2018.09.14(金)

ドローン講習会では何が学べる?受講するメリットとドローンビジネス

ドローン講習会では何が学べる?受講するメリットとドローンビジネス

最近日本でもドローンが普及し、「操縦してみたい!」「こんなことに活用したい!」なんて人も増えてきています。そんな人に向けて“ドローン講習会”というものが全国で開催されていることはご存知でしょうか?

今回はどんなドローン講習会について、受講するにあたっての選び方や、どんなことを教えてくれるのかなどをご紹介したいと思います。特に「ドローンをビジネスで活用したい」なんて考えている人は、ぜひ参考にしてください。

ドローン講習会を開催している主な団体

ドローンの講習会を開いている団体などはたくさんありますが、ドローンの資格に関して民間で発行している団体があります。その中で代表的な3つの団体についてご紹介します。

DJI

ドローンやマルチコプターなど、無人自動空撮システムの世界シェアNO.1企業であるDJIです。ドローンの講習会だけでなく、ドローン関係の書籍も出版しています。

講習会のプログラムの費用にはバラつきがあり、無料のものから数十万円必要なものまであるようです。講習の内容などを事前に確認して、自分に合った講習会に参加するとよいでしょう。

こちらの団体は、DJIスペシャリスト育成プログラム技能資格という資格を発行しています。DJI社のドローンを使用していて、ドローンの飛行経験が10時間以上あれば資格を手に入れることができるようです。

DPA

国交省登録管理団体である一般社団法人ドローン操縦士協会、通称DPAというものがあります。このDPAがドローンの操縦士として、技術を認めたドローンスクールがいくつかあります。

この団体は、ドローン操縦士回転翼三級資格という資格を発行しています。決められたドローンスクールで決められたプログラムを受講することで、この資格を手に入れることができます。

JUIDA

この団体は、安全運航管理者証明証と操縦技能証明証の2つの資格を発行しています。受講するプログラムによって取得できる資格が違うので、きちんと確認しておきましょう。この団体が主催しているドローンの講習会は、他の講習会と比べると受講料が高額なので、費用を事前に確認しておくことも大切です。

ドローン講習会を開催している主な団体

何が学べるの?講習会の内容と費用相場

2018年の時点で、ドローンの操縦には特別な免許や資格などは必要ありません。しかし、ドローンの操縦ミスなどで人や物に衝突させてしまうおそれは充分にあります。

そうならないためにも、ドローンを操縦する前に最低限の知識や、操作技術などを身につけておく必要があります。ドローンの講習会では、そうした知識や技術などの基本的なものを学ぶことができるのです。

ドローンの講習会に関しての費用の相場は、1日講習で5万円程度です。講習会後に独自の検定などを行う場合もあり、その検定料として別途1万円程度必要になることもあるようです。

ドローンの講習会には、先ほどもご紹介した1日講習のものもあれば、数日間の合宿を行うこともあるようです。その場合は20万円近くかかってしまうこともあります。

ただ、ドローンに関する基礎的な知識や技術をきちんと学ぶことができるので、費用がかかっても受講したいという人は増えています。

ドローン講習会を受講するメリットとデメリット

ドローンの操縦で講習会を受けるのは費用がもったいないと思うかもしれません。しかし、ドローンの講習会を受けるにはメリットがあります。

ドローンを飛ばす上での法律に関する知識がつく

ドローンを屋外で飛行させる場合、ドローン飛行に関する法律についてきちんと把握をしておく必要があります。「ドローンの飛行に関する法律」といっても航空法や電波法など、多数の法律について知っておく必要があります。

それらについてなにも知識がない状態だと、一から自分で勉強するのは大変ですよね。ドローンの講習会を受けると、ドローンに関して知識のある人から法律など、必要なものだけを学ぶことができるのです。

ドローンの用語や機体に関する基識が身につく

ドローンを飛ばす上で、“ブレード”や“ジンバル”など、日常生活ではあまり耳にしない用語を使う場合もあります。実際にドローンについて調べてみると、当たり前のように使われている用語ばかり。それらの代表的な用語も学ぶことができます。

基本的な操縦技術が身につく

ドローンの講習会では、実際の操縦技術も講師が教えてくれます。一人で練習するよりも上達が早いことでしょう。また、ドローン仲間を見つけることもできるのではないでしょうか?

ドローンの講習会はメリットがいっぱいあるのです。しかし、反対にデメリットもあります。それは、先ほどもご紹介したように“費用が必要になる”ということです。

ドローンの講習会の費用は団体や講習プランなどによって差があります。「少しでもお金がかかるのはちょっとな・・・・・・」と考えてしまう人にとっては、大きなデメリットといえるではないでしょうか。

ドローン講習会を受講するメリットとデメリット

活用方法はさまざま!ドローンビジネスについて

最近では、ドローンがビジネスの場でも活躍しています。今後も活躍する場は、どんどん広くなっていくと考えられていますが、実はドローンの講習会と深い関係性があるのです。

なぜならドローンの飛行方法や活用方法には、さまざまな種類があり、開催している講習会や団体によって、学べる分野が少しずつ違います。

ドローンをビジネスで運用したい人が、「ドローンで空撮をする」をテーマに開催している講習会に参加するのは、全く意味がない訳ではありません。

例えばJUIDAが開催しているドローンの講習会では、「業務用ドローンを運用される方」など、具体的な受講者層を設定しています。このように、自分がドローンについてどのような知識や技術を求めているのかをきちんと明確にし、それに適したドローン講習会に参加する必要があるのです。

活用方法はさまざま!ドローンビジネスについて

まとめ

ドローンの講習会といっても、団体やプログラムによって差があります。何も考えずに参加するのと、「自分はこの技術・知識を吸収したい!」と意気込んで参加するのでも学べることが違うと思います。

ドローンの講習会は全国で頻繁に開催されています。もしかしたら、自分の家の近くでも自分にピッタリのドローン講習会が開催されているかもしれません。いろんな講習会と比較して、目的に合ったドローン講習会を受講しましょう。

SNSダミー

関連記事

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト