2018.09.14(金)

ドローンは救助現場になにをもたらしたのか?具体的な活用方法を解説

ドローンは日本でもさまざまな分野で活用されることが増えてきています。その中でもドローンは救助の現場で活用されることがかなり増えているのです。

「ドローン活用することでどんなメリットがあるのか?」「どんな場面で活用されているのか?」といったことが気になる人もいらっしゃるでしょう。

そこでこの記事では、救助現場でのドローンの活用について解説していきます。これからドローンを救助に役立てようと考えていましたら、ぜひ参考にしていただければと思います。

ドローンは救助の現場で役立つ場面とは

ドローンは、救助の現場で利用されることがあります。では実際にどういった現場で活用されているのでしょうか。今回は具体的に3つの例をだして紹介していきます。

山岳救助で使用される

ドローンは、山岳救助の現場での活用が期待されています。近年は、登山をする人が増加していて、遭難者が増加しているのです。そんな中で、ドローンを使った救助が注目を集めています。

実際にドローン使った救助の実験は富士山でおこなわれていて、成功をしています。実験はドローンと登山地図アプリの併用と、救助隊との連携でおこなわれました。

登山地図アプリは、山の地図や情報を確認するだけではなく、GPS機能で足跡を残すことが可能です。この情報をもとに、遭難者の捜索をおこなっていくのです。

捜索用のドローンには、自立飛行型のものを活用しておこなっていきます。地図アプリの足跡情報をもとに、救助コースをドローンに入力すると、自動で飛行をおこなってくれるのです。

遭難者のもとにドローンが着いたら、遭難者の状況をカメラで撮影します。このときの情報をもとに救助隊は遭難者のもとへ向かいます。

このようにドローンを活用することで、遭難者の所在や状況を救助隊が詳しく知ることができるのです。これからの救助には、ドローンがどんどん活用されていくでしょう。

火事のときには消火剤や水を散水できる

ドローンは、火事の現場でも活用されます。ドローンに消火剤や水を搭載して、それをホースで撒くことができるのです。

ドローンを活用することで、人がホースをもって火事の現場に突入する必要がなくなって、安全に消火することが期待できます。また現在100㎏のものを運べるドローンも開発されていて、今後は人を運ぶ救助がおこなわれていくことも期待されています。

水難事故のときの捜索で活躍した

ドローンは水難事故のときにも活用されています。ドローンを使って、上空から遭難者を捜索することができるのです。さらに上空から浮き輪などの物資を投下して遭難者を救助することも可能です。

災害での活躍③水難

ドローンは救助で実際におこなったこと

さまざまな状況でドローンが救助に活用されていることがわかりましたが、実際にどういったケースで使われているのか、過去の使用例も紹介していきます。


・2018年の大阪北部地震のとき、被害状況を確認することができた

2018年に起きたこの大阪北部地震のときに、被害状況を確認するために使われました。被害の状況を知ることで、救助隊もあらかじめ対策を立てやすくなって、救助のサポートになりました。


・栃木県の山林で遭難した男性を発見した

2018年に栃木県の山林で遭難した男性の発見に、ドローンが活用されました。2018年1月11日午後4時過ぎに50代の男性が自殺目的で山に入って、そのまま遭難してしまったのです。その男性から、警察に救助の要請が入り捜索は開始されました。

この捜索には、人の体温を感知する赤外線カメラ搭載のドローンが使用されました。男性は発見されたときには、既に亡くなっていたのですが、赤外線カメラ搭載のドローンを実際に活用するきっかけになりました。


・埼玉県にあるアスクル工場の火災で活躍した

2017年2月16日に、埼玉県のアスクル工場で火災が発生しました。このときに建物の火災状況を確認するために、ドローンを使用されました。火災状況だけではなく、消防隊の動きを撮影して、消火の指揮をおこなうことにも活用されました。

日本国内では、行方不明者の捜索にドローンを活用されることはありましたが、火災現場で活用されることは初めてでした。今後さらに改良を重ねていって、ドローンが火災現場に役立つことが期待されています。


・ドローンによって送電線の補修がされた

送電線の補修にもドローンは使われました。ドローンで送電線を引っ張って、鉄塔と鉄塔の間に線をつなぎあわせていく作業です。送電線の補修は高所の作業なので、危険がともないます。ドローンに代わりの作業をしてもらうことで、安全面を改善することができるのです。

これから期待されるドローンによる救助とは

また上記以外にもこれからドローンの技術発展によって、期待されているドローンによる救助があります。それでは一体どんなものがあるのか、解説していきます。


・災害で孤立した地域への物資を運ぶ

災害が起きたときに道路が遮断されてしまうと、車を使って物資を運ぶことはできなくなってしまいます。しかしドローンを活用すれば、こういった孤立した被災地にも飛んで物資を届けることができるのです。今後ドローンの積載量が増えていけば、たくさんの物資を一気に届けることができるでしょう。


・ドローンにスピーカーを搭載して、避難勧告をする

災害時の避難呼びかけにもドローンの活用が期待されています。ドローンにスピーカーを搭載して、空を駆け回って避難を呼びかけることが可能です。ドローンはヘリコプターに比べてローター音が小さいので、スピーカーの音が届きやすいというメリットもあります。


・輸血運搬用のドローン

災害時の医療現場は、物資が満足に整っていないことが多いです。特に重傷者が多い場合には、輸血用の血液が必要になります。

医療現場に血液を運ぶために、輸血運搬用のドローンが開発されました。機体に血液を乗せて飛行して、上空からパラシュートで投下して届ける運搬方法です。このようにドローンを活用することで、災害によって孤立した現場でも安定して物資を届けることが可能になります。

ドローンは救助以外でも活躍できる

このようにドローンは救助の現場で活躍しているのですが、ほかの分野でも活躍の場を広げているのです。それでは一体どういったことで活用されているのか、みていきましょう。


・農業の分野では、農薬の散布に活躍する

ドローンは、農薬散布で活用されています。ドローンを農薬散布に活用することで、さまざまなメリットがあるからです。1度に広範囲で農薬散布をおこなえることや、重たい農薬散布機を背負って作業しなくていいなどメリットがあります。

農業の世界は、高齢化が進んでいます。重労働をおこなうことができないお年寄りが農業の中心になっていくので、ドローンの活用によって負担を軽減することが可能です。


・宅配サービスで宅配をする

宅配に、ドローンを使ってサービスが期待されています。ドローンに目的地を設定して、荷物を積めば自動的に運搬をおこなうサービスです。メリットとして、渋滞の影響をうけることなく荷物を運べることや車では行きづらい、山間部の運搬をおこなうことができます。

また現在、運送業界は深刻な人手不足を抱えています。これによって、過酷な労働を運転手が抱えている状況があるのです。ドローンの導入によって、こういった問題の解消につながることが期待されています。


・土木分野で測量をおこなっている

ドローンは、測量にも活用されています。ドローンを測量に活用することのメリットとして、作業時間を短縮できることがあるのです。以前までの測量は、徒歩でおこなわれてきていて、3日~7日くらいの時間がかかってしまっていました。ドローンを活用すれば、半日~1日で測量を終わらせることができるのです。

まとめ

ドローンは、救助の現場で活用されています。山岳救助や火災現場の消火や水難事故の捜索で、ドローンは活躍しているのです。実際に国内の災害では、地震の被害状況の確認をしたり、工場の火災現場の指揮に活用されたりしました。

また救助の分野以外でも、ドローンは活躍されています。農業、宅配サービス、土木の測量の世界に活用されているのです。このように、ドローンはさまざまな分野で活用されていて、今後もビジネスなどで活用されていきます。

もしドローンの操縦に興味をもったときには、ドローンスクールに通ってみてください。ドローンスクールでは、操縦に必要な知識と技術を学ぶことができます。

SNSダミー

関連記事

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト