2018.10.01(月)

ドローンの撮影には許可が必要?!条件や申請方法について詳しく解説

ドローンの撮影には許可が必要?!条件や申請方法について詳しく解説

ドローンの撮影動画をみていて「あんな映像を自分も撮ってみたい!」と思ったことはないでしょうか。しかし、ドローンの撮影には許可が必要な場合もあります。

一般的になりつつあるドローンですが、ドローンに関する法律やルールに関しては、あまり知らない方も多いようです。「知らない間に法律違反をしていた……」ということにならないように、ドローンの撮影の許可と申請についてご紹介し

ます。

ドローン撮影に許可が必要な場所

ドローンの撮影に許可が必要な場所とは、どのような場所でしょうか。航空法によりドローンの飛行・撮影が禁止されている場所として「空港などの周辺」「人口集中地区」「150m以上の高さの空域」があります。

手軽に空撮ができるなど便利なドローンですが、誤った操作をしてしまうと大きな事故につながる危険もあります。そのようなリスクを避けるために、国土交通省は飛行禁止地域を定めているのです。

ただし、「安全性を確保し、許可を受けた場合」はドローンの飛行・撮影が許可されます。ドローンの撮影を許可してもらうための申請は、最低でも飛行開始の10日前までに申請する必要があります。

また、飛行禁止区域以外にも、守らなければならないルールがいくつかあります。


【承認が必要なケース】

・夜間の飛行

・目視外飛行

・建物や車や人から30m未満の飛行

・イベント上空の飛行

・危険物の輸送

・物を投下する


ちなみに、飛行禁止区域はGoogleマップなどを利用して確認することもできるので、ドローンの飛行の際は一度確認してみましょう。

ドローン撮影に許可が必要な場所

ドローン撮影許可の申請方法と申請先

ドローンの撮影許可の申請先には「国土交通省」と「空港事務局所」の2ヶ所です。申請方法は3種類あります。注意点として、最低でもドローンを飛行させる予定日の10日前までに申請を済ませておく必要があるので気をつけましょう。

オンラインサービスによる申請

ドローンの撮影許可はWebサイトから申請することができます。オンラインであれば、24時間365日いつでも申請が可能なので、ぜひ利用してみてください。

郵送による申請

ドローンの撮影許可は郵送でも申請することができます。郵送での返送を希望する場合、返信用封筒に80円切手を貼り「書留」もしくは「簡易書留」と朱書き(赤色のペンで文字を書き囲う)で封筒の表側に記載してください。

持参による申請

ドローンの撮影許可申請は、書類を窓口に持参することもできます。受付時間は「09:00~17:00」なので、注意してください。また、返信書類を郵送で送ってもらう場合は、返信用封筒を持参する必要があります。

ドローン撮影許可の申請方法と申請先

ドローンの撮影許可申請に種類がある!「一括申請」と「包括申請」

ドローンの撮影許可申請にはいくつか種類があります。ここでは、「一括申請」と「包括申請」について解説します。

一括申請

ドローンでイベントの撮影と人から30m以内の撮影を行いたい場合、2つに承認が必要になりますよ。「一括申請」なら、2つまとめて申請することができます。

包括申請

ドローンでの撮影が長引くことが予想される場合、そのたびに申請するのは手間がかかってしまいますよね。そのような場合、「包括申請」をすることで「同一の申請者が一定期間内に反復して飛行を行う場合、または異なる複数の場所で飛行を行う場合」の撮影許可を得ることができます。

要注意!許可を取れる人と取れない人

ドローンの撮影許可はだれでも得られるのでしょうか。残念ながら申請したからといって、だれでも許可が得られるわけではありません。では、どのような方がドローンの撮影許可が得られないのでしょうか。要件は主に3つあります。


【申請が通らない人の特徴】

・ドローンの操縦技術が足りない

・ドローンの知識が足りない

・航空法の理解度が低い


申請が必要ということは、危険度の高い場所で飛行をするということになるので、安全に飛行させる技術と知識が求められます。航空法は法律です。万が一違法してしまった場合、書類送検や罰金刑などに処されてしまいます。

ドローンの操縦技術に関しては、一般的に10時間以上の飛行訓練が必要とされています。ドローンの撮影許可を得るための知識と技術をまとめて身につけたいのであれば、ドローンスクールに通うことも1つの手段です。ドローンスクールでは、操縦技術はもちろん安全に飛行するための知識をしっかり学ぶことができるのでオススメです。

要注意!許可を取れる人と取れない人

まとめ

ドローンはどこでも自由に飛ばしていいわけではありません。飛行禁止区域では、ドローンの撮影許可を申請する必要があります。

申請には大きく分けて「一括申請」と「包括申請」があり、一括申請は2つ以上の申請をまとめることができます。包括申請は長い期間複数回に分けて撮影したい場合に便利なので、ぜひ覚えておきましょう。

しかし、許可を得るためには一定の操縦技術と知識が必要です。手っ取り早く身につけたいのであれば、ドローンスクールに通ってみてはいかがでしょうか。ドローンのプロである講師が、しっかり教えてくれますよ。

SNSダミー

関連記事

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト