2018.07.24(火)

ドローンとは?だれでもわかる「ラジコン飛行機との違い」

SNSダミー

ドローンという言葉を聞くことが増えてきましたが、実際はドローンとはどのようなものなのかを知っている方は少ないと思います。写真や映像を見たときに、ラジコンに似ていると思った方もいらっしゃるでしょう。
実はドローンはラジコンとは違った性能があり、まったく別物なのです。今後使用することが増えていくといわれているドローンについて説明いたします。

ドローンとは「無人で飛ばせる飛行機」のこと

ドローンは最近よく聞く単語で、一般的に小型のラジコンみたいなもの、と思っている方が多いと思います。実はドローンとは「無人飛行機」の総称です。

ドローンは無人で操作することができます。ドローンの機械内部にプログラムを書き込むことで、自動で操作できるようになっているのです。ドローンにはGPS機能が搭載されており、どの場所にドローンがいるのかわかるようになっています。
また、カメラ機能もあるドローンの場合は映像を見ながら、自分の目線で動いているかのように操作することもできます

・マルチコプターはドローンの中の1つ

ドローンは「無人飛行機」の総称です。マルチコプターは、その無人飛行機一種といえます。しかし、マルチコプターがドローンのなかでもっとも有名になったので、「マルチコプター」をドローンと呼んでいる流れがあります。

ドローンの意味ドローンの意味は「オスの蜂」。語源は飛ぶ音がうるさいから?

ドローンとは無人飛行機の総称ですが、なぜドローンという名前で呼ばれるようになったのでしょうか。

もともとは軍用だった「ドローン」

いまから80年以上前に軍用として開発された「無人戦闘機」に「クイーン・ビー」という名前がついていたので、小型化された無人飛行機に「ドローン」と名付けたという説が有力です。ドローンには「オス蜂」という意味があります。無人戦闘機はどんどん改良されて、いまのドローンの大きさになりました。現在の軍用ドローンは「偵察」や「監視」に使われています。

また、ドローンの飛行する音は蜂みたいにうるさいです。
軍用の無人戦闘機が空母からひっきりなしに出入りする様子が、まるで蜂のようだったので蜂にちなんだ名前なのかもしれません。

ドローンのメリットとデメリットを知ろう

ドローンとは無人飛行機です。そのため人が入ることができない場所に動かすことができ、災害時に役に立つとして注目されています。そんなドローンにはどのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか。

メリット

・無人で飛ばせる

ドローンの一番のメリットは無人で飛ばすことが可能なことです。人が入れない場所に入ることができ、作業することができます。

デメリット

・音がうるさい

ドローンを起動させると、飛んだ際の羽の音が大きいため、騒音被害になる可能性があります。夜、許可なく飛ばしてはいけないのもうなずけます。

・プライバシーの問題

空を飛んで撮影することも可能なため、高い位置からの撮影も可能です。そのため盗撮などの被害につながってしまうかもしれません。

・落ちることがある

ドローンにはある程度、自動で姿勢を保つプログラムが組み込まれています。そのため、ラジコンより操作性が高いと思われていますが、実際には人の操作技術が大切です。機械の動作不良によって落ちることもあります。

これからドローンが必要になる仕事とは

ドローンの技術進化によって、ドローンを必要とする仕事が増えてくると考えられています。人が入れない場所などで災害支援するほかにも、高層ビルや橋の上の点検場所で利用できると期待されています。

・空撮

景色を撮影するときや、映像を撮影するときは飛行機に乗って撮影するしかありませんでした。そのため、飛行機の操縦士とカメラマンが2人1組で仕事をしなくてはいけませんでした。しかし、ドローンを使えば一人で自由な撮影をすることが可能になります。
飛行機を操縦するには免許が要りますが、ドローンにはそういった資格は一切必要ないので誰でも空撮することができるようになったといえます。

・運送

ドローンとは無人飛行機であるため、トラックで運んでいた商品を、空から配達できるようになります。空からの配達は、地形に合わせて遠回りをしなくてよく、混雑状況も関係なくなります。そのため、ドローンを使った運送ができれば、時間を短くできると期待されています。

・点検

測量などの点検をする際にドローンを使用することで、精確に点検することができると考えられています。また、農業などでも監視カメラを使用せず、ドローンで農場の設備を確認することができるため、広い土地を運用しているときはとても便利です。

ドローンに限界はある?

今後さまざまな分野で期待されているドローンですが、実はできないことも多くあります。ドローンとはどのようなものなのかを理解して、安全に操作することが大切です。

・重いものを運ぶパワーの限界

ドローンで飛行するにあたり、荷物を運ぶ作業などで使用することも増えてくると予想されます。しかし、重量によっては運べない場合や制限があります。

・バッテリー時間の限界

ドローンは機械です。そのためバッテリー時間の限界がくれば、動作できません。ドローンが自動で充電できる機能と環境がない限りは、バッテリー残量を気にしながら飛ばさなくてはいけません。

・飛ばせる高さの限界

現在、ドローンの飛ばしてもいい高さは地上から150メートルと制限がされています。また、これ以上飛ばすためには許可が必要です。

・飛ばせる距離の限界

ドローンの飛ばせる距離はバッテリー時間によって変化してきます。また、ドローンによる事故を防ぐため、ドローンが操縦者から見える距離までで飛行することが国土交通省のルールに定められています。
運送でドローンを使用する際に距離を延ばすためには、さまざまな法整備が必要です。

まとめ

最近注目されているドローンとは、無人飛行機の総称のことをいいます。そのためドローンには小さいものから大きなものまで、さまざまな種類に分けることができます。

ドローンはプログラミングの仕組みによって、人が入れない場所に入ることができたり、作業をすることが可能になります。今後はドローンを使用して、災害支援やさまざまな仕事をすることが増えてくるかもしれません。

しかし、機械の動作不良で落ちてしまう事や騒音、バッテリー時間の限界など、ドローンを運用するにはさまざまなことを改善する必要もあります。ドローンを運用する際にはこの改善点や限界を踏まえた上で使用することが大切です。

SNSダミー

関連記事

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト