2018.09.25(火)

ドローンで岡山をもっと元気に!ドローンスクールや練習場を紹介

ドローンで岡山をもっと元気に!ドローンスクールや練習場を紹介

ドローンがビジネスの分野で活躍を見せていることは、知っている人も多いのではないでしょうか。しかしドローンは今、岡山などの深刻な問題を抱えている地域でも活躍をしているのです。

今回の記事では、岡山が抱える深刻な問題や、それに対してどのようなドローンの活用方法が考えられているのかなどをご紹介します。

新しいドローンビジネスについて興味のある人は、ぜひ読んでみてください。

さまざまな現場で活躍!ドローン操縦士とは

ドローンはさまざまなビジネスの分野において活躍しており、今後もその活躍の幅は広がっていくと考えられています。そんな中でドローンに関する知識や操作技術を学ぶことができる“ドローンスクール”といったものも誕生しました。

ドローンスクールを開催している団体はたくさんあります。民間が発行している資格を取得できたり、より専門的な知識や技術を学べたりとスクールのカリキュラムによっていろんな特色があります。

ここで学んだ知識や技術をビジネスの現場で生かしている人がいるのです。それが“ドローン操縦士”と呼ばれる人たちです。

ドローン操縦士として活躍する現場は、測量や建築の分野が挙げられます。

測量

測量とは大きく“土木測量”と“地図測量”、“地籍測量”の3つに分けられます。そのなかでも建設予定地の正確な座標・高さ・面積などを測量する“土木測量”では、ドローンを活用することでコストを削減するだけでなく、より精密な測量を可能にしました。

またドローンに搭載されたカメラやセンサーを利用することで、平面ではなく立体的に現場の地形をとらえ、設計に活かすこともできるのです。

建築

建築の分野でもドローンが活躍を見せています。今までは作業員が足場を組み、命綱をつけて高い場所の点検を行っていました。しかしドローンにカメラを搭載して高い場所の点検を行うことで、作業員を落下のリスクから守るだけでなく足場を組む時間やコストを大きく削減することができます。

このような分野でドローンを飛ばすのには、高い操作技術やより専門的な知識が必要になります。そのため、ドローン操縦士の存在が必要不可欠なのです。

実はこのような専門的なドローン学習が岡山で可能なことは知っていますか?まずは岡山について簡単にご紹介します。

さまざまな現場で活躍!ドローン操縦士とは

岡山の抱える課題と解決策

ドローンを岡山で勉強ができるとお伝えしました。その中でもドローンスクールのひとつがある岡山県和気町では、現在抱えている深刻な問題を解決するためにドローンを活用しようとしています。

その問題とは、人口の減少と高齢化に伴い「地域社会が消滅してしまい、住むのが困難になる」というものです。和気町だけでなく、将来的には日本の多数の地域で起こる問題だといわれています。

では、具体的に人口の減少である「過疎化」が進むと、どのような問題が発生してしまうのでしょうか。

過疎化が進んだ集落では、一人暮らしの高齢者の世帯が大半を占めるようになります。このような過疎化が進んだ集落ではスーパーなどの買い物ができる場所が失われ、車での買い物を余儀なくされます。しかし高齢者は自分で車を運転して買い物にいくことが難しい場合が大半です。

そこで現在は週に2回、配送料無料で宅配サービスを行っている団体があります。その団体に対して、和気町が年間320万円の支援を行っています。

この宅配サービスの分野にドローンが参入することが検討されています。ドローンによる宅配サービスが実際に実施されれば、週2回以上の宅配も可能になり、町も大幅なコストの削減が可能になります。

他にも害獣に関する問題も抱えています。平成23年度~25年度の3年間で3億円を超える予算を費やして防護柵を設置しましたが、イノシシなどの害獣の被害はまだ後を絶っていません。

そこでドローンによる自動監視と威嚇撃退による害獣対策が考えられています。これによっても、大幅なコストの削減が期待できるのです。

このような岡山県が抱える問題に対して、ドローンを活用して解決させ、岡山県をドローン事業のモデルエリアにしようという動きがあるのです。

岡山の抱える課題と解決策

岡山でドローンの練習ができる場所

ドローンビジネスに参入している企業は、今岡山県に注目をしています。そんな岡山県でドローンの飛行が可能なエリアは限られています。

基本的に岡山県でドローンを飛ばせる場所は限定されており、あまり広くない公園などでは、飛行が禁止されていたり規制があるので確認が必要です。

ドローンの飛行練習場は、“チロリン村キャンプグランド”と“笠岡ふれあい空港”の2カ所が有名です。それぞれ利用可能な時間が決められており、チロリン村キャンプグランドでは利用料金が発生するので注意しましょう。

ドローンを岡山で飛ばすときや練習をするときは、確認をしておきましょう。

岡山のドローンスクールを紹介

ドローン業界が今注目している岡山県ですが、有名なドローンスクールがいくつもキャンパスなどを構えています。岡山にあるドローンスクールのなかで有名なものを3つ、特徴と合わせてご紹介します。

Future Dimension Drone Academy

「ドローンを飛ばしてみたい!」というドローン初心者の人に向けたものや、より専門的な知識や操作技術を学ぶことができるものなど、幅広いカリキュラムを用意しています。

実務経験が豊富なインストラクターからマンツーマンで操作技術を学ぶことができるのが大きな魅力のひとつです。

ドローンスクールジャパン

株式会社旭テクノロジーが開講しているドローンスクールです。岡山県岡山市にキャンパスを構えています。需要の高まっているドローン操縦士の育成を目的とし、現場のプロから直接ドローン操縦に関する技術を学ぶことができます。

ドローントレーニングセンター岡山

こちらのドローンスクールは“”JUIDA認定スクール”として、決められたカリキュラムを受講することでJUIDA認定の資格を取得することができます。

現在ドローンに関する資格は民間でのみ発行されており、取得をしておくと今後のドローン操縦士として必ず役に立つことでしょう。

「ドローンを岡山で活躍させたい!」と考えている人はドローンスクールを岡山県で受講することで、岡山県の活性化につながるかもしれません。

岡山のドローンスクールを紹介

まとめ

過疎化などの問題に直面しているのは、岡山県だけではありません。今回はドローンと岡山の関係についてご紹介しましたが、今後このようにドローンが活躍する地域は増えていくと考えられています。

このようなドローンビジネスに参入するには、ドローン操縦士として知識や操作技術を習得しておく必要があります。今のうちに自分の学びたい分野などを決めて、自分に合ったドローンスクールで勉強を始めてみてはいかがでしょうか?

SNSダミー

関連記事

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト