2018.09.25(火)

とどまる所を知らないドローンの可能性!現状と未来の活用方法

とどまる所を知らないドローンの可能性!現状と未

ドローンが日本に到来してからまだそれほど時間は経っていませんが、名前を聞いたことがある人や、目にしたことがある人も多いのではないでしょうか?

すでに日本国内でもビジネスや趣味など、さまざまな分野で活躍をしているドローンですが、まだまだその可能性は未知数だといわれています。

今回の記事では、現段階でドローンが活躍している分野や、これからの活躍が期待されている分野などをご紹介していきます。ビジネスについてのドローンの可能性について興味のある人は、ぜひご覧下さい。

ドローンの実用化はすでに始まっている

現在、ドローンはあらゆる分野で活躍していて、今後もその分野は広がり続けると考えられています。では、具体的にどのような分野でどのようにドローンは活躍しているのでしょうか。順にみていきましょう。

農業

農業の分野では、広い田んぼや畑の点検や農薬の散布などにドローンが使われています。ドローンを活用することによって、作業の負担や時間を大幅に削減することができます。そのため、人手不足や農家の高齢化問題の解決が期待されています。

測量

現在ドローンのビジネスの分野でもっとも需要が高いのが測量です。ドローンが導入される前はトータルステーションやGNSS測量機器と呼ばれる機械を使って、人間が現地にいって測量をおこなっていました。

ドローンで測量をおこなうことでデータの収集に必要な時間と費用を、大幅に削減することができるのです。

設備点検

大きな船や橋、ビルなどの建設現場の点検をするときにもドローンは活躍しています。高い場所で人間が点検すると、落下やけがなどのリスクが伴いますが、ドローンを活用することでそういったリスクから人間を守ることができるのです。

災害対策

地震や台風などの自然災害の多い日本ですが、そのような災害現場でもドローンが使われています。例えば、人間が立ち入ることのできない放射線で汚染されたような場所でも、ドローンを使用すれば現場の状況を把握することが可能です。

上記のようにさまざまな分野で活躍しているドローンですが、まだまだドローンの可能性は未知数です。近い未来に今まで考えつかなかったような活用方法が発見されることでしょう。

ドローンの実用化はすでに始まっている

空撮分野での可能性は?東京オリンピックに期待

ドローンを趣味として個人で所有している人も少なくありません。ドローンの飛行に関する規制は多くありますが、日本ではドローンを飛ばすときに特別な免許などは必要ありません。そのため、手軽に楽しむことができます。

趣味としてドローンを飛ばす人は、空撮を楽しんでいる人が多いかと思います。ドローンによって撮影された映像を、ニュースやアーティストのプロモーションビデオなどで目にしたことがある人も多いでしょう。

そんなドローンの可能性は、東京オリンピックでの活躍も期待されています。ドローンによる空撮は、ヘリコプターからの撮影よりも近くから撮影することが可能です。ドローンが撮影した映像をみることで、視聴者は選手になったかのような感覚を味わうことができるでしょう。

このように、今までできなかったようなことを、ドローンは可能にしてくれるのです。

無限の可能性を秘めるドローン産業

現在日本ではドローンを物流の分野でも活用する動きがあります。荷物の大きさや天候など、まだまだ課題は多いのが現状ですが、ドローンの可能性を広げる第一歩となっています。

もし物流の分野でドローンが活躍するようになれば、大幅な人件費の削減や物流の現場で働く人たちの労働環境も改善されるでしょう。

また、気象観測の分野でもドローンの活躍が期待されています。今まで高度約1,000mの気温を観測するときは、「GPSゾンテ」と呼ばれるヘリウムガスの風船で、気温センサーやGPSセンサーを吊り下げて飛ばし観測していました。

しかしこの「GPSゾンテ」は、バルーン落下のリスクや観測するためのコスト面など、さまざまな課題があります。もしドローンが気象観測の分野で使われるなら、この「GPSゾンテ」が観測できない風向や風速も推定可能だといわれています。

空撮分野での可能性は?東京オリンピックに期待

課題も多く残るドローン事情

今後もドローンの可能性はどんどん広がっていくでしょう。しかし、ドローンには多くの課題が残されていることも事実です。

まず、ドローンを屋外で飛ばす上で航空法などの規制があります。これらの法律に違反していなければ、特別な免許は必要なく誰でも飛ばすことができます。つまり、ドローンを使って犯罪を起こそうと企んでいる人でもドローンを飛ばせてしまうのです。

世界に目を向けると、ドローンを飛ばすこと自体に申請や許可が必要な国がいくつかあります。このような法整備が、日本での課題でしょう。海外では、実際にドローンを使った事件も起きているようです。このような事件が起こる前に、きちんと法律で規制をおこなう必要があります。

まとめ

ドローンが身近な存在になったのは、まだ最近のことです。ドローンの活躍の場を広げていくには、きちんとした操作技術や知識やマナーが備わっていることが前提にあります。

ドローンの可能性を広げるためにも、興味のある人はドローンスクールに通ってみてはいかがでしょうか?現在ドローンスクールは全国各地で開催されています。ドローンスクールを開催している団体やカリキュラムには種類があり、学べる知識や技術に少しずつ差があります。

民間の資格を取得できるドローンスクールなどもあるので、ぜひ一度調べてみるとよいでしょう。

SNSダミー

関連記事

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト