2018.09.26(水)

今話題のドローン測量の方法を詳しく解説!測量士はどうするべきか

今話題のドローン測量の方法を詳しく解説!測量士はどうするべきか

現在、日本では少子高齢化に伴いさまざまな仕事現場で人手不足が問題になっています。そんな人手不足問題の解決策として、ドローンへの期待が高まっています。

実際に日本では、測量の分野で既にドローンが活用されています。では、ドローン測量を導入することによって、どのようなメリットがあるのでしょうか。今回の記事では、ドローン測量の方法や、メリット・デメリットをご紹介します。測量分野に携わる方、興味のある方は、ぜひ読んでみてください。

画期的!ドローンによる測量方法

従来の測量方法では、人間が地上に測量機器を設置しておこないます。いちいち機材を持ち運ぶ必要があるため、どうしても時間や労力がかかってしまいます。

ドローンによる測量方法は、ドローンを飛ばして空中から測量したい場所の撮影やデータを収集します。集めたデータをパソコンに取り込み、専用の画像解析ソフトなどを使って解析するのです。

ドローン測量では、一度にさまざまなデータを収集することができます。従来の方法では、収集したいデータによって測量に使う機材を変える必要がありました。ドローンがこの測量の分野で活躍することで、測定に必要な時間や費用を大幅に抑えることができます。詳細なデータを収集できるため、今まではできなかった測量データの3Dモデル化も可能です。

また、今まで機材を運んで測量することが難しかった狭い場所や山の上などでも、ドローンを活用することで測量することができるようになりました。これからますますドローン測量の需要は高まるでしょう。

画期的!ドローンによる測量方法

ドローン測量には「写真測量」と「レーザー測量」がある

ドローンによる測量方法には、「写真測量」と「レーザー測量」の2つがあります。それぞれの詳しい測量方法と、メリットやデメリットをみていきましょう。

写真測量

カメラ機能が搭載されたドローンを飛ばし、測量したい場所の写真を撮影する方法です。複数枚の写真をデータ化させることで、地表の状態を把握することができます。レーザー測量よりもコストを抑えることができますが、測量の精度は劣ります。

レーザー測量

小型のレーザー発信器が搭載されたドローンで測量をする方法です。反射したレーザーを受信することで、地形データを測定することができます。また、写真測量では難しい木や草などの植物が生えている場所でも、測量できることが特徴です。

デメリットは、レーザーが搭載されているドローンが高額な点です。また、ドローン測量自体の弱点として、天候の影響を受けやすいことがあります。雨風が強い日はドローンの制御が困難になるので、測量をおこなうことは難しいでしょう。

ドローン測量には資格が必要?知識や技術を身につけよう

測量の分野で、ドローンは既に活躍をしています。そこでドローンによる測量方法には、資格が必要なのかどうか気になりますよね。

まずは、測量に関する資格を持っている必要があります。測量は、国家資格を持っていないとおこなうことができません。これはドローンによる測量方法でも同じです。

そのほかに必要な資格は、現在日本にはありません。ただ、測量する場所によっては、高度な操作技術が必要になるほか、ドローンの飛行ルールも熟知しておく必要があります。もし測量にドローンを活用したいという方は、ドローンスクールに通ってみてはいかがでしょうか。

現在日本では、全国でさまざまな団体がドローンスクールを開催しています。ドローンスクールを開催している団体にも特徴があり、受講できるカリキュラムもさまざまです。ドローンスクールによっては、ドローンの測量に関する授業を開催しているようです。

ドローンスクールで測量の知識や、高度な操作技術や知識を習得しましょう。ドローンスクールによっては、ドローンの民間資格を取得できるカリキュラムもあります。資格の面倒な申請手続きなどは、ドローンスクールがおこなってくれるのも魅力的ですよね。

民間資格を取得できるドローンスクールは、全国にいくつかキャンパスを構えています。もしかしたら、自分の住んでいる町にもあるかもしれません。気になる方は一度調べてみてはいかがでしょうか。

ドローン測量には資格が必要?知識や技術を身につけよう

まとめ

現在日本では、さまざまなビジネスの分野でドローンが活躍しています。今後もその分野の幅は広がっていくことでしょう。ドローンを測量に用いることで、時間や費用を削減できるだけでなく、これまで測量が難しかった場所の測量も可能になります。

「測量にドローンを活用されているなんて知らなかった。」という方も多いのではないでしょうか。近い将来には、ドローンによる測量方法が主流になるかもしれません。そうなったときに、ドローンの操作技術や知識があることは、大きな強みになるでしょう。

ぜひドローンスクールに通って、ドローンの操作技術や知識を培い、資格も取得してみてはいかがでしょうか?

SNSダミー

関連記事

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト