2018.09.25(火)

ドローン配送はいつ実現する?新たなビジネスに必要な知識と技術

ドローン配送はいつ実現する?新たなビジネスに必要な知識と技術

ドローンは現在さまざまな用途で活用されています。なかでも、人手不足が叫ばれている物流業界への利用が、世界各国ではじまっています。

ドローン配送は数年前から各国で実用化にむけた構想がはじまり、実験を繰り返して実用化に至っている企業も多くあります。日本でも試用段階ではありますがすでに実用化され、本格的な導入にむけて技術の改善が続いています。

今回は、ドローン配送の具体的な現状に焦点をあてていきます。またそれを通してドローンがわたしたちの生活にどんな利益をもたらしてくれるのかを紹介していきます。ドローンビジネスに興味があるかたもぜひ参考にしてみてください。

ドローン配送とは?物流業界の革命

現在、物流業界は深刻な人手不足が問題になっています。ウェブサイトやフリマアプリなどでネットショッピングが急速に普及し、配送する荷物の絶対量が増えたためです。配達作業員が業務過多により過労になるなど、社会問題化しています。

そんな問題を軽減する存在となりえるのが「ドローン配送」です。ドローン配送はその名の通り、ドローンを使って荷物を目的地まで配送するものです。世界各国、また日本でもすでに試験的に実用化されている地域もあります。

日本では、主に山間部や離島で運用されています。また大手のネットショッピングのウェブサイトを運営している会社が中心となって、都市部などでも実用化にむけた開発をしており、すでに実用化している会社もあります。

ドローン配送とは?物流業界の革命

ドローン配送の実験はすでにはじまっている

大手ネットショッピングのウェブサイトを運営している大手3社の現在の状況を、会社別にご紹介します。

Amazon

Amazonは「Amazon Prime Air」という名前のサービスとして、ドローン配送を実用化しました。消費者は今までと同様に商品をクリックして購入します。その後倉庫に待機させてあるドローンに商品が積まれ、配送されます。

日本での実用化はまだですが、イギリスではすでに実用化しています。ただし、本格的に普及しているわけではなく、今後もさまざまな課題をクリアしていく必要があるようです。

楽天

楽天は「楽天ドローン」というプロジェクトを開始していて、商品の配送用のドローンをオリジナルで開発し、すでに実用化しています。配送用に開発されたドローンのため、すべての動きがコンピュータ制御され全自動で配送できるほか、ドローンがどこを飛行しているかをアプリで確認することができます。

注文は専用のアプリケーションを使用します。現時点では「ドローンでは運べない商品は購入できない」といった制限があるようです。楽天は自社ホームページでどんな実験をおこなってきたかも紹介しています。具体的なプロジェクトの歴史がわかることから、安心してサービスを利用しやすいといえます。

イオン

イオンを運営しているイオンリテール株式会社も、ドローン配送の実用化に積極的に参入しています。実際に、「幕張新都心の店舗から近隣公園へワインを宅配する」といった実験がおこなわれたようです。食料品の配達が実現すれば、高齢化問題解決の糸口になるでしょう。

日本での実現化はいつ?今後の課題

先ほども説明した通り、日本の大手ネットショッピングサイトを運営している会社がすでに実用化しています。しかし、それもまだ本格的なものとはいえません。ドローン配送には、あらゆる問題点があります。以下がその例です。


【積載量】

ドローンの種類によって最大積載量が決まっています。積載量には限度があるため、荷物によって運ぶことができないことがあります。無理な輸送をおこなえば、落下する危険もあるでしょう。


【商品の盗難】

近年、ドローンに対するコンピューターウィルスが誕生しています。ドローンを不正に制御して、商品を盗むといった犯罪が発生しています。このようなセキュリティ問題も解決していかなければなりません。


【コスト】

コストも大きな問題点です。ドローン配送は、配送ドライバーの人件費などを削減が期待されています。しかし、一度に輸送できる荷物は限られるため、多くのドローンを用意する必要があるでしょう。また、故障時の修理費用なども考えなければなりません。


【天候】

ドローンは雨や風といった天候の影響を受けやすいため、天候が悪いと飛行することができません。また、砂ぼこりが機体に入りこむことで、故障してしまうことも多いようです。近年では雨に強いドローンも開発されていますが、根本的な問題解決にはまだ時間がかかるでしょう。

日本での実現化はいつ?今後の課題

ドローン配送に必要な知識と技術を身につけよう

ドローン配送もすべてをドローンが判断して勝手に動くわけではありません。人間の管理が必要不可欠です。通常のドローンの飛行と同じで、飛行時には航空法などの守るべき法律があります。そのため管理者はスクールに通ったりして知識を身につける必要があるのです。

現在、全国各地に「ドローンスクール」があります。ドローンスクールとは、ドローンの知識や技術を専門的に学べる学校のことです。また、大学などの理工系の学部などにもドローンについて学ぶ学部・学科が登場しているようです。

スクールは年月をかけて学ぶ場合もあれば、数日の短期間で学ぶ場合もあります。短期であれば4日程度で卒業することもできるのでおすすめです。ドローン配送のビジネスに興味のある方は通ってみてはいかがでしょうか?

まとめ

ドローン配送は物流業界がかかえる人手不足の問題を解決してくれる可能性を秘めています。また、ドローンを活用した新しいビジネスはこれからも増えていくでしょう。

実際にドローン配送を実用化している国や地域もありますが、本格的に配送ドライバーの代わりになるには、まだまだ課題が多く残っています。ドローンは天候の影響を受けやすく、雨や風の強い日には飛ばすことが困難です。

しかし、いずれ技術がもっと発展すれば、ドローンが配送をすべて担う時代もくるかもしれません。将来を考えて、ドローンの知識や技術を今のうちに身につけてみてはいかがでしょうか。

SNSダミー

関連記事

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト