2018.09.14(金)

ますます拡大するドローンの市場規模!その理由と将来性を解説

ますます拡大するドローンの市場規模!その理由と将来性を解説

最近ではみかけることも多くなったドローンですが、活躍の場は趣味の空撮だけではありません。ドローンが人の命を救えるということを知っているでしょうか。人間では立ち入れないような場所でも活躍できるドローンは、まさに次世代のヒーローです。

ドローンの市場規模は年々拡大しています。今回は、なぜドローンがここまで急成長したのか、ドローンの将来性について一緒にみていきましょう。

ドローン市場規模は年々拡大している

ドローンはもともと軍事目的で使用されていました。しかし、最近では低価格で簡単に操作できるようなドローンが登場したことにより、趣味として楽しむ方も多くなりました。

ドローンはさまざまな分野で活躍を広げており、ドローンの市場規模は年々大きくなっています。では、どのような場で活躍しているのでしょうか?いくつかあげてみましょう。

空撮

ドローンの活用方法としてメジャーなのは空撮です。ドローンの特徴はなんといっても「無人で高いところまで飛ばせること」ですよね。ドローンの普及により、テレビ放送や映画などでも高い位置から撮影することができるようになりました。

ドローンで撮影された景色をテレビでみて感動したことがある方もきっといるでしょう。テレビ撮影で使われているドローンの多くは高品質のカメラが搭載されたものかもしれませんが、画質にこだわらなければ数千円程度のドローンでも空撮が可能です。

農業

農業では、農薬を散布するためにドローンを利用しています。ドローンを農業に活用することで、労働者の負担軽減や人材不足を補うことができます。また、農林水産省はドローンによる農薬散布の指針を制定しており、国としてもドローンを認めていることがわかります。

レース

ドローンレースもドローンが活躍する分野としてかかせません。2016年の世界大会では当時15歳の少年が優勝しており、年齢関係なく活躍できるスポーツであることがわかります。スポーツ人口もそれほど多くないことから、今からでも参入しやすいスポーツです。世界大会に参加するための国内大会もあり、今後ドローンレースが経済を動かしていくことも考えられます。

公的機関による利用

公的機関でもドローンは活躍するようになりました。災害がおきたときに、人間が立ち入れないような場所にドローンで支援物資を運んだり、山で遭難した人をドローンで見つけ出したりなど、人の命に関わる仕事もしています。海外では、火災現場の状況を調べるためにドローンを飛ばし、消火活動を効率よくおこないました。

また、さらなる活躍を期待して、ドローンの弱点である風や雨などに耐える機体も開発されているようです。以上のように、趣味にはじまり産業やスポーツなど、さまざまな分野でドローンは活躍しています。

ドローン市場規模は年々拡大している

なぜドローンは産業に革命を起こせたのか

軍事目的でつくられたドローンがなぜ産業に革命を起こせたのでしょうか。それは、それまで利用されていなかった空域で動くことのできる機械だからでしょう。ヘリコプターや飛行機が活躍できない空域をドローンは飛行することができます。ドローンは特有の活動域をもつことで産業に革命を起こし、ドローンの市場規模を広げることができたのです。

例として、テレビでの映像で考えてみましょう。以前はヘリコプターにカメラマンを乗せて上空からの映像を撮っている様子がよくみられました。しかし、ドローンによる撮影とくらべると撮影が難しいほか、コストもかかってしまいます。そのようなことから、ドローンの需要は高まったのでしょう。

なぜドローンは産業に革命を起こせたのか

市場規模は今後も拡大していくのか

ドローンの今後の活躍として期待されているのが「配送」です。ドローン配達が実現すれば、宅配業者の過酷労働問題を解決できるでしょう。また、トラックのように渋滞に巻き込まれるということもなく、効率よく配送がおこなえます。

ドローンによる配送は、大手通販サイトのAmazonや楽天が導入を検討していることでも注目されています。天候問題などまだまだ課題も多くありますが、ドローン配達の実装は近い未来に実現することでしょう。そのほかにも、犯罪捜査や環境調査などドローンの将来性は非常に高いです。今後もドローンは市場規模を広げていき、私たちの生活にかかせない存在になるはずです。

しかし、ドローンの実用化には課題もあります。例えば、ドローンが落下して被害が出た場合は誰が責任を取るのでしょうか。操縦者、それとも開発者でしょうか。ドローンの法整備など、解決すべき問題が多いのも事実です。

ドローンスクールの登場と需要について

近年、ドローンの操縦方法や座学を学ぶことができるドローンスクールというものが登場しました。ドローンの市場規模拡大により、ドローンスクールの需要はより高まるでしょう。

ドローンスクールでは、操縦方法はもちろん、ドローンを安全に飛ばすための知識も習得できます。ドローンのプロによる指導で、独学で学ぶよりもが早く確実に操縦方法を学べます。スクールによっては、基礎的な動きに加え、アクロバティックな操縦方法を教えてくれるところもあるようです。ドローンの将来性を考えると、スクールに通うことは決して無駄ではないでしょう。

ドローンスクールの登場と需要について

まとめ

ドローンは特有の活動域をもつことで、産業に革命を起こし、市場規模を広げていきました。その活躍は趣味だけにとどまらず、農業やスポーツ、さらには災害支援とさまざまな分野に広がります。今後も配送サービスなど、ドローンの市場規模はさらに大きくなることでしょう。

法整備や意識改革など、まだまだ課題のあるドローンですが、ドローンにしかできないことがある限り、将来性は高いといえます。興味のある方は、ぜひドローンスクールに通ってドローンスキルを身につけてみてはいかがでしょうか。

SNSダミー

関連記事

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト