2018.09.20(木)

土地家屋調査士の将来性を考えよう!今後のために取るべき行動とは

土地家屋調査士の将来性を考えよう!今後のために取るべき行動とは

ドローンが身近な存在になってそれほど年数は経っていませんが、さまざまな分野で活躍しているのはご存知でしょうか。

その中でも、土地家屋調査士という分野でも、ドローンの活躍が期待されています。今回はドローンの参入による土地家屋調査士の将来性の変化や、その未来について紹介します。

土地家屋調査士の仕事は年々減少傾向にあるといわれていますが、ドローンの参入によってどのような影響が及ぼされるのでしょうか。

土地家屋調査士のメリットは「安定」

土地家屋調査士という職業を選ぶ最大のポイントは、「安定」なのではないでしょうか?

例えば遺産相続などで土地を分ける場合や、建物を新しく建てるときに必ず国に申請をする必要があります。この申請の代理を行ったり、土地を分ける際のトラブルの仲裁に入るなどの業務を行うのが土地家屋調査士です。

この土地家屋調査士になるには国家資格を取得する必要があるので、誰でもなれるわけではありません。国家資格と聞くと、土地家屋調査士は将来性のある職業だと感じますよね。土地家屋調査士は不動産業と密接な関係がある職業なのです。

土地家屋調査士は高収入?現状と将来性

土地家屋調査士は高収入?現状と将来性

土地家屋調査士のお給料は勤め先によって差がありますが、年収400~600万円程度が相場とされています。独立開業で成功した場合は年収1,000万円を超えることもあるようです。

年収1,000万円を超えるという夢のような職業ですが、日本の人口減少に伴って仕事量は減少しているのが現状です。土地家屋調査士の将来性は、人口によって左右することは避けられないのです。

人口が減少することで、新しく建物を建てようとする人が少なかったり、遺産として土地を分ける必要がなくなっていくなどが仕事量の減少の主な原因です。つまり、先ほど紹介した土地家屋調査士の安定性が今、危ぶまれているのです。

土地家屋調査士で稼いでいくためには

先ほど土地家屋調査士の年収についてご紹介しましたが、普通のサラリーマンと変わらない年収です。しかしせっかく国家資格を取得したからには、土地家屋調査士としてたくさんお金を稼ぎたいですよね。

そんな人は、土地家屋調査士と並行して他の資格の仕事をしてみてはいかがでしょうか。特に司法書士や行政書士だと、土地家屋調査士の仕事と被っている業務内容などもあるのでおすすめです。全体をみると「土地家屋調査士のみで開業をしている事務所の方が少ないのでは?」といわれているほどです。

土地家屋調査士の将来性は、昔ほど輝かしいものではなくなってしまいました。しかしこのように兼業を一度視野に入れることで、また違った将来が見えるのではないでしょうか。

ドローンが活躍?!土地家屋調査とドローンの関係

実は土地家屋調査士の分野でも、ドローンの活躍が期待されています。現在日本では、農業や建築現場などのさまざまな分野で活躍をみせています。そんなドローンは、土地家屋調査士の将来性にどのような影響を及ぼすのでしょうか。

現在ドローンは測量の分野でも活躍をしています。この測量の分野で活用されているドローンの技術などを、土地家屋調査士の仕事にも生かせるのではないかと考えられているのです。

ただ、ドローンを使った土地家屋調査士の測量には、問題がいくつかあります。例えば集合住宅街での測量では、ドローンを飛ばして測量することは高い操作技術が必要です。ほかにも飛ばすスペースも確保できないおそれや、規制に引っかかってしまうことが考えられます。

しかし実際に土地家屋調査士の分野でドローンが活躍することができれば、時間やコストの大幅な削減や、調査精度の向上など、あらゆる面でのメリットが期待できます。

土地家屋調査士として今後活躍を考えているなら、ドローンの知識や操作技術を身につけることをぜひおすすめします。今後の活躍の場がドローンによって広がることはもちろん、近い将来ドローンを操作できない土地家屋調査士は考えられない世の中になるかもしれません。

もしドローンの専門的な知識や操作技術を学びたいなら、ドローンスクールに通ってみてはいかがでしょうか?ドローンスクールによって特色や受講できるカリキュラムにも違いがあり、さまざまな団体が全国各地でドローンスクールを開催しています。

自分がドローンを活躍させたい分野に合った、ドローンスクールやカリキュラムを選択しましょう。

ドローンが活躍?!土地家屋調査とドローンの関係

まとめ

土地家屋調査士という職業は、以前は安定していて高収入な仕事というイメージでした。しかし時代は変わり、土地家屋調査士だけで生活をしていくことは、難しくなってくるかもしれません。

そんなときに、時代に合わせた技術を+αで身につけておくと安心ですよね。今の時代でしたらドローンの活躍が期待できます。土地家屋調査士の将来性に不安を感じている人は、ぜひドローンを活用することを視野に入れてみてはいかがでしょうか。

SNSダミー

関連記事

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト