもご紹介します。ぜひ、読んでみてください。

意外と知られていない国家資格「土地家屋調査士」とは

土地家屋調査士とは国家資格のひとつなのですが、その仕事内容はあまり知らないという方も多いのではないでしょうか。土地家屋調査士の主な仕事内容は、土地や建物に関する登記に必要な調査と、測量などにあわせて申請手続きなどをおこなうことです。

土地家屋調査士は登記に必要な調査のほかに「境界標」といって、土地の境界の目印になる目印を設置するのも仕事のひとつです。

また、土地の所在位置や形状を明らかにするための地積測量図を測定することや、土地の所在地番や建物の表示に関する登記を代理申請する仕事などもおこなっています。むずかしい資格のようにも思えますが、土地家屋調査士の資格試験の受験に必要な条件はないため、誰でも受験することが可能です。

意外と知られていない国家資格「土地家屋調査士」とは

土地家屋調査士試験は午前と午後がある!難易度は?

土地家屋調査士の試験には、午前の部と午後の部と口述試験の3つがあります。午前の部は、「測量士」「測量士補」「一級建築士」「二級建築士」の有資格者は免除されます。午前の部は多肢択一式10問と、記述式1問を2時間で回答するものになっていますが、難関は記述式の1問でしょう。

試験の問題の中に、土地と建物の図面と申請書を書く問題がありますが、試験問題の中でこの図面の問題が一番むずかしいといわれています。午後の部内容は民法に関するものや、不動産登記法など法律にかかわる問題が多くなります。

土地家屋調査士の試験では、午前の部と午後の部を合格したあとに口述試験がおこなわれます。質問内容はその都度変わりますが、基本的には「不動産登記法」「土地家屋調査士法」を中心に質問されているようです。

土地家屋調査士試験の合格メソッド!

土地家屋調査士の試験は難易度が高いといわれています。しかし、それは「測量士」「測量士補」「一級建築士」「二級建築士」の資格を持っていない状況で試験を受ける場合の話です。

先ほども述べましたが、「測量士」「測量士補」「一級建築士」「二級建築士」の資格を持っている場合は、午前の部を受けなくて済むのです。つまり試験の勉強しなければならない範囲を狭めることができるため、勉強時間を効率的に使うことができます。

土地家屋調査士の資格を取得するための勉強方法は、人によってさまざまです。大きな違いがあるとすれば、それは「確保できる勉強時間」でしょう。受験する人によっては、仕事をしながら勉強しなければなりません。

勉強方法のコツをご紹介しますので、自身にあった勉強方法があれば参考にしてみてください。

・すき間時間を活用する

この癖をつけるようにすれば、時間効率をぐっと上げることができます。例えば通勤中の電車といった移動時間に、とにかくひとつでも多く覚える努力をしましょう。すき間時間を有効活用することで、解ける問題もどんどん多くなるでしょう。

しかし、ただ読むのでは意味がありません。わからなかったところは必ずマーカーなどでマークして、あとから確認しましょう。

・通信講座や学校などを利用する

インターネットを通じて資格取得のための勉強をすることで、効率よく勉強できます。通信講座の種類にもよりますが、講師やそのスタッフに質問や状況などを聞くことができます。独学で学び試験に挑むより、安心して試験に挑むことができるでしょう。

・毎日問題を解く

毎日数問解くことを癖づけることで、自然と問題のパターンが見えてきます。応用力をつけることで、見たことがないような問題にも対応できるようになるはずです。

ポイントとして、いきなり10問20問とたくさん解くのではなく、2問3問と少なく継続的に続けることがポイントです。

これらのほかにもさまざまな勉強方法はありますが、一番重要なことは自分に合った勉強法を見つけることです。がむしゃらに勉強するのではなく、ひとつひとつをクリアしていくことが重要です。

土地家屋調査士試験の合格メソッド!

土地家屋調査士の将来を握るのはドローン?!

近年ではさまざまな形でドローンが活用されていますが、土地家屋調査士の仕事においてもドローンは活躍しています。以前まで、山岳地や豪雪地域での調査には時間とコストがかかっていました。

しかし、空を自由に飛び回って調査ができるドローンを活用することで、作業時間や設備なにかかるコストを、抑えることができるようになりました。そのため、今では土地家屋調査士にとってもドローンは重要なツールなのです。

平面図では説明がむずかしかったことも、三次元画像で分かりやすく、さまざまな視点から土地や場所を見ることができるようになりました。現在ではさらなる進化のための研究と開発が進んでいます。

そんな進化を続けているドローンですが、じつは土地家屋調査士の多くの方がスクールに通って練習しているのをご存知でしょうか。土地家屋調査士の仕事にドローンが活用されていると説明しましたが、土地家屋調査士の資格を持っていても、いきなりドローンの操縦はできませんよね。

最近では、ドローンがさまざまな場面で活躍することを見越してドローンスクールに通う方も多くいます。興味のある方は、ぜひ検討してみてください。

土地家屋調査士の将来を握るのはドローン?!

まとめ

土地家屋調査士の仕事は誰でもできるものではありません。受験内容も難関といわれている、むずかしい国家資格です。この仕事は土地を守るほか、土地として登録する仕事をしています。

土地家屋調査士の受験勉強は法律関係も多く、覚える内容がむずかしいといわれています。そのため、試験勉強には自分にあった工夫と方法を見つけることが重要です。

試験勉強はあきらめず継続していくことが重要ですが、その中に楽しさを見つけることもポイントです。その先には、ドローンなど新しい技術が待っています。ぜひ、土地家屋調査士の資格試験に挑戦してみてはいかがでしょうか。

SNSダミー

関連記事

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト