2018.09.14(金)

ドローンのインストラクターってなに?どうすればいいのか。

ドローンのインストラクターってなに?どうすればいいのか。

最近では、ドローンという言葉をニュースでよく聞くようになったのではないのでしょうか。ドローンとは、小型の無人飛行機のことをいいます。遠隔操作をすることができ、従来までの有人の飛行物体よりも安価な値段で実用性の高い飛行をすることができます。

ドローンを有効に活用することで、商用で動物の生態研究や測量等も効率よくできるようになるのです。そのため今後さまざまなビジネスに活用されていく可能性も十分に高くなるのではないでしょうか。

ドローンはまだ開発や実用されて日が浅いので、今後法整備や規格などの面でどんどん変化していきますし、整備されていくのではないでしょうか。

また最近ではドローンのインストラクターの資格もでてきています。より安全に素晴らしいドローンを楽しんでいくにはドローンに関する資格の詳細を知って、自分の目的にあった資格を取得することが大事です。

ドローンの免許とは。

ドローンは空飛ぶ無人飛行物体ですが、他の飛行機などの有人飛行物体や自動車と同じように運転するのに免許は必要となるのでしょうか。

現在のところ、日本においてはドローンを運転するために必要な免許はありません。しかしドローンの種類によっては対象年齢が設けられているものはあります。

しかし、ドローンに関する資格は存在します。ドローンに関して統括する一般社団法人ドローン操縦士協会(DPA)では、ドローンの資格として操縦士資格、インスタラクター資格、整備士資格等の3種類を用意しています。

操縦士資格

操縦士資格とはドローンの飛行に必要な基本的な知識や操縦技術を認定する資格のことです。試験内容は、機体構造、飛行特性、航空力学、気象学など、多岐にわたっています。幅広い分野の学習を行っていく必要性があります。

インストラクター資格

ドローンのインストラクター資格とは、ドローンの実地を講習するために必要な技能、及び、座学・実地を講習するために必要な知識を認定する資格のことです。この資格を有することで、ドローンの操縦や知識を学習していきたい初心者の方に講習をすることができます。

ドローン整備士資格

ドローン整備士資格とは、ドローン整備に共通する要素技術の理解及び、ドローンを安全に航行できる状態に整備するために技能を認定する資格です。DPAはドローン整備士に関しては1級と2級の資格を定めてはいますが、現在は双方とも制度設計中です。

ドローンの免許とは。

ドローンのインストラクターってなに?

ドローンインストラクターの仕事とは、これからドローンの操縦をしようという方に適切な操縦方法を教える仕事のことです。ドローンのインストラクターになることによって、ドローンスクールに通う受講生にドローンの操縦方法等を教え、また自身でもドローンの資格を使って、測量などの仕事をおこなう方も多いようです。

まだできてから間もない資格や職業ですが、今後の成長や利用範囲が大きく見込まれる産業です。DPAがおこなっているインストラクター試験を受けて合格すれば、ドローンを扱うさまざまな職業に就ける可能性が高くなります。

インストラクターにはどうやったらなれるのか。

ドローンのインストラクターになるには、各種試験の中から自分の希望に沿った試験を受験して資格を得ることとなります。

この試験の中でも、最近人気のある資格が、ドローン操縦士回転翼3級インストラクター試験です。対象年齢は18歳以上、視力、色覚、身体要件ありと定められています。試験内容に関しては筆記試験と実技試験の双方を受験していくこととなるのです。

ドローン操縦士回転翼3級インストラクター試験の合否基準ですが、筆記試験に関しては6割以上の正答率、実技試験は認定校のインストラクターの判断が参考となります。

インストラクター試験の申し込みから修了・認定までは下記の手順です。


①ドローンインストラクターレベル1までの取得に関してですが、DPAのホームページ内に日本全国のDPA認定校が記載されていますので、その中から自分の居住地に近い場所を選択して申し込みをおこないます。

②その後、申し込みをしたDPA認定校からの案内に従って適正確認、講座、試験を受けていくのです。

③この試験に合格すると、修了者の情報がDPA認定校からDPAに連絡されます。その後で、修了者はDPAに技能会員登録をおこないます。

④オンライン動画により、資格取得後の注意点などの講座を受講し、動画講座終了後にDPAから資格認定の連絡が届き、認定証が発行されます。


一連の資格取得に関する費用ですが、DPAの資格を取得するまでに必要な費用は約20万円と言われています。この点に関してはDPA認定校に事前にきちんと確認をする必要があります。

ドローンのインストラクターってなに?

まとめ

このようにドローンがまだ技術上、そして法律上の整備が完全ではないような状況の中、安全で快適なドローンの操縦をおこなっていける操縦士やインストラクターの育成は今後の大きな課題となっています。

DPAが中心となって全国の認定校と共に、ドローン操縦のインストラクターの育成や資格の整備が行われています。ドローンの可能性は今後、益々多方面に拡大していくことが予想される中、ドローンの操縦やインストラクター、整備に携わりたいと考える方も増えていくことでしょう。

ドローンの資格にも整備から操縦、インストラクターまでさまざまな資格が用意されています。そのような資格の中から自分の興味や適性等を考えて最適な資格を得てスキルアップをしてみてはいかがでしょうか。

ドローンの資格に関しては、まだ情報も周囲の方に資格を取得されている方も少ない状況です。そのため、参考となるような判断材料が少なく、どのような資格が自分の今後のスキルにおいてベストかの判断をすることは難しいかもしれません。

まずはインストラクター、整備士、操縦士の中から、自分の興味のあるドローン関連の資格を選んで、DPA認定校に費用や取得方法などを相談してみてはいかがでしょうか。

SNSダミー

関連記事

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト