2018.09.26(水)

ドローン測量士の未来は明るい?従来の測量方法とドローン測量を比較

ドローン測量士の未来は明るい?従来の測量方法とドローン測量を比較

「ドローンで測量ってできるの?」現在、測量士の方やこれから測量やドローンの勉強に挑戦する方のなかには、こんな疑問をお持ちになった方もいるかと思います。

従来の測量方法には、地形的な問題から測量できる場所に限界がありました。しかし、ドローンの強みを活かすことで、今まで人の手が入らなかった山や森の地形まで測量できるようになりました。

近年、測量士とドローンをかけあわせた新たな可能性に着目して、ドローン測量士を求める企業もでてきています。そこで今回は、ドローン測量の方法や今後についてご紹介します。

従来の測量方法と問題点

まずドローンの測量ではなく、従来からの測量方法とその問題点を紹介します。

従来の方法

現在主流となっている測量は多角測量といわれるものです。トラバース測量ともいいます。

まず、土地上の2つの点を基準とし、その2点の間の距離と角度を測ります。そのうちの一方から、土地の境界線に沿って別の地点に点を打ち、新たな点との間の距離と角度を測ります。これを繰り返していくことで、土地の大きさを測量して方法が多角測量です。

障害物を避けるように2点を配置することができるため、市街地などの見通しの悪い場所でも測量ができます。

問題点

しかし、この測量方法には多くの人手が必要であり、広範囲の測量になると時間も人件費もかさむというデメリットがありました。また起伏の激しい地形や急斜面を図る場合には、メジャーなどの測量機と地面を水平にすることが難しく不向きでした。

従来の測量方法と問題点

何がすごい?!ドローンによる測量

次にドローン測量について説明します。そもそもドローンとはUAV(無人航空機)の一種で、ドローン測量のことをUAV測量と呼ぶこともあります。ただし、ドローンのようにプロペラがある無人航空機をドローンと呼び、そうでないものをUAVと区別することもあります。

ドローン測量のメリットは、人が立ち入れない場所でも上空から撮影し、測量できることです。とくに土砂崩れなどの災害時には、人が立ち入ることは危険ですが、UAVであればそのような地域にも入っていくことができます。

また短い時間で広範囲の撮影ができるので、少人数でも測量することができます。人手が足りなくなってきている土木の現場では、ドローンによる測量は人手不足を解消できる便利なツールといえます。

さらに、ドローンで撮影したデータは平面ではなく3Dモデル化できます。測量地点の気になる断面図の部分だけ出力することもできるため、施工計画を立てるときなどに便利です。

「写真測量」と「レーザー測量」の違い

ドローンでの測量には、「写真測量」と「レーザー測量」の2つがあります。ここではその違いや特徴について解説します。

写真測量

写真測量は、ドローンから写真を連続して撮影し、専用のソフト画像解析をして情報を収集する測量方法です。写真測量は、まず空撮をおこなう範囲内を決める基準点を設定し、この範囲内でのドローンの飛行プランを決定します。

この飛行プランにそって写真を連続して撮影し3Dモデル化のデータを収集していくことになります。しかし、広い範囲を撮影する場合、基準点を何度も再設定しなければなりません。

レーザー測量

これに対し、レーザー測量は地面にレーザーを照射することで地形データを収集します。写真測量と異なるのは、森林などの写真撮影が困難な地形でも測量できることです。木を切り終えていない場所でも、上空からのレーザー撮影で土地の測量をおこなうことができます。また基準点を設けずに測量できるので、より短時間で広範囲の測量ができます。

「写真測量」と「レーザー測量」の違い

ドローン測量士の需要は高まっている

ドローンで測量することができる測量士も近年需要が増えてきています。求人情報を見てみると、ドローン測量士の業務内容としてドローンで測量することだけでなく、収集情報の解析補助などドローンに関連する業務も挙げられています。ドローンに関する知識を持っている人を企業側が欲しがっていることがわかります。

また、土木業界では人材が減少傾向です。測量士も減少しているため、少人数で測量できるドローン測量はニーズが高まってきています。また日本だけでなく海外においても、日本人のドローンを使った測量技術の高さに関心がでてきているようです。

ドローン操縦に関する技術と知識を身につけておけば、近い将来きっとあなたの強みになるでしょう。

ドローン測量士になるためには

では、ドローン測量士になるはどうすればよいのでしょうか。必要な資格について説明していきます。

資格について

まず、測量士の資格が必要です。測量士は国家資格で測量士試験に合格するか、大学や短大で測量に関する科目を修了し、実務経験を積むことでなることができます。

次にドローンの操縦士についてです。現状、ドローンの操縦には免許は必要ありません。そのため、とくに資格なくドローンの操縦をすることはできます。

しかしドローンには民間の資格があり、これを取得することをおすすめします。ドローンを飛行させるには国土交通省の許可が必要な場合がほとんどで、許可の申請時に資格を持っていれば、審査が通りやすくなるからです。

スクールについて

ただ、独学でドローンの技術や知識を持つのはなかなか大変です。ドローンに詳しい人の下で、正しい技術や知識を持たないと資格の取得は難しいかもしれません。

そこで、ドローンのスクールに通うことをおすすめします。ドローンスクールでは、ドローンに関する知識と技術を整った環境下で教えてくれます。スクールのなかにはドローン測量に特化した講座を開講しているところもあります。将来的にドローン測量をやりたいと考えている人にはおすすめです。

ドローン測量士になるためには

まとめ

ドローンの測量は、少人数で広範囲の測量ができることや、集めたデータを3Dモデル化できるなど、多くのメリットがあります。そのため、近年ドローンを使える測量士を求める会社も増えてきました。今後も需要は高まることが予想されます。

ドローン測量にはドローンの操縦技術が必要不可欠です。技術を学ぶ近道として、スクールに通うという選択もあります。ドローン測量士を目指している方や現在測量士である方も、今後のキャリアアップのためにドローンスクールに通ってみてはどうでしょうか。

SNSダミー

関連記事

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト