2018.09.14(金)

ドローンは救助の場面で活躍できる?期待されている災害時の活用方法

ドローンは救助の場面で活躍できる?期待されている災害時の活用方法

ニュースなどで災害が発生した地域の映像を見る機会もあると思いますが、その映像はヘリコプターから撮影された映像だけではないということをご存知でしょうか。最近ではドローンの活躍が「災害」の現場でも目立つようになり、ドローンを使用しての災害現場の撮影や状況把握、またドローンによる救助活動も増えてきています。

今後さまざまな場面での活躍が期待されるドローンですが、今回は4つの災害の例とともに、今後ドローンがどのような活躍の期待をされているのか紹介していきます。

災害での活躍①火事

火事にはおもに市街地で発生するものと、山火事など人口の少ない広範囲な場所で発生するものがあります。火災現場でのドローンの活躍は海外で報告されており、とくに広範囲で発生する山火事などで活躍しているようです。

例えば、山火事など広い範囲に広がってしまう火災のときには、赤外線カメラを搭載したドローンが活躍することがあります。赤外線カメラを使うことによって延焼場所の特定をして消火活動に活用するという方法になります。

ドローンが消火活動で活躍する例として、ほかには実際に消化にあたるという実用方法もあります。ドローンに消火剤や水を搭載し、直接上空から投下し消化にあたるというものです。

火災の火を消すためには、大量の消火剤や水が必要になりますが、種類によっては100kgもの重さの消火剤などを運ぶことができるように開発されているものもあります。実用化されたら、高層ビルなどの人の手が届きにくい場所での活躍が期待できるでしょう。

消化活動のほかにはスピーカーを搭載したドローンにより、救助隊の「声」となってくれることもあるようです。直接声が届かないような場面で、避難警告などをドローンのスピーカーを使い発信することが可能だともいわれています。火事に気づいていない人にスピーカーで声を届けることにより、ドローンで救助につなげることができるかもしれません。

災害での活躍①火事

災害での活躍②遭難

遭難事故への救助にあたる際のドローンの活用は、すでにスタートしています。上空からの情報取得や人が救助に向かえない場所への捜査など、これまでに世界をはじめ日本でも、遭難時のドローンによる救助の活躍が報告されています。

海や山などで、遭難事故は起こることが多いと考えられます。ドローンは上空から広い範囲で捜索が可能なため、救助隊が向かえない場所や、海や山などの広範囲の捜索時に遭難者の発見に力を貸してくれています。

遭難時にはそもそも遭難者の場所の特定が難しいですが、携帯電話から発信されるGPS情報をドローンが上空で確認することによって場所を特定するという実証実験が2018年の4月から行われています。

これは携帯電話会社が行っているもので、以前行われた同様の実験では深さ4メートルのところにある携帯電話の位置を上空約100メートルから特定することに成功しました。ドローンは遭難時の上空からの捜索だけでなく、GPSを活用した場所の特定にも期待されています。

災害での活躍③水難

水難事故の救助にあたる際にドローンが活躍したという報告も、海外にはすでにあります。具体的に水難事故の現場でどのような期待ができるのでしょうか。

水難事故が発生したときのドローンの活用としては遭難者の捜索が主ですが、具体的な活用方法として「打ち上げられた人の捜索」「水没者の捜索」「救助用物資の投下」などが挙げられます。

ドローンにはカメラを搭載することができますが、最近では高精度のカメラを搭載することもでき、水難事故での上空からの捜索に活用することができます。水難事故が発生するのは、川や海など広範囲の場合が多いですが、ドローンはヘリコプターよりも気軽に飛ばすことができるということもあり迅速な対応が可能であることから、水難事故が多い地域ではすでに活用されています。

また、水没事故に関しては「赤外線を搭載したドローン」が救助の際に活用できるといわれています。水難事故は必ずしも遭難者が打ち上げられているとは限りません。水中や船内などにいる場合もあるのです。事故が発生してから時間が経っている場合、水没している可能性も考えられるので、水難事故が発生した際は救助隊も水中に潜り捜索をすることがあります。

このときヘリコプターで上空から援助すると、どうしても風圧によって波が立ってしまい、捜索の妨げになってしまいます。しかし赤外線カメラを搭載したドローンなら迅速かつ妨げにもなりにくく、遭難者の体温が下がりきる前であれば、人がいる場所の特定をすることができるのです。

遭難者を発見し、うまく近づけないときはドローンによって物資を投下することもあります。場合によってはAEDを届けることもあるようです。

災害での活躍③水難

災害での活躍④大規模広域災害

現時点での具体的な活躍としては、人が入れない場所の状況確認や二次災害を防ぐための状況確認に用いられています。こうした場面で、これまではヘリコプターが利用されていましたが、費用が高いうえ、ドローンよりもさらに強風に対応できないという難点がありました。その点ドローンはヘリコプターよりも気軽に飛ばすことができるので、災害が発生したときの活躍も期待されています。

災害発生時は住宅の倒壊や、河川の氾濫など人が立ち入ることができない場所もあります。水難事故の際と同様に物資を運ぶこともできるほか、災害状況の把握のためにドローンを飛ばすこともあるようです。

また大規模な災害が発生したときに報道番組で現地の映像が流れることがありますが、ドローンで救助の様子などを撮影するために飛ばすこともあります。台風など、風が強いときに飛ばすことは難しいですが、地震や洪水などが発生したあとの映像を撮影する際にはドローンを活用することが有効とされています。

災害での活躍④大規模広域災害

まとめ

現時点では、まだまだ発展途上だといえるドローンですが、実際に日本を含め各国から救助活動の一環としてドローンでの救助活躍の報告は目立ってきています。今後さらに、ドローンの進化とともに操縦者の技術や育成も進んでいくのではないかと予想されますが、水難事故の際には体温を感知するための赤外線カメラを搭載するなど、状況にあわせた活用方法が必要です。

ドローンはカメラを搭載できるということもあり、撮影や状況把握に活用できるということをご存知の方は多かったかもしれません。しかし最近ではGPSや物資の運搬などでの活躍も期待されています。

SNSダミー

関連記事

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト