2018.09.05(水)

ドローンの夜間飛行できれいな夜景を撮ろう!申請と規制について

ドローンの夜間飛行できれいな夜景を撮ろう!申請と規制について

ニュースや映画、CM、ドラマ、PVなどで見る人を魅了したドローン。ヘリなどでしか撮影することができなかったような場所が、ドローンを使用することによって一般人でも撮影可能となりました。

ドローンで撮影する夜の景色や風景は、とてもきれいで感動するものがあるでしょう。ネットやテレビ、SNSなどであがっている映像や画像を見ると「自分でもできるのでは」と感じることがあるかもしれません。

しかし、ドローンで夜間に飛行することとなると、昼間の明るい時間と違い危険もあるためさまざまな規制や法律があります。ここでは、安全にきれいな夜景を撮影するために知っておいた方がいい情報をご紹介させていただきます。

ドローンの夜間飛行は許可が必要!航空法について

ドローンの夜間飛行は、航空法によって規制されています。航空法では、空港周辺と150m以上の高さ、人口集中区域などでのドローンの飛行は禁止されています。

また、夜間の飛行も航空法によって規制されており、ドローンは基本的に昼間にしか飛行できません。ドローンの夜間飛行をおこなう際は、国土交通省の許可が必要になってきます。

しかし、許可申請が通ったとしても昼間と同じように自由に飛行ができるというわけではありません。次の章では、ドローンの夜間飛行のルールに関してご紹介していきます。

ドローンは夜間は飛ばせない

許可だけじゃない!夜間飛行の厳しいルール

許可申請が通って、夜の空へ飛ばせる準備ができました。しかし、ドローンを夜間に飛行させる際は、夜間飛行のルールを守らなければいけません。ドローンの夜間飛行のルールには次のようなものがあります。

  • 機体の向きを確認できる明かりがドローン本体についていること
  • ドローンについている明かりを確認できる範囲内の飛行であること
  • 一定範囲内に第三者がいなこと
  • 一定範囲内に第三者が入り込まない工夫がされていること
  • 補助員が配置されていること
  • 補助員がドローンについての知識があること
  • 離着陸地点が十分明るいこと
  • 離着陸地点が暗い場合は、照明器具などを用意して明るさを確保すること

また、操縦者は明るいうちに飛行場所の確認しておくとより安全な夜間飛行ができます。

夜間飛行の許可申請に必要な条件と手順

ドローンの夜間飛行の許可申請は、だれでも許可が下りるわけでなく条件があります。まず、操縦者はドローンの夜間飛行の訓練を受けている必要があります。また、「10時間以上のドローンの飛行経験」「GPSや自動操作を切った状態でドローンを操作できる技術」なども必要です。

夜間飛行の許可申請は、国土交通省で得ることができます。取得する手順はドローンを飛行させる予定日の10日前までに申請書類を国土交通省に提出後、審査結果を待ち審査が通ったら飛行許可が出されるという流れになります。許可が下りるまでドローンの夜間飛行はできないので、なるべく余裕をもって許可申請をしましょう。

申請の条件とは

規制をクリアして素敵な映像を撮影しよう

許可申請が通ったらいよいよ、夜の空にドローンを飛ばすことができます。しかし、夜間にドローンで飛行させようとしても、周りが真っ暗の状態で飛行させるので辺りが見えないことが多いと思います。暗中模索の状態で、きれいな映像を撮影するのは至難の業です。

夜間飛行できれいな映像を撮るためにも、明るいうちに飛行させる周囲の建物や地形など把握しておくといいでしょう。また、きれいな映像を撮るにはドローンの操縦技術やカメラの知識も必要になってきます。

細かい設定でクオリティも変わってくるので、カメラの知識をしっかりと学びましょう。明るさ設定やシャッタースピードを何度か調整し、ベストな設定を見つけ出すことが大切です。

夜間飛行の練習はドローンスクールがおすすめ

ドローンの夜間飛行は、たとえ練習であっても許可がないとできません。しかし、夜間飛行の許可申請をするには、夜間飛行の訓練を積んでいる必要があります。そのため、ドローン初心者の方が外で夜間飛行の練習をおこなうのは厳しいです。夜間飛行の練習ができずに困っているという方には、ドローンスクールを利用してみてはいかがでしょうか。

ドローンスクールとは、ドローンに関しての知識や技術を学んだり、操縦練習ができるドローンの学校のことです。ドローンスクールによっては、室内で夜間と同じような環境を作り出し夜間飛行の練習をおこなえるところもあります。夜間飛行の練習に対応しているかどうかは、ドローンスクールのホームページを確認してみてください。

ドローンスクールでしっかりと夜間飛行の練習をし、夜景の空撮などに挑戦してみましょう。

まとめ

夜間飛行は、昼間の飛行よりもルールが厳しく規制されています。安全にきれいな夜景を撮るためにも、ルールや規制をしっかり守りましょう。

ドローンを夜間に飛行させたいのなら、国土交通省に許可申請をしなければなりません。申請には、さまざまな条件があるので国土交通省のホームページを一度確認してみてください。また、許可が下りた場合でも夜間飛行のルールをしっかり守る必要があります。

ドローン初心者の方が夜間飛行の練習をしたいという場合は、ドローンスクールをおすすめします。ドローンスクールに通えば夜間飛行の練習ができるだけでなく、ドローンの操縦技術や知識なども学べます。

きれいな夜の景色や風景を自分の操縦するドローンのカメラで収めて、SNSなどで広めてみてください。

SNSダミー

関連記事

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト